マスクの選び方のインフルエンザ編、種類とサイズ、使い方が重要

この記事は約 7 分で読めますよ。

インフルエンザの感染をどう防ぐか、これが冬場を乗り切るためのポイントですね。
手洗いとマスクがインフルエンザ予防の上では重要ですが、マスクはどう選べばよいか迷ってしまうのではないでしょうか。



マスクの選び方とインフルエンザ予防のお話

以前のインフルエンザの記事でも書きましたが、インフルエンザの感染経路は主に2つなんですよね。

感染症の感染経路は3つあるののですが、インフルエンザは空気感染はしないので、残るのは以下の2つです。

  • 接触感染
  • 飛沫感染

接触感染とは、ウイルスが付着した状態で口や鼻、目などに触れて感染することですね。
インフルエンザにかかっている患者のくしゃみなどから、ウイルスが電車の吊り革などに付着して、それを触った誰かに感染してしまうって形です。

こちらはマスクでは防げないので、マスクをしていても手洗いは必ずしないといけないんですね。
マスクが役立つのは飛沫感染を防ぐ効果があるからで、インフルエンザの患者のくしゃみなどの飛沫が口や鼻から入ることで感染するのが飛沫感染ですよ。

インフルエンザに感染した患者が咳をするだけで10万ものウイルスが飛び散るとされていて、マスクなしではとても防ぎきれません。
もっとも、あくまで飛沫が体内に入ることが感染の原因なので、インフルエンザに感染した患者がすぐ近くにいなければ危険はないのですが、それでも病院だったり電車やバスなどの公共交通機関、都心部のような人混みの中ではインフルエンザの患者か近くにいてもおかしくはありませんよね。

だからこそマスクが欠かせないのですが、この飛沫感染を防ぐためのマスクの選び方としては、目の細かさに注目したいところです。
見た目では分かりませんが、マスクはの細かさに差があり、目が細かいものほど粒子を止める性能は優れています。

もっとも、目が粗いものだとダメというわけではなくて、くしゃみなどで出る飛沫ってある程度は大きいですよね。
だから、特に目の細かさに注目せずに購入したマスクでも飛沫は防げるのですが、それでも目の細かいほうが安心感はありますよ。

マスクの種類は選び方で重要なポイント

では、具体的にどこで目の細かさを見分けるかですが、市販のマスクで使われている素材は以下の2つです。

スポンサーリンク
  • ガーゼ
  • 不織布

ガーゼを使ったマスクは正式には「ガーゼマスク」という名前ですが、一般的には布マスクって言われていますね。
そして、不織布を使ったマスクは紙マスクとも呼ばれていて、呼び名だけを比較すると紙マスクの方が何か頼りなさそうな感じがするのではないでしょうか。

しかし、不織「布」ってあるように、不織布が素材の方も布で作られているので、不安に感じる必要はありません。
最もインフルエンザ予防に効果があるのはN95マスクですが、これは特定のメーカーの製品ではなくて、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)の規格に合格しているマスクの通称ですね。

N95マスクは医療機関でも使われているだけあって高性能ですが、NIOSHの規格の中では一番下です。
もっと上のN100マスクやN99マスクもあるのですけど、さすがにこちらは病気予防用というよりは、ミサイルが飛んできた時のような災害時用と考えていいですね。

N95マスクでも十分に高いですが、白元の「スーパーガードプロ」やアイリスオーヤマの「N95マスク」など家庭用のものはドラッグストアでも見かけますよ。
ちょっと高い上に、呼吸がしにくいので普段から使う上では向いていないですけど、冬場でインフルエンザ注意報が出ている時の病院など相当に危険な場面では役立ってくれます。

普段使い用として購入するなら、N95マスク以外で不織布が使われたマスクの方がコストパフォーマンス的にもいいですね(N95マスクはまず間違いなく不織布が使われています)
ユニ・チャームの超立体マスク、白元の「快適ガード さわやかマスク」が代表的な不織布を使ったマスクです。

超立体マスクのお徳用は60枚入りということもあってコストパフォーマンスは抜群ですので、普段使いの候補としてまず挙げられますよ。

マスクのサイズの選び方で効果が変わる恐れが

マスクをしていたのにインフルエンザにかかった、そんな例は数多く存在しますし、今回の記事で紹介したマスクであっても起こりうるんです。
マスクが防げるのは飛沫感染だけなので接触感染にも注意しないといけませんが、マスクの使い方も重要です。

たとえば、マスクはしっかりとガードしてくれているのに、うっかり家に帰ってからマスクの布部分をつかんでしまった、これでは意味がありませんよね。
海外、特に欧米ではマスクの講習が定期的に行われているのに対して、日本ではまず聞かれません。

上で紹介したN95マスクのような素晴らしい効果があるマスクでも、使い方が悪いとインフルエンザウイルスを防ぐ効果はなくなるんです。
布部分に触れない、マスクを外す時はひもの方から、マスクから空気がもれていないかの確認の3つを意識するだけでもだいぶ違いますよ。

空気がもれているかどうかは、マスクを手で覆って息を吐き出して、外に息がもれていないかで確認します。
実際にインフルエンザが流行する前に、購入したマスクが合っているかどうか確認してください。

子供用、小さめ、レギュラーの3つのサイズはよく見かけますので、どれが合っているのかは把握しておきたいですね。

まとめ

インフルエンザはマスクをしていても必ず防げるわけではありませんが、確率を下げるためには必須です。
手洗いを心がけた上で、マスクの方もしっかりと選んでくださいね。


この記事のポイント
・マスクが防げるのは飛沫感染のみ。
・N95マスク、不織布のマスクを使うのが効果的。
・使用後に布の部分に触れないなど正しい使い方で。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする