ロキソニンの医療用と市販の違い、病院で処方箋をもらう場合の比較

この記事は約 9 分で読めますよ。

市販のドラッグストアなどで手に入るロキソニン、病院で処方されるロキソニン、この2つにどんな違いがあるかは気になるところですよね。

成分や効果、それに価格面で差が出てくるのかなどロキソニンの疑問を詳しく解説します。



ロキソニンの医療用と市販の違いって?

第一三共が発売しているロキソニンは、強烈な痛みがある時によく使われる痛み止めです。

ドラッグストアで販売されているロキソニンは「ロキソニンS」のことで、こちらは薬剤師さんから説明を受けないと購入できない薬なんですよね。

その辺りの事情や具体的な購入方法についてはこちらの記事で説明しているので、ロキソニンSを購入するならぜひ確認してください。

ロキソニンSに対して、病院で処方されることがるのが医療用のロキソニンで、こちらの方が元祖ですね。

2011年に発売されたロキソニンSの方が後発ではありますが、実は成分的には全く違いがありません。

同じなのは成分だけではなく、添加物も大きさも同じで、本当にごくわずかに見た目が異なっているだけです。

ロキソニンとロキソニンSは成分は全く同じなのに、効果効能の面ではわずかに違いが見られます。

まずは市販されているロキソニンSの方の効果効能ですが、このような感じで書かれていますよ。

●頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
●悪寒・発熱時の解熱

引用元:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/products/loxonin-s.html

こう言っては何ですが、痛み止めではよく見られる効果効能の一覧、そんな感じがしますよね。

それに対してロキソニンの場合、手術後や関節リウマチといった割と緊急な時に処方されることもあり、効果効能の方がやや幅広いんです。

病院でもらうロキソニンとの効果や服用面での違いは?

ロキソニンは手術後の痛み止めとしても使われるのですが、当然ですが市販のロキソニンSを手術後に使うことなんてありませんよね。

今では日帰りの手術も割と一般的ですが、それにしたって痛み止めは病院で処方されるはずです(処方されるのがロキソニンとは限りませんが)

あと、関節リウマチも痛み止め以外の薬が必要になるのが普通なので、ロキソニンSの効果効能には書かれていないんですね。

これらの手術後や関節リウマチのように、医療用のロキソニンのみに書かれている効果効能がありますが、市販のロキソニンSと比べて性能が大きく違うわけではありませんよ。

そのため、長引く痛みを何とかしたいなら、病院に行かずにドラッグストアでロキソニンSを購入するだけでも鎮痛効果は期待できるのですが、これってあまりいいことではないんですよね。

市販のロキソニンSは成分こそ医療用と同じですが、基本的には長期服用するものではなく、突発的な頭痛などの痛みを短期的に止めるためのものです。

スポンサーリンク

もし、痛みがずっと続いているようならロキソニンSを使ってどうこうするのではなく、病院で診察してもらって痛みの原因を判断してもらうのがベストですよ。

この2つの薬で異なるポイントは用法用量の方で、市販のロキソニンSの1日の服用回数にはこんな文章があります。

2回まで。
症状があらわれた時、なるべく空腹時をさけて服用して下さい。ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できます。服用間隔は4時間以上おいて下さい。

引用元:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/loxonin-s/

2回までと明確に指定がありますが、それに対して医療用のロキソニンの場合は症状によって用法用量に差が見られることもあるんですよね。

こちらの記事では、親知らずでの対処に冷えピタを使う方法を書きましたが、上の効果効能にあるように抜歯後の痛み止めとしてロキソニンはよく使われます。

ロキソニンSを購入して使う場合は1日2回までと決まっていますけど、処方されたロキソニンなら抜歯後は1日3回までは使えるんですよね。

同様に、関節リウマチや抜歯以外の歯痛に対処する場合もロキソニンは1日3回使えますが、熱に対して使う場合は1日2回までです。

症状によって使い方にやや幅がありますが、これは医師が判断して処方するからと考えていいでしょう。

市販のロキソニンSを使う場合に専門家の判断はありませんから、ちょっと控えめな感じに用法用量が定められていますよ。

実質、同じ成分なのですからロキソニンSを1日3回飲んでも問題はないはずですが、やはり避けた方が無難だと思いますね。

専門家が大丈夫だと判断しての1日3回の服用と、専門家以外が判断した1日3回の服用は意味合いが全く異なりますし。

ロキソニンを処方箋でもらう場合って価格に違いがあるの?

あと、ロキソニンとロキソニンSの違いで気になる点と言えば、どちらの方がお得なのか、ですね。

単純に薬の価格のみで比較すれば保険が使える医療用のロキソニンSの方が安くて、3割負担の場合は12錠で70円くらいですね。

ロキソニンSは店によって価格に差がありますが、12錠で600円くらいはするので、この点ではロキソニンの圧勝です。

ただ、病院だと初診料であったり再診料であったりと、色々な費用がかかってくるので、最終的にはそこまで差はなくなりますね。

後期高齢者のように支払いの負担が少ないケースに限れば医療用のロキソニンの方がお得ではあるものの、3割負担なら同じくらいと考えていいですよ。

どちらがお得かはそこまで深く考えなくても大丈夫なので、上の段落で書いたように症状が長引いているので病院に行く方がいいのか、突発的なものなので市販薬で乗り切るかといった感じに使い分けるのがいいですよ。

(医療用であろうと市販であろうと)実際にロキソニンを使う場合は飲み合わせにも注意した方がよくて、こちらの飲み合わせの記事で書いたようにバファリンなど他の鎮痛薬と合わせるのはダメですから気をつけてくださいね。



まとめ

ロキソニンとロキソニンS、この2つは全く同じ薬なのですが、そのまま同じように使ってはいけません。

短期的には効果が期待できるので、痛みが酷い場合に備えて市販のロキソニンSを購入しておくのはありですよ。

この記事のポイント
  • ロキソニンもロキソニンSは成分、添加物まで全く同じ。
  • 効果はほぼ同じだが、用法用量はロキソニンとロキソニンSでやや違いがある。
  • 3割負担の場合、ロキソニンとロキソニンSの金銭的負担はそう変わらない。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする