鏡餅はいつ下げる、片付けをするタイミングや食べる日について

この記事は約 7 分で読めますよ。

お正月に欠かせないアイテムが、鏡餅ですね。
鏡餅とみかんの組み合わせがないとお正月って感じがしないものですが、鏡餅をいつ下げるのか、タイミングで困ることも多いと思います。



鏡餅はいつ下げるものなの?

昔は鏡餅と言えばどっしりとした大きなものしか見かけませんでしたが、最近は小さめのミニ鏡餅も多いですよね。
ただ、大きくても小さくても下げるタイミングは変わりませんから、これはいつの時代も共通の悩みと言ってもいいでしょう。

鏡餅を下げるタイミングは鏡開きの日で、神様に供えていた鏡餅を下げて食べることを鏡開きと呼びます。
タイミングが分かりきっているら話が早いと感じるかもしれませんが、厄介なことに鏡開きの日時って明確には決まっていないんですよね。

元々は旧暦の1月20日が鏡開きの日だったのですが、徳川幕府の3代将軍、徳川家光が4月20日(旧暦)に亡くなりました。
旧暦の20日は徳川家光の月命日(月は関係なく、亡くなった日と同じ日のこと)になったので、鏡開きが(旧暦の)1月11日に移動したんです。

鏡開きは元々は武家の風習だったので、将軍が亡くなった日に鏡開きをするのは問題だったのだと思われます。
旧暦から新暦に変わった今でも、1月11日を鏡開きの日とするケースが多いのですが、違う場合もあるんですね。

地域によって鏡開きの日は違うので、その地域で伝わっている鏡開きの日を調べないといけません。
そもそも、お正月は年神様(お正月にそれぞれの家にやって来るとされている神様)を迎えるための行事で、鏡餅も年神様に供えるものです。

より細かく言えば鏡餅は年神様が宿るものだとされてきたので、いつまでも放置しては年神様がお帰りできない、だからこそ年神様を送るために鏡開きという行事が生まれたんですね。
こちらの年賀状の記事でも触れたように、松の内までがお正月とされていて、だからこそ松の内が明けてから鏡開きが行われます。

松の内も地域によって違うのですが、関東は1月7日までが松の内もなので、1月11日が鏡開きというのは自然な感じですね。
一方で、松の内が1月15日までの地域の場合、鏡開きもずれ込み1月20日に行われる場合が多いです。

スポンサーリンク

関東では1月7日までを松の内、関西では1月15日までを松の内とする地域が多く、1つの目安にはなりますね。
ただ、京都のように1月4日に鏡開きを行うような地域もある(理由は不明)ので、最終的には住んでいる地域について詳しい年長者に尋ねてみるのが確実ですね。

鏡餅の片付けはいつ、他の正月飾りとの違いは?

最近は気軽に飾れるミニ鏡餅がよく使われていて、お正月の飾りなどもあまり見かけない印象です。
お正月に近所を歩くと、一軒家だと門松を出しているところもまだまだ多いので、マンションに住んでいるからあまり見かけないと感じるのかもしれませんね。

門松やしめ縄などの正月飾りをいつまで飾っておくかですが、これは鏡餅とは違って松の内までです。
上で松の内の時期は地域によって違うと説明しましたが、それぞれの松の内の時期に合わせてくださいね。

このような片付けって、なるべく1日に集中してやっておきたいところなのですが、鏡餅だけはちょっと時期がずれるんです。
地域によっては松の内と鏡開きの時期が一致しているところもああるのですが、基本的には松の内が明けてから鏡開きという流れです。

そのため、まずは門松やしめ縄といったものから片付けて、最後に鏡開きでお餅を食べてお正月の気配がなくなるケースが多いですね。
鏡開きが1月20日くらいだと、もうお正月っぽさはほとんど感じられないかもしれませんが、お正月の最後を飾る行事としてお餅を食べてください。

鏡餅はいつ食べる、早めに手を付けたらダメなの?

鏡開きは上で触れたように年神様にお帰りいただくための行事ですが、年神様が宿っている鏡餅は神秘的なパワーが宿っていると考えられてきました。
年神様にお帰りいただいて、さらに年神様の力が宿っている鏡餅を食べて無病息災を願うのが鏡開きという行事なのです。

鏡開きと言えば甘いおしるこですが、別におしるこじゃないといけないとかそういうのはありませんよ。
昔は本当に鏡餅をそのまま使っていたのですが、切り分けられたお餅が真空パックに入っているタイプの鏡餅が主流なので、好きなようにお餅を使っちゃって大丈夫です。

鏡餅を食べるタイミングは上で書いたように、その地域の鏡開きの日ですが、鏡開きの前に食べちゃったらどうなるのか気にならないでしょうか。
年神様が宿るのが鏡餅ですが、松の内の期間内に食べてしまっては神様が来ている時に無理にお帰りいただくと解釈ができますね。

年神様のパワーが足りていないとかそういう理由もありますけど、単純に神様に対して失礼な行為なのでやめておきましょう。
鏡餅を飾っているなら、必ず鏡開きの日まで待ってからおしるこなどにして食べてくださいね。

まとめ

鏡餅をいつ下げるのか、いつ食べるのか、これはお正月の行事の中でも迷いやすいポイントです。
昔ながらのお正月の印象が消えつつあるのかなとも思ってしまいますが、ぜひこの記事を参考にして、鏡開きでお餅を楽しんでくださいね。


この記事のポイント
・鏡開きに合わせて鏡餅を下げるが、鏡開きは地域によって日程が違う(1月11日が多い)
・松の内までに門松やしめ縄を片付けるので、鏡餅だけが最後に残るケースが多い。
・鏡餅を食べるのは鏡開きの日、松の内の時点で食べてはいけない。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする