薬を水で飲む理由は、それ以外の飲み物やコップに用意する量の話題も

この記事は約 7 分で読めますよ。

ドラッグストアで飲み薬を購入する、病院で飲み薬を処方してもらう、どちらのケースでも薬は水で飲むものとされていますよね。
飲み薬のパッケージにも水で飲んでくださいといった注意書きがありますが、どうして水の方がいいのか気になりませんか。



薬で水を飲む理由は、効き目や安全性

私は割と小心者というか不安を感じやすいところがあるので、しっかり「水で飲んでください」って釘を刺されているので子供の頃から素直に水を使っていました。
「体の中に入れてしまえばどの飲み物でも同じなのでは?」って感じるかもしれませんが、同じではないんですよね。

ドラッグストアで売っている薬であろうと、病院で処方される薬であろうと、繊細なところがあります。
水以外の飲み物を使って飲んだ場合、飲み物の成分に影響されて本来の効果が発揮されないんですね。

薬の種類、飲み物の種類によっては薬に悪影響がないなんてケースもあると思いますが、基本的には何らかの悪影響が出ると考えて問題ありません(大抵の場合は悪影響は現れませんが)
また、薬は水で飲むことを想定して作られているので、水で飲んだ時に薬本来の効果が出るんです。

たとえ悪影響がない組み合わせであっても、水で飲んだ場合と比べると差が出てもおかしくはありません。
このような理由で、薬を飲むなら最高のパフォーマンスを期待して水で飲むのがいいんですよ。

水なしで薬を飲むとどうなるかが気になるかもしれませんが、これはかなり危険なのでやめてくださいね。
水分がないと食道や胃に薬が留まるケースがあり、食道炎や胃潰瘍を引き起こしかねません。

特にお年を召していて内臓の機能が衰えているとトラブルが起こりやすく、しっかり水で飲むのが重要です。

薬を水以外で飲むなら何がいいのか

お酒と薬の飲み合わせが危険なのは説明する必要もないと思いますが、それ以外だと色々な飲み物の中でも特に危険なのは牛乳なんですね。
牛乳と言えばまずカルシウムが豊富なところが思い浮かぶでしょうが、実際にカルシウムやタンパク質が豊富です。

健康にいいはずのカルシウムやタンパク質は、薬の成分と結びついて効能に変化を起こしやすいんですね。
また、牛乳は胃酸を中和する働きがあるので、コーティングなど薬の胃酸対策が台無しになる恐れもあります。

水虫用の薬のグリセオフルビンが牛乳と合わせてはいけない薬でしたが、こちらはすでに販売が中止されているので、現在のところ最も気を付けないといけないのはコーラックですね。
コーラックはそもそも、使いすぎると腸の働きを弱める危険性があるのですが、もし使うなら牛乳で飲んではいけません。

牛乳と同じく薬と相性が悪いのがカフェイン入りの飲み物で、代表的なのはコーヒーや緑茶、紅茶ですね。
風邪薬によく配合されているのがエフェドリンや麻黄(まおう)といった成分ですが、これらはカフェインと合わせると効果が強まります。

そのため、想定された以上の副作用が出る恐れがあり、不整脈や不眠の原因になりかねません。
テオフィリンは咳止めなど気管支系の薬で使われている成分ですが、こちらもカフェインとの相性が悪いんですよね。

スポンサーリンク

震えや吐き気などの禁忌を引き起こす恐れがあるので、カフェインを含んでいる飲み物を飲んだら、30分くらい時間を置いてから水で薬を飲むのが理想です。
ただ、今の時代はお茶で薬を飲むなんてケースも多く、緑茶や紅茶の場合はそこまで目立った悪影響が出ないように工夫はされています(コーヒーは避けた方がいいです)

それでも、緑茶や紅茶のカフェインが薬にとってあまりよくないのは事実なので、なるべく避けたいところです。
ジュース類やスポーツドリンクなども薬と合わせると何が起こるか分かりませんので、特に理由がない限りは水を使うのがベストです。

水以外で薬を飲むのにいい飲み物はないか、そんな疑問に応えられる飲み物が実はあるんですよ。
その飲み物とは麦茶で、麦茶なら薬の成分を邪魔はしないので水の代用品としては最適です。

薬は新しいものが出るので、今後も大丈夫だとは断定はできませんが、麦茶が薬と作用したなんてデータは今のところはありませんよ。

こちらの麦茶の記事でも少し触れていますが、麦茶は緑茶や紅茶と違ってカフェインも含まれていませんしね。

ただ、麦茶は緑茶や紅茶と違って腐りやすいのが難点なので、夏場はそこには注意してください。

薬を飲むのに必要な水はコップでどれくらい

水で飲むのが一番いいのですが、では具体的にどれくらいの水を用意すればいいのかも気になるところですよね。
処方された薬を受け取る時に「コップ一杯の水で」といったフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、本当にコップ一杯くらいがベストなんです。

食事で何か飲み過ぎたとか、あんまり水を飲んではいけないとお医者さんから言われているならともかく、そうでないならコップ一杯くらいの水で薬を飲むのがいいですよ。
錠剤やカプセルならともかく、粉薬はうまく飲むのが意外と難しいですが、オブラートを使うのも手ですね。

大人になってからはなかなかオブラートを使う機会ってないかもしれませんが、すぐ溶けて薬の効果に影響もないのでおすすめですよ。
今はゼリータイプのオブラートもあるので、薬とコップ一杯の水だけでは不安が残るなら、オブラートも用意してくださいね。

まとめ

気軽に水以外で薬を飲んでしまうかもしれませんが、なるべくなら水で飲むのがいいんですよ。
コップ一杯の水、もしくは麦茶で薬を飲むように心がけてみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント
・薬は水で飲んだ時に最も効果を発揮してくれる。
・どうしても水以外で薬を飲むなら、麦茶がおすすめ。
・薬とコップ一杯分くらいの水がベスト(必要ならオブラートも)
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする