クリスマスケーキの予約はいつから何日前までか、食べる日は

この記事は約 7 分で読めますよ。

お子さんや奥さんに買うため、自分で食べるため、理由は様々ですけどクリスマスケーキを確実に手に入れるためには予約するのが一番です。
最近はクリスマスケーキの予約が早まっているので、いつ予約すればいいか迷いますよね。



クリスマスケーキの予約はいつから始まるの?

クリスマスに関する話題は10月くらいには聞かれ始めるのですが、クリスマスケーキの予約は早ければ9月くらいには始まっています。
店からすればクリスマスはかき入れ時ですから、なるべく多くの予約が欲しいんですよね。

そのせいか予約合戦みたいな状態になっていて、特にコンビニは9月末くらいと相当に早い時期からクリスマスケーキの予約を受け付けています。
コンビニほどではないですがスーパーも割と予約は早く、10月くらいには予約が始まるのが普通ですね。

一方で、個人経営や百貨店などに入っているケーキ屋さんの場合は、予約開始が11月頭くらいのところが多いんです。
最近はハロウィンもだいぶ一般的になっていて、ケーキ屋さんではハロウィンの商品も色々と出ていますよね。

こちらの記事でもハロウィンのカボチャについて軽く触れていますが、カボチャを使ったお菓子や、ジャック・オ・ランタン風のカボチャの飾り物などはケーキ屋さんでよく見かけます。

クリスマスほどでないないでしょうが、ハロウィンもかき入れ時なので、ハロウィンが一段落した11月頭からクリスマスケーキの予約を開始するお店が多いんですね。

クリスマスケーキの予約受付終了は何日前?

このようにクリスマスケーキの予約の開始時期はだいぶ違いますが、予約の締め切りはそんなに差はありません。
早ければ12月の上旬くらいですが、コンビニでもスーパーでもケーキ屋さんでも、大抵のお店はクリスマスの1週間前(12月16日くらい)まで予約を受け付けていますよ。

「クリスマスにはクリスマスケーキが欲しいけど、それっぽいケーキならどれでもいいかな」みたいに、特にこだわりがないならギリギリで予約しても大丈夫です。
こだわりが強い個人経営のケーキ屋さんなどは、1週間前に予約できるかちょっと怪しいですが、大抵のところでは問題なく予約できます。

特にこだわりがないなら早めに予約する必要はないのですけど、人気のケーキの場合はまた別です。
生ケーキは腐りやすいので早めに作っておくというわけにはいかず、クリスマスの直前に作られるんですね。

逆に言うなら、ほとんどのクリスマスケーキはあらかじめ作られていて、12月に入ってから解凍されるわけです。
このような方法なら多く生産できるのですが、生ケーキはギリギリに作る必要があるので多く生産できず、結果的に予約数が相当に絞られます。

生ケーキでなくても、人気があるなら早々に終わるものもあるので、こういうケーキを欲しい場合には早めに予約しないといけません。
ある程度は決まっている予約開始時期と違って、予約の締め切りがいつかは店やケーキによって違うので、私の方で断定はできないんですね。

スポンサーリンク

公式ホームページがあるならそちらでチェックしたり、お店に直接行って確認するのが一番なのですが、ケーキ屋さんで予約するなら遅くても11月中旬くらいまでには行動に移したいところです。
人気があるケーキは11月中旬くらいには売り切れている場合もあるので、これでも間に合わないかもしれません。

コンビニやスーパーでも、クリスマスケーキによっては予約が早く終わるものがありますが、こちらは12月の上旬くらいまで予約を受け付けているのが普通です。
11月末くらいでも十分に間に合いますが、ケーキ屋さんの人気があるクリスマスケーキの場合は、予約開始後すぐに予約するくらいの気持ちでいく方がいいですよ。

クリスマスケーキをいつ食べるか決めて

クリスマスケーキの予約が無事に終わったら、あとはクリスマスに受け取りに行くだけですよね。
インターネットからの予約なら配送してもらえる場合もありますが、いつ受け取りに行くか、あるいは配送してもらうかも悩むところです。

クリスマスケーキを食べるのはクリスマスイブか、それともクリスマス当日か、これは明確な答えがなさそうに思えるかもしれませんが、海外でははっきりした答えがあります。
実はクリスマスイブはクリスマスの前日のことではなくて、本来は「クリスマスの夜」って意味なんですね。

キリスト教で使われている教会暦だと、日没で日付が変わるので、12月24日の日没と同時に12月25日になります。
だからか、海外では12月24日の日没から12月25日の日没までがクリスマスってところも多いんです。

その場合、12月25日の日没の時点でクリスマスは終わってますから、12月24日の夜にケーキを食べるのが正解というわけですね。
もちろん、海外でもクリスマスの風習は地域で割と異なりますし、これが必ずしも正しいクリスマスってわけではありませんよ。

一応、12月24日にクリスマスケーキを食べるのがいいのではないかとおすすめはしておきますが、日本のクリスマスは海外のとはだいぶ異なるので、あまり気にしなくても問題はありません。
こちらの記事でも触れたように、家族で過ごすはずのクリスマスが恋人と過ごす日になっている時点で、海外とはだいぶ違いますしね。

クリスマス・イブ、クリスマス当日のどちらにケーキを食べるかをあらかじめ決めておいて、それに合わせてケーキを受け取るといいですよ。
予約をしていないって場合でも、ケーキ屋さんに行けばまず間違いなくクリスマスケーキは残っているので、ぜひケーキを楽しんでくださいね。

まとめ

12月24日、25日に欠かせないクリスマスケーキをどう確保するか、これは毎年のように悩むところです。
クリスマスケーキの予約がいつからいつまでか、こちらの記事を参考にして早めに予約してみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント
・クリスマスケーキの予約開始は9月末から11月頭くらい。
・人気のクリスマスケーキは11月中旬くらいで予約終了してしまう。
・12月24日、12月25日のどちらに食べるかを先に決めてから受け取るのがいい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする