市販の睡眠薬は安全なのか、効果や副作用について詳しく解説

この記事は約 8 分で読めますよ。

まるで眠れない、寝付きが悪い、そんな睡眠の悩みから体調を崩すケースも珍しくはありません。
今はドラッグストアでドリエルなど睡眠に関する薬も売られていますが、本当に安全なのかは気になるところだと思います。



市販の睡眠薬って安全なの?

そもそもの問題として、ドラッグストアで売られているのは実は睡眠薬ではないんですよね。
「睡眠に関する薬は睡眠薬だけじゃないの?」って思ってしまうかもしれませんが、睡眠に関する薬は以下の3つがあります。

  • 睡眠薬
  • 睡眠導入剤
  • 睡眠改善薬

睡眠薬と睡眠導入剤は病院で処方される薬で、現在の日本では処方箋なしでは手に入りません。
この2つは明確な違いはないのですが、寝付きが悪い状態を改善するために短時間で効果が出るものが睡眠導入剤と呼ばれる傾向がありますね。

ドラッグストアで売られているのは全て睡眠改善薬ですが、この睡眠改善薬は正式な医学用語ではありません。
ただ、多くのメーカーが「睡眠改善薬」のフレーズを使って販売しているので、この記事でも睡眠改善薬として書いていきたいと思います。

病院で処方される睡眠薬や睡眠導入剤と、市販の睡眠改善薬を比べた場合の違いは、まず安全性の面が挙げられますね。
睡眠薬や睡眠導入剤は危険な面もあり、一部の薬は悪用されると危険だという理由から外国に持ち込めないものもあるんです。

ただ睡眠を助けるだけではなくて、睡眠薬や睡眠導入剤は精神に作用する向精神薬に分類されていますから、医師がしっかりと診察した上でないと服用はできません。
それに比べれば市販の睡眠改善薬は安全性の面では優れていて、向精神薬のように精神に作用する成分は全く含まれていません。

市販の睡眠薬の効果は?

安全でも効果がなければ薬を買おうとは思わないので、次に見ていくのは効果ですが、とりあえずは最もメジャーな睡眠改善薬であるドリエルの成分をチェックしましょう。

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg

ジフェンヒドラミン塩酸塩を除くと添加物しか含まれていない、非常にシンプルな薬です。
このジフェンヒドラミン塩酸塩がどんな効果を持っているかですが、代表的なのはヒスタミンを抑える働きですね。

アレルギーに悩まされているならヒスタミンってフレーズに聞き覚えがあるかもしれませんが、ヒスタミンはアレルギーの原因になる成分です。
このヒスタミンは誰しも持っているのですけど、何らかの原因で活発になるとくしゃみや鼻水などのアレルギー反応が出てきます。

このヒスタミンを抑えるという性質上、ジフェンヒドラミン塩酸塩は風邪薬や鼻炎薬によく含まれているんですよね。
ここまで睡眠に関する話が全く出てきませんでしたが、ジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用の1つに眠たくなるというものがあります。

こちらのバファリンの飲み合わせの記事でも、鼻炎薬の抗ヒスタミン剤と合わさると眠気の副作用が出やすいと書きましたね。

鼻炎薬では単なる副作用だった眠気ですが、ドリエルではその副作用の効果をメインにしているんですよ。
ちなみに、鼻炎薬としてドラッグストアでもよく見かけるアレグラの成分はこんな感じなんですね。

スポンサーリンク
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩 120mg(1日分である2錠の数字)

含まれている量とか添加物では違いがありますけど、成分だけを見るとドリエルと全く同じです。
これはドリエルに限った話ではなく、ナイトールやマイレストSといった他の睡眠改善薬も、ジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分なんですよね。

だからか、実はジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれている鼻炎薬をそのまま睡眠薬代わりにするなんて方法もあります。
ちょっと話が逸れましたが、睡眠改善薬の効果はどんなものかと言いますと、当然ながら睡眠薬や睡眠導入剤と比べたらかなり弱いですね。

鼻炎薬で眠たくなった経験があるなら、あれをイメージしてもらえればその効果は予想できると思います。
また、睡眠改善薬は抜群に効果がある場合と、まるで効果がない場合に極端に分かれ、不眠の原因によって効果はだいぶ異なりますね。

一時的に興奮気味なので落ち着きたいといった場合には効きやすいですが、ゆっくり眠れるような環境ではない場合や、痛みなど他に不眠の原因がある場合にはほとんど効果はありません。
ヒスタミンは脳を覚醒させる効果もあるので、それを抑えることで眠気が出てくるわけですが、逆に言うならそれ以外の効果はないんですよね。

だから、環境的な問題だったり、慢性的な寝不足の場合はそれほど効果は期待できないんです。
慢性的なストレスなど、不眠の原因がはっきりしているならそちらをどうにかしないと不眠はなかなか治りません。

市販の睡眠薬はどんな副作用があるの?

鼻炎薬で眠たくなることはあっても、それ以外の副作用ってあまり聞いたことがないのではないでしょうか。
一応、ドリエルにも発疹やかゆみ、胃痛やめまいなどの副作用の注意書きはありますが、副作用が出ることはほとんどありません。

上の方でも書いたように、安全性の面で優れているので、飲んで大きな副作用が出るとは考えにくいですね。
ただ、睡眠改善薬は毎日のように使う薬ではなくて、効果がないなら服用を中止しないといけません。

最初は効果があったのに効き目がなくなってきた、だから増やすみたいな使い方はダメなんです。
あと、副作用とは少し違いますが、睡眠改善薬は睡眠の質を向上させるような働きはないので、眠れるけれどもまるで疲れが取れないというケースはあります。

上のバファリンの飲み合わせの記事でも書きましたが、効果や副作用がかぶっている薬を使うのは非常に危険です。
睡眠改善薬の場合、鼻炎薬や風邪薬、痛み止めを合わせて使ってはいけませんので、使う時は飲み合わせに注意してくださいね。

まとめ

市販の睡眠改善薬の成分は鼻炎薬と一緒なので、安心して使うことができるのは大きな魅力ですよ。
一方で、効果の方は抜群に優れているわけではないので、生活改善と合わせて不眠を改善するのが重要です。


この記事のポイント
・市販の睡眠改善薬は、処方箋が必要な睡眠薬や睡眠導入剤と比べると遥かに安全。
・睡眠改善薬は抗ヒスタミンの鼻炎薬とほぼ同じで、他に不眠の原因があると効果が薄い。
・副作用はほとんどないが、使い続けることや他の薬との飲み合わせには注意が必要。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする