喪中の相手にお歳暮を贈ることやお肉は問題か、自分が忌中のケースも

この記事は約 6 分で読めますよ。

年末を前にお歳暮を何にしようかと考える、これは毎年恒例ですね。
実際のところ、毎年同じようなものを贈るケースは多いのですが、喪中の相手にどう対応するかは悩むポイントだと思います。



喪中でお歳暮を贈る対応で大丈夫なのか

以前の暑中見舞いの記事でも喪中について軽く触れていますが、そもそも喪中はお祝い事を避けた方がいい期間のことです。

昔は絶対にお祝い事を避けるべき、って雰囲気がありましたが、今は避けた方がいいくらいの感じですかね。
明確に法律で定められていることではないので難しいのですが、お歳暮の場合はそこまで難しく考える必要はありませんよ。

まず、お歳暮がお祝い事に当たるかどうかの問題ですが、お祝い事には当たらないんですね。
お世話になった相手に会って贈答品を贈る(歳暮周りと言います)のが本来のお歳暮で、今は直接会うのではなく宅配便で送られます。

会うにしろ会わないにしろ、どちらにしてもお世話になった相手に対して感謝の気持ちを表すためのものですから、お祝い事ではありません。
どちらかと言えば挨拶に近いものなので、不幸があって喪に服している相手にお歳暮を贈っても大丈夫なんですよ。

ただ、気をつけないといけない点は2つあり、1つ目は忌中の期間にお歳暮を贈るのはダメな点です。
忌中なら絶対にダメってわけではないのですが、四十九日があけるまでって本当にバタバタするじゃないですか。

感情面に関しては言わずもがなですし、お歳暮を贈るなら四十九日があけてからにした方が無難ではあります。
1月7日の松の内が過ぎてからは寒中見舞いの時期ですが、この時期に贈り物をする方がいいですよ。

喪中の相手にお歳暮でお肉を選ぶと

そして、もう1つ絶対に気をつけないといけないポイントなのが、水引と熨斗(のし)ですね。
特に水引の紅白の紐はお歳暮の時期にはよく見かけますが、水引と熨斗はお祝い事に使われるものなんです。

喪中の相手への贈り物で紅白の水引、それに熨斗を使ってはいけませんので、そこは必ず注意してくださいね。
デパートなどのお店に行って送り先を指定するって形が今はほとんどだと思いますが、何も言わないと水引や熨斗が使われます。

スポンサーリンク

「送り先が喪中なので変えてもらえませんか」と店員さんに伝えればしっかりと対応してくれます(無地の短冊にお歳暮の文字というシンプルな形)ので、喪中の相手にお歳暮を贈るなら注文の時に伝え忘れのないようにしてくださいね。
お歳暮を喪中の相手に贈る場合に守らないといけないマナーは水引や熨斗だけですが、意外と困るのが贈る品ではないでしょうか。

水引や熨斗にだけ注意をしておけばよくても、例年通りのものを贈って大丈夫かなって感じることもあると思います。
たとえば、お歳暮の定番といえばコマーシャルでもお馴染みのハムですけど、ハムって贈って大丈夫かなって感じるのではないでしょうか。

日本ではお葬式の時にはお肉を食べてはいけないというマナーがあったのですが、今はそこまで厳密に守られてはいなくて、精進落としで肉料理が出るなんてケースもあるようです(魚もダメなんですが、刺身やお寿司は割と一般的に見られます)
この厳密に守られてはいないって点が迷うところなんですが、やっぱり目上の相手だとそういうことを気にする可能性は高いかなと思います。

結局のところは受け取った側がどう思うかというところなので、私が「大丈夫」や「やめておいた方がいい」と言える立場ではないのですが、私ならお肉は避けますね。
どう思われるか分からない以上は、どうしても無難な方に行ってしまうのは仕方がないことです。

お歳暮の時期に喪中なのが自分なら

さて、お歳暮の喪中関係でもう1つ迷うのが、受け取る側ではなく自分が喪中の場合ですね。
喪中なのに贈り物をしていいものだろうかと迷うところですが、上に書いたようにお歳暮はお祝い事ではないので、喪中でも贈って大丈夫です。

ただ、四十九日があけてない場合は、無用なトラブルを避けるために贈らない方が無難かもしれませんね。
神道(日本古来の宗教。神社は神道の施設です)では特になんですが、死を「穢れ(けがれ)」と捉える場合があるんです。

喪中なら神社に入ってはいけないっていうのは聞いたことがあると思いますが、これは神道では死を穢れと考えているからなんですね。
日本は仏教徒が大多数ではあるものの、神道を信仰している相手なら当然ながらその辺りには敏感のはずです。

そのような信仰がなくても、何となくお歳暮を受け取るのを嫌がる相手がいるかもしれませんし、忌中期間にお歳暮を贈るのは避けた方がいいかなと思います。
自分が忌中の場合も、1月7日以降に寒中見舞いとして贈り物をするようにした方が無難です。

あとは、上で書いたお歳暮を贈る時のマナー、水引と熨斗にも注意しないといけませんね。
水引と熨斗は自分がお歳暮を贈る立場であっても同じように避ける必要があるので、必ず店員さんに伝えて対応してもらいましょう。

まとめ

明確なルールが決められていないからこそ迷う、これが喪中の非常に困るところなんですよね。
お歳暮でも迷うポイントはいっぱいあるので、この記事を参考にしてください。


この記事のポイント
・忌中にはお歳暮は贈らない方が無難(相手が忌中、自分が忌中のどちらも)
・水引と熨斗は使わないように。
・お肉を贈っていいかは判断に困るが、避けた方が無難ではある。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする