バレンタインに自分チョコを男が買う時のおすすめブランドは

この記事は約 7 分で読めますよ。

バレンタインデーと言えば、女の子のためのお祭り的な感じになってますよね。
私たち男性としては基本的に受け身でいるしかないのですが、あえてチョコレートを自分で買いに行くなんてのもいいものですよ。



バレンタインに自分チョコを男が買っても大丈夫?

そもそも、私たち男性がバレンタインデーにチョコレートを買っていいのか、そこが気になるかもしれませんが、全く問題ありません。
海外でもバレンタインデーはありますが、男性から女性に対して想いを伝える日なんですよね。

チョコレートを贈る風習も特にありませんし、日本のバレンタインデーは原型は全くありません。
結局のところ、バレンタインデーもお菓子メーカーの策略と言ってしまえばそれで済む(ただ、由来は今ひとつはっきりしていません)話なのですが、チョコレートが売り出されているわけですから乗っかってもいいんじゃないかなと思いますよ。

自分チョコなんて言葉もありますが、チョコレートが好きなら男だって自分チョコを買ってもいい、これは大いに主張していきたいですね(もちろん、苦手なら無理に買う必要はありません)
チョコレートを男が買っても問題ない、では次に問題になるのは何かと言えば、実際にチョコレートを買うのがハードルが高いって点です。

百貨店などのチョコレート売り場ってニュース映像でよく流れますけど、あれを見ただけでも女の子だらけで「え、あの中に行くの?」って思ってしまいますよね。
何の罰ゲームだよって気になるかもしれませんが、普通にチョコ売り場に行く男性も珍しくはありませんよ。

中には「何で男がいるの?」みたいな感じの女の子がいるかもしれませんが、大半の女の子はチョコ選びに夢中なのでそんなに心配する必要はありません。
熱気というか、女の子のバレンタインデーにかける意気込みってすごいものがありますから、男性が混じってようがどうでもいいんですね。

売り場で実際にチョコレートを見て購入するのがおすすめではあるのですけど、それでもやっぱり恥ずかしいって思ってしまうのは仕方がありません。
私も、20代前半くらいの時に「チョコ売り場に行っても大丈夫だから」って言われてたら、信用せず拒否していたと思いますね。

「モテないから1人でチョコレート買ってるのかよ」とか思われたらどうしよう、そんな風に考えてしまうものです。
自分チョコはお手軽に買えるものではなく、なるべくいいものを選びたいのですが、今は通販でも十分にいいチョコレートが手に入りますよ。

あまりに有名過ぎて逆に陳腐になっている感はありますが、高級チョコレートの代名詞的なゴディバだって普通にオンラインショップがありますしね。
楽天などの通販サイトではバレンタインデーに特集も組まれるので、チョコ売り場に行くのが厳しいなら通販で購入するのがおすすめです。

スポンサーリンク

バレンタインの自分チョコのおすすめってあるの?

女の子からもらいたいチョコレートと、私たち男性が自分で食べたいチョコレートってちょっと違うんですよね。
個人的には、女の子からもらうならブランド力を含めて、どれだけ真剣に選んでくれたかが重要な気がします(味は二の次ですかね)

手作りだってブランド力と言えますし、そういうチョコレート本体以外の要素も入ってきますが、自分チョコで必要なのはシンプルに味です。
自分へのご褒美ですから味、食べごたえが何より重要で、ここからは個人的におすすめしたい男性の自分チョコを紹介していきます。

いきなり変化球気味なところから紹介しますが、まずは北海道のメーカー「ルタオ」のショコラドゥーブルです。



ルタオはチーズケーキが有名なのですが、ショコラドゥーブルはチーズケーキ+チョコケーキみたいな感じで、このチーズとチョコレートの後味が最高なんですね。
ちょっと1つ1つが小さいですが、ルタオの純粋なチョコレートだとピラミッド型のロイヤルモンターニュがいいですよ。

こちらもある意味では定番なのですが、神戸発「神戸フランツ」の工具チョコレートはやっぱり男心をくすぐられるものがありますね。
レンチやペンチ、ドライバーなどの工具の形をしたチョコレートは、見た目だけでも一気に引き込まれます。

まさに技術の無駄遣い的な見た目のチョコレートですけど、味や食感のレベルも高くて、男性の自分チョコとしては最適です。

バレンタインで男向きのブランドって?

海外のブランドだと、スイス発「リンツ」のリンドールは個人的におすすめのチョコレートです。
こちらは女の子からもらっても「おっ」と思うブランドなのですが、リンドールは舌触りが高級チョコレートにふさわしく、至福のひとときを楽しめますよ。

リンドールは見た目が丸い点、それとフレーバーが多くある点が特徴で、好みの味を選べます。
最も定番なミルクは甘いチョコレート好きなら押さえておきたく、ダークやエキストラ・ダークは大人向けのビターなフレーバーですね。

もう1つ、海外ブランドのチョコレートでおすすめしたいのがベルギーのブランド、デルレイです。
こちらのショコラ(チョコレート)はダイヤモンド型など見た目が特徴的で、複数のショコラをまとめたショコラセレクションは自分チョコとしてピッタリですよ。

まとめ

男性でも、甘いものが好きならチョコレートを自分で購入して、バレンタインデーを楽しみましょう。
お店やブランドは無数にあるのでどれを選ぶかは悩むポイントですが、私のおすすめのチョコレートもぜひ参考にしてくださいね。


この記事のポイント
・男性が自分チョコを買っても問題ない、恥ずかしいなら通販を利用しよう。
・国内ブランドのおすすめは「ルタオ」や「神戸フランツ」
・海外ブランドのおすすめは「リンツ」や「デルレイ」
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする