初詣で神社はどこにするか、複数のところや寺院に行っても大丈夫か

この記事は約 7 分で読めますよ。

初詣に行く神社が決まっているなら悩む必要はありませんが、環境の変化で行けないなんてこともありますよね。
引っ越しなどは代表的な環境の変化ですが、この場合は自宅近くの神社がいいのか、有名な神社まで足を運ぶのがいいのか本当に困るものです。



初詣で神社をどこにすればいいか迷うなら氏神様をチェック

まず、初詣はどこの神社でも問題はないので、自宅に近いところでも遠いところでも大丈夫です。
ただ、昔の(江戸時代末頃までの)本来の初詣はどこでもよかったわけではなく、氏神様が祀られている神社に行くものでした。

私も昔は氏神って言葉を聞いても全くイメージがわきませんでしたが、氏神様とはその土地の神様のことですね。
元々、氏族(奈良時代の蘇我氏や、平安時代の平氏や源氏などの一族のこと)がそれぞれ祀っていた神様が氏神なのですが、次第にその土地の神様みたいに扱われるようになりました。

日本は八百万の神々がいるとよく言われるように、様々な神様が各地の神社に祀られていますが、氏神が祀られている神社は氏神神社と呼ばれるんですよ。
この過去の歴史を考えると「本来は」氏神神社に初詣に行くのがいいのですが、氏神神社がどこかって分かりませんよね。

それぞれの土地に氏神神社は必ずあるはずなんですが、それがどこかを探すのは大変です。市区町村で「ここはこの氏神様」と決まっているわけではなく、同じ市でもエリアによって氏神様が違うなんてことも普通にあります。
もし、グーグル先生に「今住んでいるエリア 氏神」で調べて出てくるならいいのですが、恐らくは出てこないと思いますね。

そのため、氏神神社を調べるなら各都道府県の神社庁(神社本庁の下部組織)に問い合わせて調べるのがいいですよ。
ただ、神社本庁に全ての神社が加盟しているわけではないので、神社庁に問い合わせても分からないなんてケースがあり得るんですね。

そのようなケースでもある程度の候補は見つかるはずなので、あとは実際に候補の神社に問い合わせるしかありません。
30代半ばの私でも両親から氏神神社なんて言葉は聞いたことがありません(初詣は近場の有名なところに行っていました)から、今となっては氏神について知っている方が少数派だと思います。

本来は土地に住まわせていただいていると考えて氏神神社に初詣に行くのがいいのかもしれませんが、上に書いたように自由でも特に問題はありません。
ただ、氏神神社以外のところに初詣に行くとしても、できれば地元の神社にはお参りした方がいいかなと個人的には思いますね。

初詣と言えば願い事を何にしようかなんて悩むかもしれませんが、その土地に住まわせていただいていることへの感謝を込めて氏神神社、もしくは地元の神社にお参りに行ってみてはいかがでしょうか。

神社への初詣に複数行っても大丈夫なの?

すぐ上に「氏神神社以外のところに初詣に行く」と書きましたが、複数の神社に初詣に行ってもいいのかって疑問を持たれるかもしれませんね。ど
こに初詣に行っても問題はないという言葉は正確ではなく、その辺りのルールは定められていないんです(神社内でのマナーは存在しますが)

その辺りは日本の宗教はおおらかですので、特定の神社に初詣に行ったら他の神社に行ってはいけない、そんなことはありませんよ。
お守りを複数持つのは問題ではないか、これも気になるポイントだと思いますが、その点も特に問題はありません。

しかし、お守りはいずれ返して焚き上げてもらうのがいいものなので、2つくらいならともかく3つ以上の神社のお守りを持つのは避けた方がいいかなとは思います(手間に感じないのなら問題はありませんよ)

スポンサーリンク
以前に、おみくじの凶が出た場合にどうすればいいかという記事の中で、複数の神社でのおみくじについても触れています。

詳しくはそちらをチェックしてもらいたいですが、おみくじも複数の神社でやって大丈夫ですよ。
明確なルールはなく意見が分かれるところではありますが、おみくじは1つの神社で何回も引かないように気をつけたいですね(神様のお告げを信じていないとも解釈できるので)

初詣はお寺と神社のどっちが

初詣といえば明治神宮などの神社がまずイメージされるかもしれませんが、お寺の方でも初詣はできます。
明治時代の始め、明治政府による神仏分離の方針で神社とお寺は分かれましたが、それまでは神社とお寺は同じものとして扱われていたんですね。

神社に仏像があったりと、今から考えれば信じられないような光景が一般的だったんですよ(一部の藩では江戸時代の時点で神仏分離していましたが)
当然、江戸時代にはお寺に初詣に行くのも不思議なことではありませんでしたから、神仏分離したあともお寺に初詣に行く文化は残っています。

初詣で神社、お寺の両方に行くのも問題はないので、お寺と地元の神社なんて組み合わせもいいですね。

以前、お歳暮の記事で喪中について触れましたが、喪中の時には死を穢れ(けがれ)として捉えている神社には行ってはいけないとされているんですね(こちらも明確なルールはありませんが)

そのため、喪に服している時には神社に行くのは避けて、お寺の方に初詣に行くといいですよ。

まとめ

初詣って基本的にお正月のみの行事なので、何か疑問があってもお正月を過ぎると意外と忘れちゃうんですよね。
どこに初詣に行ったらいいか困っているなら、氏神神社を意識しつつ神社やお寺から選ぶといいですよ。


この記事のポイント
・氏神様を祀る氏神神社が初詣の第一候補だが、調べるのは少し面倒。
・どこの神社に行ったらいい、悪いといったルールは存在しない。
・複数の神社に初詣に行く、神社とお寺の両方に初詣に行くのはOK。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする