痛風予防に筋トレはよくないのか、運動やプロテインをどうするか

この記事は約 7 分で読めますよ。

痛風の発作で病院に行くと、お医者さんから色々と注意点を説明されるものです。
細かいところはお医者さんによっても違うのですが、筋トレはダメだと釘を刺された経験を持っている人も多いのではないでしょうか。



痛風予防に筋トレはよくないと言われるが

痛風には歩くのがいいなんてよく言われますが、歩くのはよくてどうして筋トレがダメと言われるのか、それは筋トレがプリン体を発生させるからですね。
筋トレがダメというのは正確ではなく、正しくは無酸素運動がプリン体に大きく関わっているんです。

無酸素運動をすると体内でエネルギーを確保するために、ATP(アデノシン三リン酸とも呼ばれますね)が代謝されます。
このATPはプリン体で構成されているので、ATPを代謝する過程でプリン体が生み出されるんですね。

痛風の発作の原因はこちらの記事でも説明したように、尿酸値の高い状態ですが、プリン体は尿酸の餌になる成分なので危険なわけです。

さらに、無酸素運動では疲労物質として有名な乳酸が作られますが、こちらは腎臓の働きを一時的に抑えるんですよ。

こちらの東洋医学的な観点から見た痛風の原因の記事でも少し触れましたが、腎臓は痛風に大きく関わっている特に大事な臓器です。

この腎臓の機能が乳酸のせいで弱まることで尿酸を排出する機能も一時的に弱まり、尿酸値が上がるわけですね。
無酸素運動は筋トレ、短距離走、重量挙げなどがありますが、現実的には筋トレ以外をする機会はなかなかないのではないでしょうか。

ちなみに、無酸素運動は呼吸をしないという意味ではなくて、体内でエネルギーを作り出す時に酸素を使わない運動のことですね。
筋トレで完全に息を止める場合もありますけど、私は普通に呼吸しながらやることの方が多いです。

少し話はそれましたが、筋トレ以外の無酸素運動をやる機会などまずないと思われる(他は、信号が点滅した時に全力疾走する時くらいでしょうか)ので、お医者さんが筋トレはダメっていうのも的外れではないんですよね。

痛風に向いているのは有酸素運動か筋トレか

痛風の発作を経験しているなら筋トレはやらない方がいいのか、これは非常に難しい問題なんです。
デメリットは説明したようにプリン体や尿酸値などの悪影響ですが、メリットもあります。

スポンサーリンク

中には痩せていて痛風の発作が出るケースもある(遺伝的などの理由で尿酸の排出に問題がある場合ですね)ものの、多いのは太っていて痛風の発作が出るパターンです。
太っているなら基礎代謝(何もしなくても人体の維持のためのエネルギーとして消費される量)アップのために筋肉をつけるのは間違った選択肢ではありませんし、一概にダメとも言いにくいわけですね。

ただ、以前に私自身のダイエットの記事でも少し触れましたが、筋肉を付けて上がる基礎代謝ってそこまで多くはないので、費用対効果の面では見合ってないかなって気はします。

お医者さんから勧められる運動は、高確率で筋トレではなくウォーキングなどの有酸素運動ですし、わざわざリスクを背負って筋トレをしなくても有酸素運動をする方が無難なんですね。
関取は痛風に悩まされているケースが多いですが、これはよく食べることや無酸素運動の激しい運動をすることが主な理由ですので、痛風を改善するなら食べ過ぎを避けて有酸素運動で体を動かす方が安全ではあります。

しかし、筋トレをしたいと思うのはそこまでおかしい話ではありませんし、過去に体を鍛えた経験があるならなおさらです。
そのため、筋トレをするなら痛風の発作に繋がりかねないリスクを避ける必要があり、まず重要なのは水分です。

よく水を飲むといいと言われるように、水分不足は尿酸値を上げ痛風の発作の原因になりますので、水分不足の状態で筋トレをするのは非常に危険です。
また、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせるのも有効で、無酸素運動のあとに有酸素運動をすると乳酸値が低下しやすいんですね。

水分不足に気をつけつつ、じっくりとストレッチで体をほぐしたり、軽くウォーキングしたりするのは効果的ですよ。

痛風を抱えて筋トレするならプロテインは使って大丈夫か

筋トレで本格的に筋肉を増やすなら、タンパク質の補給のためにプロテインは避けては通れませんね。
タンパク質は筋肉を大きくする上では欠かせず、筋肉増強に必要なタンパク質を食事から摂取するよりはプロテインの方が低カロリーです。

このプロテインは痛風によくないのではないか、そんなイメージがあるかもしれませんが、これはあまり気にしなくても問題ありません。

上にある痛風の数値の記事でも説明しましたが、食事や飲み物のプリン体はそこまで痛風の発作に影響しないというお医者さんもいるんですね(プリン体は体内で作られる方が圧倒的に多いため)
ただ、プロテインは低カロリーとはいっても食事のみで筋肉に必要なタンパク質を補おうとした場合と比べての話で、やっぱりカロリーの数字は高めなんです。

そのため、プロテインを飲んでも運動の方が追いついていないなら太る原因になり、こちらの方がよほど痛風にとっては悪影響です。
プロテインを飲むなら相応の運動で太らないようにする必要があるので、最初のうちはプロテインはなしでもいいかなと思いますよ。

まとめ

痛風の発作を抱えていても筋トレはできるので、細マッチョとかムキムキの筋肉に憧れているなら筋トレを始めてくださいね。
ただ、痛風の発作があるなら注意すべき点も多いので、痛風にとってよくない習慣は避けるのがポイントです。


この記事のポイント
・筋トレ自体は悪くはないが、水分補給などの痛風対策は必要。
・プロテインは太るリスクがあることを考慮して使いたい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする