献血のデメリットとメリット、検査や健康面、お菓子など魅力も多い

この記事は約 7 分で読めますよ。

血液は病院で不足している、これはよく聞かれる話です。
お手軽にできる社会貢献が献血ですが、献血にはデメリットとメリットがあるんですよね。



献血はデメリットとメリットがあり、体調の変化が起こるかも

以前に記事にしたように、献血は断られるケースも割と多く、病気や薬、体調などの理由に引っかかると断られます。

今回は献血を受けられたと仮定して記事を進めていきますが、まずデメリットは体調の悪化に繋がる恐れですね。
献血で起こりうる体調の変化は、まずは血液を抜いたことによるふらつき、それに手のしびれが代表的です。

上の記事でも説明していますが、献血には全血献血と成分献血の2種類があり、一般的なのは血そのものを抜く全血献血ですね。
全血献血は200mlと400mlの2つがありますが、やはり抜く量が多いとそれだけふらつきが起きやすくなるわけですよ。

もちろん、貧血の症状が見られるなら(血液検査で血色素量が少ないようなら)事前に断られるのですが、貧血の症状がなくても400mlも抜けばクラっと来ても不思議ではありません。
そうならないように体調は整えておきたいのですが、一方で400mlの全血献血は非常に重要なんですね。

200mlの全血献血は比較的お手軽にできるのですが、血液の持ち主が多くなりやすいのが難点です。
800mlの輸血をする場合、400mlの全血献血なら2人分で済みますが、200mlの全血献血なら4人分が必要ですよね。

血液型は同じでも血液ってそれぞれ違いがあるので、血液の提供者が多いほどリスクが高まるんです。
デメリットもありますが、400mlの全血献血は必要なものなので、余裕があるならぜひ血液を提供してくださいね。

このふらつきは主に体調が原因ですが、もう1つの手のしびれはどちらかと言えば看護師さんの技術の問題です。
これは献血に限った話ではなく、普通に病院で注射をされる時でも起こるんですが、注射が神経を刺激してしびれが出るケースがあるんですよ。

実際に注射の時に「手にしびれがありませんか?」って聞かれたことがあるかもしれませんが、これはそういう理由なんですね。
しびれは一時的なものでずっと続くなんてことはまず考えられませんが、血管が細くて注射で失敗しやすいなら、事前に大丈夫か確認した方がいいですよ。

献血のメリットである血液検査

このように肉体面でのデメリットはありますが、献血にはメリットも多く、代表的なメリットは血液検査ですね。
私も2年ほど前、まだ太っていた頃に血液検査をしたことがありますが、この時はちょっと大きな病気をしてるんじゃないかと怖くなって病院に行きました。

スポンサーリンク

結果から言えばそんなことはなかったのですが、このように何か病気が疑われる場合なら血液検査って保険が適用されるんです。
けれども、何も体に異常がないのに血液検査だけを受けた時には保険は適用されないので、かなり高くつくんですよね。

献血では毎回必ず血液検査が行われ、当然ながら1円も支払う必要はないので、これは大きなメリットです。
最大2週間程度で血液検査の結果は自宅に送られてきて、もし数値に異常があるならきっちり書かれています。

肝炎などの病気についての検査をお願いした場合、要請だったら通知される仕組みですね(異常がなければ何も送られてきません)
ただ、日本でも過去にエイズの検査目的で献血をした男性がいて、実際にその血液が使われたなんて事件がありました。

エイズでなくても、体調が優れないなど健康面での不安があるなら献血に行ってはいけません。
血液検査はメリットの1つですけど、それを目的にするのは少し危険かなというのが正直なところです。

「健康に問題はないけどしばらく検査をしていない」程度なら問題はありませんが、明らかに異常を感じているなら病院に行くべきです。
エイズなど特定の病気の感染に心当たりがある場合など、特定の病気の検査を目的に献血に行ってはいけません。

献血には健康面でのメリットもあるが

健康面でのメリットもあるのですが、こちらは科学的にはややあやふやな話なので、あまり信用しすぎない方がいいかもしれませんね。
献血に行ってスッキリしたなんて話はよく聞かれ、血の気が多いのに献血に行ったら落ち着いたなんて話もあるくらいです。

血を抜く「瀉血(しゃけつ)」なんて治療法は中世や近代のヨーロッパやアメリカでも行われてきましたが、明確な科学的根拠はありません。
ただ、嘘で片付けるにしてはあまりにもスッキリしたという声は多く、何らかの影響はあると思われますね。

東洋医学についての記事を書いたことがありますが、東洋医学では血が有り余った状態だと怒りやすくなると考えているんですよ。

科学的根拠はないので積極的におすすめはできませんけど、もしかしたらスッキリするかもしれない、くらいの感覚で献血するのはありだと思います。
検査、健康以外ののメリットとしてはお菓子が食べ放題、ジュースが飲み放題などがありますね。

あとは献血希望者を増やすためのキャンペーンも全国で展開されていて、献血をしたらアニメなどとコラボしたグッズがもらえるなんてものもあります。
用意されている漫画が読み放題なんて献血ルームも割と多いので、献血のついでに楽しむのもありですね。

まとめ

献血にはデメリットとメリットの両方がありますが、全体的にはメリットの方が多いですよ。
社会貢献になるだけでなく血液検査、お菓子、飲み物などのメリットもあるので、ぜひ献血ルームに足を運んでくださいね。


この記事のポイント
・ふらつき、手のしびれのようなデメリットもある。
・血液検査を無料でしてくれるのが大きなメリット。
・献血でスッキリするかもしれない(が、明確な根拠はない)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする