東京ドイツ村のイルミネーションへのアクセス、車の所要時間の話題も

この記事は約 7 分で読めますよ。

クリスマスの時期を含めた、冬場のイルミネーションの素晴らしさで有名なのが東京ドイツ村ですね。
ちょっと都心からは離れていますが、自動車で行くのがいいのか公共交通機関で行くのがいいのか、気になるところではないでしょうか。



東京ドイツ村のイルミネーションを見に行く場合のアクセス方法

以前に、東京ドイツ村のイルミネーションの期間や点灯時間についての記事を書いているので、基本的な情報はこちらを参考にしてくださいね。

アクセスについても上の記事で少し触れていますが、自動車で行くのがいいか公共交通機関で行くのがいいかは迷うところです。
普通なら、混雑するレジャー施設に自動車で向かうのって割と避けた方がいいんですよね。

駐車場が混むのは当然ですから、事前の駐車場の予約なしにレジャー施設に行くのは危険で、クリスマスならなおさらです。
しかし、東京ドイツ村は自動車でも入園できるってところが売りで、園内に用意されている駐車場は3,000台も停められるんですね。

もちろん、クリスマス前後はイルミネーション目当てのカップルが押し寄せるので、3,000台の駐車場でも足りないと考えてよいでしょう。
こればっかりは仕方がありませんが、東京ドイツ村は入園してから自動車で園内を回れるので、これは大きな魅力です。

レジャー施設だと歩き回って疲れるなんてことがよくありますけど、自動車なら移動も楽ですし疲れたら車内に戻るって選択肢もありますよ(もちろん、園内にも休めるスポットはいっぱいあります)
それでも、公共交通機関でアクセスしやすいならどちらで行くか迷うところなのですが、東京ドイツ村の最寄り駅はちょっと離れたところにあって、公共交通機関でアクセスしにくい立地なんです。

自動車なしなら電車やバスで行くしかありませんが、マイカーやレンタカーを利用できるならそちらでアクセスするのをおすすめしたいですね。

東京ドイツ村へのアクセスで使う自動車のルート

さて、自動車でどのようにしてアクセスするかですが、最寄りのインターチェンジは館山自動車道の姉崎袖ヶ浦インターチェンジで、ここから東京ドイツ村まで約3kmです。
姉崎袖ヶ浦インターチェンジまでのルートは大まかに以下の2種類があり、割と悩むポイントです。

スポンサーリンク
  • アクアラインから館山自動車道
  • 東京湾を右回りで京葉道路から館山自動車道

神奈川県の川崎市や横浜市から東京ドイツ村まで自動車でアクセスするなら、アクアラインルート一択ですね。
海ほたるパーキングエリア、そして木更津金田インターチェンジから木更津ジャンクション経由で館山自動車道に入り姉崎袖ヶ浦インターチェンジまで向かいます。

東京湾を右回りのルートで東京ドイツ村に向かう場合、京葉道路から館山自動車道を利用するのですが、最初から京葉道路に乗るか首都高速湾岸線や東関東自動車道を経由して京葉道路に向かうかのルートがありますね。
東関東自動車道と京葉道路は市川ジャンクションで合流するので、そこから蘇我インターチェンジ経由で館山自動車道に乗り姉崎袖ヶ浦インターチェンジまで向かってください。

神奈川方面から出発するならアクアライン、千葉市方面から出発するなら東京湾右回りルートがいいのですが、東京23区だったり東京に近い千葉県浦安市とか松戸市から出発するならどっちがいいか、これは困りますね。
出発地点がどこかによって答えは変わってくるのですが、東京23区からなら東京湾右回りルートではなくてアクアラインを使う方が距離は短いです。

さらに、アクアラインは普通に利用したら妙に高くて、普通車なら3,090円もかかりますが、ETC割引で800円まで安くなるんですよ。
ETC割引でどのくらいお得なのか、以下に通常料金とETC割引後の料金をまとめてみました。

  • 軽自動車 2,470円→640円
  • 普通車 3,090円→800円
  • 中型車 3,700円→960円
  • 大型車 5,090円→1,320円
  • 特大車 8,490円→2,200円

このETC割引は2014年3月で終了する予定でしたが、当面10年は割引を続けられることになったんですね。
当面ってところがちょっと不安ですが、一応は2024年頃までは割引料金でアクアラインを利用できますよ。

東京ドイツ村に車で行く場合の所要時間

自動車で東京ドイツ村まで訪れるなら、所要時間がどれくらいかも気になるポイントです。
この所要時間はルートや時期によってだいぶ変わってくるのですが、アクアラインを使う場合は東京23区を出てから大体1時間程度、東京湾右回りルートなら東京23区を出てから1時間10分程度ですね。

これは混雑していない場合の大まかな目安なので、クリスマスの時期ならもう少し長めに見込んでおいた方がいいですよ。
あと、上の記事でも書いたようにクリスマスにイルミネーションを見に行くなら入場できるかどうかという問題があるので、どのルートで行くにしても遅くても3時くらいには現地についておきたいところです。

さらに、クリスマスの時期は行きよりも帰りの方が渋滞の危険があるので、残念ながら閉園時間の20時近くまで残ると帰りにかなり時間がかかります。
18時くらいで切り上げればそこまで渋滞には巻き込まれませんが、19時を過ぎるとかなり危険ですね。

じっくりイルミネーションを楽しむか、適度に切り上げてその後の時間をうまく使うか、この疑問に明確な答えはないのでよく相方さんと話し合ってくださいね。

まとめ

東京ドイツ村までイルミネーションを見に行くなら、公共交通機関より自動車がおすすめですよ。帰りの渋滞をどう避けるかを意識しつつ、イルミネーションを楽しんでください。


この記事のポイント
・東京ドイツ村へのアクセスは自動車がおすすめ。
・アクアライン、東京湾右回りの2つのルートがある。
・所要時間は通常時なら1時間程度、遅くまで残るほど渋滞に巻き込まれる。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする