確定申告の期間はいつからいつまで、納付が遅れた場合はどうなる

この記事は約 9 分で読めますよ。

初めての確定申告、これは相当に緊張します。
いつからいつまでに申告すればいいのか、納付はどうすればいいのかとか気になりますよね。



確定申告の期間はいつからいつまでなの?

確定申告には、法人が所得を申告することも含まれているのですが、この記事では個人向けに書いていきます。
給与所得(働くことで会社からもらうお金)で生活している、いわゆるサラリーマンの場合は年末調整があるので、基本的に確定申告は不要です。

その辺りの税金面での手続きは会社の方がやってくれているのですが、フリーランスや個人事業主は自分で税務署に手続きしないといけません。
サラリーマンでも、副業をしていたり不動産収入があるなどの理由で給与所得以外の収入が年に20万円以上あるなら、年末調整とは別に確定申告しないといけませんよ。

給与所得以外の所得がどれくらいあるのか、どれくらい納税するかを自己申告するのが確定申告で、期間は毎年2月16日から3月15日までですね。
確定申告の対象となる所得は前年の1月1日から12月31日までのもので、2018年を例にすると確定申告するのは2017年1月1日から12月31日までの1年間の所得です。

個人事業主やフリーランスの場合、前年の所得が38万円以下なら確定申告をする必要はありません。
収入から各種控除を差し引いて、最終的に残る所得に対して税金がかかるのですが、この各種控除の中に基礎控除というものがあるんですね。

基礎控除は誰でも利用できる控除で、無条件で38万円が収入から控除されますから、年収が38万円以下なら基礎控除を差し引くだけで所得が0円になり支払う所得税も0円です。
ただ、確定申告をしない場合は住民税の手続きは自分でしないといけません(所得0円でも住民税を支払う場合がある)し、税務署からすれば空白期間を不自然に感じることがあるかもしれません。

恥ずかしい話なのですが、私は会社を辞めてから基礎控除以下しか稼げなかったことがあり、所得0円で確定申告をしたことがあります。
もしかしたら税務署の職員さんも「何だこいつ、高校生のアルバイト未満か」みたいに思っていたかもしれませんが、所得0円だからって特に何か言われることもありませんでしたよ。

個人事業主やフリーランスの場合、まるでお金を稼げないなんてことが平気でありますが、個人的には稼げなかった場合も確定申告はした方がいいと思いますね。

確定申告の期間と納付の期限って関係あるの?

確定申告は「去年の収入はこれで最終的な所得はこうです、だから所得税などの税金をこれだけ支払います」と税務署に対して書類を提出することですが、当然ながら書類を提出して終わりではありません。
税金をこれだけ支払いますよ、と申告しているわけですから、期限内に納税しないといけませんね。

税金の種類、支払い方法によって期限が異なっているのでややこしいですが、確定申告後に支払う税金はこの3種類です。

  • 所得税及び復興特別所得税 期限3月15日
  • 消費税及び地方消費税 期限3月31日
  • 贈与税 期限3月15日

相続税は確定申告しないといけないような雰囲気がありそうですが、相続税の申告は確定申告とは別ですね。
そして次に納税の方法についてですが、税金を支払うための方法は以下の5種類があります。

  • 現金での支払い
  • 口座振替
  • ダイレクト納付
  • インターネットバンキングからの納付
  • クレジットカードでの納付

これらの支払方法のうち、例外なのが口座振替で、上で書いた期限とは関係なく4月中旬に引き落としがあるんですね。
ただし、贈与税に関しては口座振替で対応できないので、利用できるのは所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税です。

スポンサーリンク

口座振替は確定申告時に口座情報などを届け出る必要がありますが、私はこちらを利用していますよ。
お金さえ口座にあれば自動的に引き落としされますし、3月にどうしてもお金が足りないようなら4月に支払える口座振替を利用するのも1つのテクニックです。

口座振替以外の方法で納税するなら上で書いた期限、3月15日と3月31日までに納税を済ませないといけません。
確定申告が3月15日までですから、もし最終日に申告して口座振替でないならその日に支払う必要があるのです。

現金での支払いは、確定申告を終えてから納付書と合わせて現金で支払う方法で、税務署や銀行などの金融機関など納付書があるところで利用できます。
納税額が30万円以下ならコンビニでも現金払いで納税できますが、このケースでは確定申告の時にバーコード付きの納付書をもらわないといけませんね。

ダイレクト納付、インターネットバンキングやクレジットカードでの納付は電子納税とも呼ばれています。
これらのうちダイレクト納付、インターネットバンキングからの納付はe-Tax(オンラインで確定申告ができるサービス)の利用が前提で、事前に税務署に届け出ないといけないのが面倒ですね。

クレジットカードでの納税は、オンラインショッピングするみたいにクレジットカードで支払う方法で、事前の届け出も必要ありません(民間の委託会社が決済を担当しています)

確定申告の期間と納税が遅れた場合に起こること

この確定申告後の納税の怖い点は、税務署から「何月何日までに支払ってください」的な連絡がないことですね。
注意があるなら忘れたりしないのですが、確定申告が終わったら連絡はないので、納税を忘れてしまうなんてケースも多いようです。

税務署を扱った物語って色々とありますが、その影響か税務署って恐ろしいイメージがあったんですよね。
今まで確定申告でトラブルがあったことも税務調査が来たこともないので、恐ろしいかどうかは分かりませんが、納税を忘れた場合は割と恐ろしいことになります。

今はレンタルビデオ店がだいぶ減っているのですが、納税しないとレンタルビデオを返し忘れた時みたいにどんどん延滞税が加算されるんですね。
期限の翌日から延滞税は積もっていき、期限から2ヶ月までの利率は年2.7%というなかなかの数字です(2017年現在)

もう少し詳しく説明すると、利率は年7.3%か、特例基準割合+1%のどちらか低い方が適用されるのですね。
特例基準割合は年によって変わり、2017年の場合は1.7%なので、1.7%+1%の2.7%の方が低いから2.7%というわけです。

ここまでは厳しいもののまだ何とかなる利率ですが、期限から2ヶ月が過ぎると利率は年14.6%か特例基準割合+7.3%のうち低い方に変化するんですよ。
2017年の場合は1.7%+7.3%の9%の方が低いので、9%という住宅ローン真っ青の利率で税金が膨らみます。

忘れていたでは済まされない大怪我をする恐れもあるので、確定申告が終わったら忘れずに納付しましょう。
所得税及び復興特別所得税、それに相続税は延納という納付期限を延長してもらうシステムがあるので、どうしてもお金が足りなくて苦しいなら税務署員さんに相談してくださいね。

まとめ

確定申告はいつからいつまでなのか、どうやって納税するのか、私も初めての確定申告の時はそういうところから調べました。
確定申告も納税も忘れたら大変なので、期間はしっかりと調べておきたいポイントですよ。


この記事のポイント
・確定申告の期間は、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月。
・所得税と相続税は3月15日まで、消費税は3月31日までに納付する。
・納付が遅れた場合には相当に高い利率で延滞税が加算されていく。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする