年賀状のお返しはいつまでか、配達日時や送れる期限についても

この記事は約 7 分で読めますよ。

年賀状が送られてきたけれど「あれ、こっちから送ってない」って焦る、割とよくあることです。
そんな場合に年賀状を出して大丈夫なのか、年賀状はいつまで使えるのか気になるところですよね。



年賀状のお返しはいつまでに届けばいいの?

以前に、年賀状の再利用についての記事を書きましたが、年賀状は郵便局で普通のハガキなどに交換できますし、お正月以外でも普通に使えます。

ただ、年賀状を出すのを忘れていたみたいな状況で、普通に使っても大丈夫なのかってのはちょっと困るところですよね。
年賀状をいつまで出せるのか、こちらの答えは「特に期限はない」ですが、もらった方が違和感であったり不快感を感じないようにするには、お正月の間に届くようにしないといけません。

「去年はお世話になりました、今年もよろしくお願いいたします」という気持ちを表すための道具が年賀状なので、お正月以降に届くようでは遅いんですよね。
では、具体的にお正月はいつなのか、こちらは法律などで明確に決まってはいないのですが、よく言われるのが以下の2つです。

  • 三が日まで
  • 松の内まで

三が日は1月1から1月3日のことなのですが、こちらだと年賀状を出す時にちょっと困りますよね。
1月3日に年賀状を受け取ったのなら、どう頑張ろうが相手の元に年賀状が届くのは三が日を過ぎてますから。

松の内は、こちらの初詣の記事でも少しだけ話題が出てきましたが、1月7日、もしくは1月15日までのことです。

マンションとかアパートが多いエリアだと最近はなかなか見かけないですが、お正月の定番アイテムが門松ですね。
松の内はこの門松を飾っておいてもいい期間のことで、松の内までなら一応はお正月扱いしても大丈夫って感じです。

ただ、こちらの松の内もエリアによって時期が異なっていて、関東だと1月7日が主流なんですね。
どちらが本当の松の内か、これは誰かが明確に決めてくれない限りは決着しませんが、さすがに1月15日に年賀状が届いても困ると思います。

1月15日だと、すでにお正月の次の休日である成人の日も終わっているわけですから、年賀状に関しては1月7日説を採用した方が無難ですね。
明確に決まっていない以上は断言はできませんが、1月7日までに届けば年賀状を使ってもいいと考えてください。

スポンサーリンク

年賀状の配達っていつまでに届くものなの?

1月7日までに届けば年賀状でも大丈夫、これだけで問題は解決はせず、次の問題は「じゃあいつまでに出せばいいの?」ってことです。
相手がどこに住んでるかにもよるのですが、3日間くらいは見込んでおいた方が無難ですね。

1月1日にポストに投函したのなら、相手の元に着くのは早くて1月4日くらい、下手すれば1月5日か6日くらいにずれ込みます。
1月4日以降に出すとギリギリ1月7日に着く可能性はありますが、ちょっと危険なラインですね。

あと、1月3日の昼間くらいにポストに投函すれば1月7日までに到着する可能性は高いですが、ここで気を付けておきたいのが日曜日の存在なんですよ。
日曜日は一部の郵便局を除いて休みなので、仮に郵便物が郵便局の方まで来ていても配達はされません。

だから、年賀状を投函してから届いて欲しい日までに日曜日があると、ずれ込む可能性が高まるんですね。
1月7日が日曜日の場合は特に危険で、1月6日までに間に合わなければ残念ながら到着は1月8日になるはずです。

これも計算して年賀状を使う必要があるのですが、年賀状を1月7日までに届けたければ遅くても1月3日の昼くらいには投函してください。
できれば、配達の遅れや日曜日のことも見越して、1月1日に来た年賀状のお返しは1月1日のうちに投函しておくのがベストです。

1月2日や3日に年賀状が届いて、急に送る必要が出てきた場合は難しい判断になりますが、あえて年賀状を使わない手もあります。

年賀状はいつまで送れるの、間に合わなければどうするの?

上の松の内の話題とも関係してきますけど、じゃあ松の内までに返事ができないならどうすれないいのかってところです。
「別に関係性が途切れてもいいや」って場合はそのまま返事をしないのも手なのですが、それができない場合は何らかのリアクションが必要ですよね。

どう考えても今から送ったら1月8日以降に相手に届く、こんなケースでは年賀状を使えないので、その場合は年賀状ではなく寒中見舞いの形で送るのが正解です。
松の内が明ける1月8日から、2月4日頃の立春(2月4日が多いですが2月3日や2月5日の年もあります)までに相手に届く、健康を気づかった手紙が寒中見舞いですね。

こちらの暑中見舞いの記事でも寒中見舞いと喪中の話題について触れていますが、喪中であっても問題なく出せるように細かい条件を気にしなくていいのが寒中見舞いのメリットですよ。

1月7日までに年賀状が届くかどうか分からなくて、もしかしたら間に合わず相手に失礼になるかも、こんなケースでは無理に年賀状を出すよりわざと時期を遅らせて寒中見舞いに切り替える方が確実です。
ただ、フォーマットが決まっていて作りやすい年賀状と比べると、何を書いたらいいか困るのが寒中見舞いの難点ですね。

私も寒中見舞いを出したことがあるのですが、時候の挨拶とか何を書けばいいのって相当に悩みました。
年賀状の方が楽なのは間違いないので、どうしても返事を出す必要があるなら早めに年賀状で対処する、間に合わない可能性があるなら頑張って寒中見舞いを書く、こんな感じで判断するといいですよ。

まとめ

1月2日とか1月3日とかに来る年賀状って割と多いので、返事をどうするか悩んじゃうものです。
年賀状と寒中見舞いをうまく使い分けて、相手に失礼のないように対応してくださいね。


この記事のポイント
・年賀状が届いて失礼に当たらないのは、1月7日まで。
・お正月以降、年賀状を出して届くまで最低でも3日はかかると思った方がいい。
・1月7日に間に合いそうにないなら、年賀状ではなく寒中見舞いで対応したい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする