ドアノブの静電気の理由、冬は痛むことが多いので対策は必須

この記事は約 6 分で読めますよ。

冬はクリスマスなどの楽しいイベントがある反面、過ごしにくい季節でもあります。
冬の寒さも非常につらいのですが、ドアノブなどに触れた時に起こる静電気も悩みどころですよね。



ドアノブで静電気がバチッとなる理由

どうして静電気が発生するか(まだ痛みの話ではありません)といえば非常に簡単で、摩擦が原因ですね。
金属を通しやすい物質の場合は静電気が内部に溜まらないのですが、残念ながら人間の体は静電気を溜め込んでしまいます。

厄介なことに、摩擦なしに生きていくことはできないので、静電気の発生そのものを防ぐことは無理なんですよね。
大人は服なしに外に出たら捕まってしまいますし、冬の寒さが酷いとどうしても着込みます。

外どころか家の中でも冬は着込むのが普通ですから、歩いたりしてただ移動するだけでも服と体の摩擦が発生して、どんどん静電気が体内に溜まるわけですね。
もう少し詳しく摩擦と静電気の関係について説明すると、電気はプラスとマイナスの2種類があります。

普段は、このプラスとマイナスの電気の量が安定しているのですけど、摩擦でバランスが崩れるわけですね。
プラスの電気とマイナスの電気ではマイナスの方が安定していないので、摩擦でマイナスの電気だけが取れちゃって、プラスの電気が残ります。

この摩擦によりプラスの電気が残った状態が「帯電」なのですが、帯電した状態でドアノブのような電気を通しやすいものに触れると、人間のプラスの電気がマイナスの電気を求めて移動するんですね。
そしてプラスの電気とマイナスの電気が結合すると、放電が起こって痛みが発生するわけです。

私は昔は全く静電気の痛みを感じなかったのですが、20代後半くらいから徐々に痛みが出るようになりましたね。
放電が強い場合は火花がバチッと飛ぶこともあって、相当に悩まされるケースもあるんです。

静電気の痛みの理由と冬の関係

さて、ここまで静電気の基本的な仕組みを解説してきましたが「それっておかしくない?」って疑問を覚えるかもしれませんね。
静電気の痛みが発生する理由は上の通りですが、季節については何も書かれていませんから。

冬にだけで静電気の痛みが発生する理由ですが、それは冬特有の湿度が低い状態にあるんですね。
夏でも冬でも摩擦で静電気が発生する点は変わらないのですけど、湿度が高いと短期間で消えちゃうんです。

スポンサーリンク

日本の夏は湿気が酷くて、とんでもない暑さを感じるものですが、暑さで相当の汗が出ますよね。
この汗による水分と塩分の排出は熱中症にも繋がりますが、一方で汗のお陰で静電気はだいぶ抑えられているんです。

静電気が溜まる物質(ここでは人間の体ですね)に水分が多いと、水分のお陰で静電気はすぐに分散されます。
エアコンが利いている部屋だと汗なんてかかないでしょうが、それでも湿度の高さで室内にはある程度の水分があるので、やっぱり放電まではいかないんです。

ところが、冬場は毎日のように乾燥注意報が出るような状態なので、静電気を逃してくれる水分が空気中にはありません。
それなら手を濡らせばいいのではって思うかもしれませんが、それはそれで問題があるんですよね。

汗をこまめにかくから静電気が抑えられているので、ドアノブを触る前にいきなり水で濡らしたからといって効果があるかはちょっと疑問です。
実際、私は割とよく汗をかく方で、冬場でも手汗を感じることが多いですが、それでもバチってきますから。

静電気が多い理由と体質

あの痛い静電気をどうにかするなら、手汗とか水分を意識するより肌の状態を改善させるのが有効なんですよ。
肌に潤いがあると静電気の放電が起こりにくくて、逆に乾燥肌だと影響を受けやすいんです。

汗をかいていても乾燥肌になるケースは意外と多くて、私なんかはこのパターンだと思います。
乾燥肌だと冬場には高確率て放電の痛みがあるので、食生活などの生活習慣で何とかしたいですね。

ビタミンAやビタミンB群は肌の新陳代謝を活発にさせる働きがあり、卵や黄緑色野菜は意識して食べたい食材です。
美容液などのスキンケアで対策するのも手なんですが、スキンケア用品の中には肌に悪い成分(界面活性剤など)が含まれているものもありますし、できれば自然な形で肌を整えるのがいいですよ。

スキンケア用品で対策するなら、成分をよく調べて肌に優しいものを選ぶとよいでしょう。
あとはあらかじめ加湿器を使用しておき、空気中に水分を発生させておくのも有効ですね。

静電気を避けられる静電気除去ブレスレットはよく見かけますけど、あれは効果が出ないケースも割とあります(私はダメでした)
帯電した静電気を空気中に逃がす、これが静電気除去ブレスレットの基本的な仕組みですね。

効果が出るか出ないかは体質にもよりますが、まだ試していないなら購入して試してみるのもいいと思いますよ。


まとめ

バチッとくる痛い静電気が起こる理由、それは空気中の水分が少なくて静電気が溜まっているからです。
静電気が溜まるのは仕方がないことなので、乾燥肌を改善したり加湿器を使うなどで対策するのがいいですよ。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする