梅田の空中庭園は初日の出の定番スポット、スカイビルの混雑対策は

この記事は約 8 分で読めますよ。

1月1日には初日の出を見て、いい年になりますようにと願うものですよね。
関西だけでも初日の出のスポットはたくさんありますが、都心部から初日の出を楽しめるのが梅田スカイビルの空中庭園です。



梅田の空中庭園で初日の出を楽しむためのアクセス方法

以前、淀川花火大会の記事で梅田スカイビルの空中庭園を紹介しましたが、ここは初日の出の定番スポットでもあるんですよ。

最近は外国人観光客も多い、キタエリアの定番観光スポットですが、意外と迷うんですよね。
阪急電車で梅田まで行くなら、梅田の直前で必ず右手に見える超高層ビルなのに、私も初めて行った時はちょっと迷いました。

まずは大阪の梅田まで出る必要がありますが、梅田に存在する電車の駅はこれだけあるんですよ。

  • 阪急梅田駅
  • JR大阪駅
  • 阪神梅田駅
  • 地下鉄梅田駅(御堂筋線)
  • 地下鉄東梅田駅(谷町線)
  • 地下鉄西梅田駅(四つ橋線)

とりあえずは省きましたがJR北新地駅も割と梅田寄りのところにあるので、単純に駅が多くてややこしいわけです。
そして「梅田駅」の多さも厄介なポイントで、看板の案内を見ても何がなんだか分からないという恐ろしいエリアです。

梅田ダンジョンとも呼ばれる、ある意味で日本でトップクラスに遭難しやすいエリアですが、とりあえず目指すのはヨドバシ梅田ですね。

JR大阪駅のすぐ近くにあって、どこにあるかは一目瞭然なのに何故かたどり着けないことで有名でした(2017年にJR大阪駅と直通の橋がかかったのでだいぶ行きやすくなりましたね)
そして、ヨドバシ梅田から西、こちらも梅田の代表的な名物スポットであるグランフロント大阪まで移動して、地下道に入ります。

かなり長い地下道ですが、ここを抜ければもう梅田スカイビルは目の前というわけですね。
どう見ても普通に歩いていけそうなのに、実は梅田からは地下道を通らないとたどり着けないという恐ろしい仕掛けがあるわけですよ。

ただ、梅田のヨドバシ梅田からグランフロント大阪付近は再開発が進んでいるので、このルートもいつまであるかは分かりません。
新たなルートができたなら追記する予定ではありますが、もし地下道がなくなっているようならスマートフォンのマップを頼りに何とか進んでもらいたいと思います。

梅田スカイビルは初日の出の時に混雑するの?

梅田スカイビルの39階、40階、そして屋上部分が空中庭園と呼ばれていて、普段の営業時間は9時30分から22時30分(最終入場22時)ですね。
上で淀川花火大会の話題を出しましたが、淀川花火大会当日や1月1日は特別営業の日で、1月1日は朝の5時から入れます(営業終了はいつもと同じ22時30分)よ。

スポンサーリンク

淀川花火大会の場合は特別入場券(前売り券)が必要でしたが、1月1日は前売り券はなく、当日にチケットカウンターでチケットを購入して入場する形です。
1月1日は間違いなく混雑するので、万全の状態で初日の出を楽しみたいなら早めに並んでおきたいですね。

ただ、朝の5時の時点で梅田スカイビルに到着しいるなら入れないなんてことはまずありません。
梅田の初日の出は大体7時ちょっと過ぎくらいなのですが、6時以降に梅田スカイビルに到着するとちょっと厳しいですね。

毎年1,000人以上が足を運ぶ定番スポットなので、遅くても5時30分くらいには梅田スカイビルに到着しておきたいところです。
1月の早朝の寒さは相当に厳しく、初日の出を待っているだけでもだいぶつらいのが困るところですね。

以前に効果的なカイロの貼り方、貼る時の注意点などを記事にしていますが、そちらを参考にしてカイロなどの寒さ対策はしておきたいところですよ。

梅田スカイビルの空中庭園の料金は個人と団体で違いますが、個人だと以下のようになっていますね。

  • 大人 1,000円
  • 中高生 700円
  • 小学生 500円
  • 幼児 200円
  • シニア 800円

初日の出では空中庭園が混雑するので、周囲で時間を過ごしたい

元旦の朝は初詣のために電車が普通に運行されていますが、最近だとカウントダウンライブなどイベントも充実していますよ。
だから、都心部だと12月31日の夜から1月1日の朝にかけては深夜とは思えないほど活気があるんです。

クリスマス並くらいにはカップルをよく見かけ、大阪で年越しイベントに参加してから梅田スカイビルの初日の出を見て帰る、これが定番の流れなんですね。
だからこそ、元旦の梅田では深夜の時間帯でも多くの飲食店が営業していて、朝までの時間を潰すのには困りません。

赤い観覧車で有名な梅田の「HEP FIVE」ですが、こちらでは毎年カウントダウンイベントがあるんです。

MBSラジオとのタイアップによる音楽とお笑いイベントが楽しめますが、カップルで参加しているならイベント後は観覧車を楽しむのも定番ですよ(元旦は朝まで観覧車に乗れます)
梅田スカイビルの空中庭園は混雑するものなので、朝まで梅田で楽しい時間を過ごしてから早めに移動するのはおすすめです。

注意点としては、忘れがちですけど梅田は繁華街なので、人通りの少ないところは避けた方が無難ですね(特に阪急東通商店街方面)
昼とか夜7時~夜8時くらいなら「HEP FIVE」の横道(ファストフード店など意外とお店が色々とある)も普通に通れますが、やっぱり深夜は通りたくないなって思いますもの。

梅田スカイビルの空中庭園のオープンに合わせて梅田に出るならそんな心配は必要ないですが、朝まで梅田で過ごすなら人の多いところをウロウロとするようにしてくださいね。

まとめ

梅田スカイビルの空中庭園は混雑しますが、大阪市内で初日の出を楽しむ場合には最適なんです。
朝からの行動がちょっと大変ではありますけど、寒さ対策もして素晴らしい日の出を楽しんでくださいね。


この記事のポイント
・梅田スカイビルに行くには、グランフロント大阪近くの地下道を通る必要がある。
・混雑するので、5時30分くらいまでには梅田スカイビルに到着したい。
・梅田で朝まで過ごしてから早めに梅田スカイビルに行くと確実に日の出を楽しめる。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする