結婚の不幸の特徴は、お金など相手に依存しない生き方がポイント

この記事は約 7 分で読めますよ。

世界には、結婚に関する悪い意味での格言が色々とあります。
日本でも「結婚は人生の墓場」なんて言葉がありますが、どうして結婚で不幸になるケースが多いのでしょうか。



結婚の不幸の特徴ってあるの?

私は結婚はしていないので「そんな奴が何を言っているんだ」と感じられるかもしれませんが、自分なりの根拠はあります。
あくまで個人的な考えではありますが、私は結婚生活がうまくいかない原因は「対等でない」ことにあると思っているんですね。

以前にアドラー心理学の記事を書きましたが、このアドラー心理学は横の関係(上下関係ありの縦の関係ではなく、対等な関係)を築いていくためのバイブル的な心理学です。

対等でないこと、結婚生活、この2つが結びついたのは間違いなくアドラー心理学の影響がありますが、やっぱり対等でない関係が何年も続くとは思えないんですよね。
亭主関白とか恐妻家とか、家庭内でのパワーバランスが偏っている特徴を指す言葉がありますが、この状態って間違いなく立場が弱い方は不満を感じるはずです。

こう言ってはなんですが、奴隷みたいな扱いをされたら自宅に帰りたいなんて思いませんよ。
部活だったり会社だったり、日本は縦社会が一般的ですが、この辺りが影響しているのかプライベートでも主導権を握ることにこだわるタイプは多いですしね。

海外については未知数なので比較はできませんが、恋愛でも主導権争いってよくあるじゃないですか。
好きな相手を下に置くことに優越感みたいなものを感じるのかもしれませんが、この時点でだいぶ関係性がおかしなことになっている気がします。

女性は家事や育児をする機械みたいに扱われる、男性はATMみたいに扱われるみたいな不満をよく聞きますが、相手を下に見ているからこそ支配下に置いて自分の思い通りにしようってケースが後を絶たないのではないでしょうか。

結婚してお金があっても不幸になる?

これはあまりしたい話ではないのですが、私の身近なところに働きに出る夫と専業主婦の妻の夫婦がいました。
こんな結婚の不幸の話をしているわけですから、ほっこりする話にはならないのは分かるでしょうが、関係が破綻したとだけ言っておきます。

妻は離婚をしたがっていたのですが、収入がないためにズルズルと時間だけが経過していたんですね。
この話はオチとかそういうものはないのですが、何でこの話をしたかと言いますと、婚活に励む女性って多いじゃないですか。

スポンサーリンク

もちろん、婚活に前向きな男性も多いのですが、やっぱり年収とかそういうのを気にするのは女性ってイメージです。
お金持ちと結婚して専業主婦で安泰、みたいな考えを持っているのでしょうが、これってすごく危険だと思うんですよね。

上の例でも分かるように、収入がない状態ってどうしても相手の言いなりになりやすいんです。
相手がお金を自由に使わせてくれるならともかく、そうでないなら完全に首輪をつけられた状態ですよ。

もし、結婚してから別れたいって思っても収入がないから自立しにくく、我慢しているうちにどんどん不満だけが溜まるなんてケースは世の中に多いですしね。
この状態も「対等ではない」のですが、より正確に言うならこのケースは「依存」が問題ですね。

収入面で完全に相手に依存していると、相手から下に見られるなんて悪循環も生まれやすくて、長期的に見ればいいことなんて皆無に近いと思います。
経済的な話だけでなく、旦那が奥さんに家事や育児を全て押し付けて自分は何もしない、これも「依存」です。

相当にお金をもらっているので不満を感じないという奥さんもゼロではないとは思いますが、やっぱり「何で家事や育児を手伝ってくれないの」的な不満が出るのは当然のことです。
収入や家事など何かを一方的に相手に押し付ける、これが不幸の原因の1つだと私は考えています。

結婚しないのは不幸なの?

結婚なんてしないのが正解みたいな意見も割とよく聞かれますけど、結婚しないのが不幸、結婚しないのが幸せ、どちらも正しいとは思いません。
ここは割と落とし穴なんですが、結婚したから不幸になるわけじゃなくて、結婚前の時点で不幸の原因を作っているケースって多い気がします。

「結婚したら幸せになれる」的な思考って、現時点では幸せではないって言っているように感じられるんですよね。
現時点で幸せではないから結婚する、これは「結婚相手から幸せをもらおうとしている」という依存的な考えです。

だからこそ、結婚生活で理想の幸せが得られないと「何で結婚したのに不幸なの」って思っちゃうんですね。
この辺りの考え方はそれぞれですけど、私は自分自身を幸せにできるのは自分だけだと思っています。

自分だけで幸せを感じられないなら、最終的には幸せを相手に求めすぎて破綻するのがオチではないでしょうか。
少し話はそれましたが、現時点で幸せでないなら結婚しなくても結婚しても不満を感じると思います。

慰謝料とかそういう離婚時のリスクを避ける意味では、結婚しないのが正解とも言えなくはないのですが、結婚しない方が幸せというのはちょっと違うかなと感じますね。
恋人との交際がなくても幸せ、そんな状態からさらに幸せを掴んでいくのが理想で、一発逆転を狙うのは個人的にはおすすめしません。

結婚を考えるならまず自分自身が相手を見下さず対等に付き合う、そして同じように対等に付き合ってくれる相手を探すのがいいと思うんですよね。
正直なところ、そんな相手を探すのは年収1000万の相手を探すより難しい気はするのですけど。

まとめ

結婚してから不幸が生まれるというより、結婚前からすでに不幸の原因ができあがっているというのが個人的な結論です。
性別に関わらず、現時点で幸せを感じられないならまずは自分自身を何とか変えていくのが重要ですよ。


この記事のポイント
・対等でない結婚生活は破綻の原因になりかねない。
・お金などの面で相手に依存するのも問題。
・幸せになるために重要なのは自分自身。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする