インフルエンザで家族がうつらない方法と対応、うつる期間の情報も

この記事は約 7 分で読めますよ。

家族がインフルエンザに感染してしまった、これは心配ですよね。
さらに、家族間でのインフルエンザの感染を避けることも考えないといけないので、非常に困るわけです。



インフルエンザにかかった家族からうつらない方法は

この記事をチェックしている時点で、家族が病院に行ってインフルエンザだと診断されたのか、もしくは高熱が出てインフルエンザの疑いがある段階なのか、どちらなのかは分かりませんが、まずやるべきことはマスクの着用です。
このマスクの着用は自分だけでなく、インフルエンザに感染した(もしくは疑いがある)家族にもお願いしましょう。

私はマスクの息苦しさが苦手な方なので、昔は病院から自宅に帰ってきたらすぐにマスクを外していましたが、これは感染のことを考えるとダメです。
インフルエンザウイルスが人間の体内に入り込むまでの感染経路は、以下の2つが考えられます。

  • 飛沫感染
  • 接触感染
以前、インフルエンザを予防のための記事でも感染経路について書きましたが、感染者の咳やくしゃみなどで飛沫が家族に飛んで感染する飛沫感染をまず注意しないといけません。

そのためには、苦しいかもしれませんが感染した家族に自宅でもマスクをつけてもらうのが一番なんですね。
私の場合は何故か高熱が出ても咳やくしゃみなどはほとんど起こらないですし、インフルエンザで咳の症状があまり見られないなんて年もありました。

それでも、不意の咳やくしゃみはいつ起こるか分かりませんし、高熱があるならマスクで飛沫を飛ばさないようにしてもらいましょう。
マスクをしていれば飛沫が飛ぶことはだいぶ防げますが、それでも確実ではないので、油断せずに自分もマスクをして対処してください。

そして、もう1つの接触感染はマスクをしていても起こる危険性が高く、こちらは感染者が触ったものに触れることでウイルスが移動して感染するのです。
マスクをしていないなら、咳やくしゃみで口を押さえた時にウイルスが付着する可能性が高く、マスクをしていても手にウイルスがつかないとは断定できません。

そのため、感染した家族の食器、それにトイレで起きた時に触れるドアノブなどにインフルエンザウイルスが移動し、それに触れた家族が感染する恐れがあります。
インフルエンザウイルスが付着した状態で目をかく、これで目から感染する可能性もあるので、徹底的に手洗いをして対策しないといけません。

家事をする前など、こまめに手洗いをしてインフルエンザウイルスによる感染を防ぎましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事では加湿器を使ったインフルエンザウイルスの予防法を取り上げましたが、加湿器で部屋の湿度を上げるのもいいですよ。

上に挙げたような食器やドアノブなど家族が触れたものに触れた場合、それに家族が休んでいるところに行ったあとなどは必ず手洗いをしてくださいね。

インフルエンザの家族にどう対応するのがベスト?

感染した家族が誰か(年齢)によっても対応は変わってくるのですが、家族がインフルエンザに感染したら基本的には隔離します。
もちろん、感染した家族はトイレなどで起きる必要もあるので、隔離と言ってもなるべく近寄らない程度の軽いものです。

飛沫感染も接触感染も同じ部屋にいると危険性が高まるので、うつらないようにするなら接触を最小限に抑えるのがポイントなのです。
感染したのがまだ小さい子供なら、定期的に様子を見る必要もありますし、子供は何だかんだで行動的なので起き上がるなんてことも多いと思います。

そのため、完全に隔離するのではなくて、あらかじめドアを開けておいて様子が見れるようにするのがよいでしょう。
奥さん、旦那さんなど大人が感染した場合は、症状にもよりますがなるべく接触を避ける方針が基本です。

隔離される方はいい気はしないはずですが、インフルエンザがうつらないようにするのが最重要なので、やむを得ないかなと思いますね。
お子さん、あるいは夫婦で同じ部屋で寝ている、これは普段なら何の問題もないのですが、インフルエンザの時に一緒に寝るのは危険です。

大人の場合は別の部屋で寝ればいいのですが、感染しているのがお子さんだとそうもいきませんよね。
子供は大人と比べると抵抗力が低く、何が起こるか分からない以上は危険であってもそばにいてあげるのがいいと思います。

感染を防ぐためにマスクを着用する、心苦しいかもしれませんが普段よりは距離を置いて横になる、この2つを心がけてくださいね。

インフルエンザが家族からうつる期間はあるのか

家族がインフルエンザに感染した、このような場合にうつる可能性がある期間はどれくらいなのか、気になるところだと思います。
まず、インフルエンザを発症してから5日までは、インフルエンザウイルスの排出が続いて、5日が経過すればだいぶ排出が減るんですね。

そして、インフルエンザウイルスの数が体内で最も増えるのは症状が出て2日目から3日目で、このピーク時までに薬を飲めば体内のウイルスの増殖をだいぶ抑えられます。
インフルエンザの薬を使ったら5日目を待たずに熱が下がるケースも多いですが、仮に熱が下がったとしても5日が経過していないのであれば、感染には注意しないといけません。

薬を使うと、体内にまだインフルエンザウイルスが残っているけれども熱が下がるケースがそれなりにあり、この状態は周囲にしてみればかなり危険なんですね。
インフルエンザウイルスの排出は熱が下がってから2日くらいは続くと考えた方がよく、症状が出てから5日が経過している、熱が下がってから2日が経過している、この両方を満たして初めて安心できるのです。

この2つの条件を満たすまでは、感染した家族も自分もマスクや手洗いを徹底する、この心構えが重要ですよ。

まとめ

マスク、手洗い、それに湿気を意識することで、家族からのインフルエンザの感染を防ぐ効果が期待できます。
家族がインフルエンザにかかった状態で冷静になるのは難しいですが、感染の拡大を防ぐために落ち着いて行動してくださいね。


この記事のポイント
・マスクと手洗いを心がけ、感染した家族にもマスクをつけてもらう。
・ある程度は家族と距離を取ることも重要。
・熱が下がっても感染のリスクはあるので油断せずに。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする