バレンタインにチョコ以外を旦那にプレゼント、お菓子は甘みを抑える

この記事は約 7 分で読めますよ。

付き合っていた時、バレンタインはクリスマスと並んで特別なイベントだったはずです。
結婚すると昔ほどの気持ちはなくなるものかもしれませんが、旦那さんにプレゼントするのもいいものだと思いますよ。



バレンタインにチョコ以外を旦那さんにプレゼントして大丈夫?

バレンタインにチョコレートを旦那さんにあげているのか、世間の動きが気になるかもしれませんので、データを持ってきました。
2017年のバレンタインの時期に公開されたこちらの記事は、主婦の皆さんが旦那さんにチョコレートをあげているかを調査したものですね。

1位は手作りスウィーツとのことですが、2位にランクインしているのが「あげない」という4文字です。
この記事を書いている2017年は、旦那デスノートなるフレーズも耳にしましたが、なかなかゾクッとするものがありますね。

ただ、結果の方を詳しく見てみると、このように「あげない」勢の中に注目すべき回答がありました。

『甘いものより旨いものが好きな主人には、いつもより気合いの入った晩酌やおかずを作るようにしている』(40代/結婚10年目)

引用元:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Papimami_97418/

「あげない」の中には「プレゼントなんてしなくていいんじゃないの」的な声だけでなく、甘いものではなく別のものをプレゼントしているパターンもあることが分かりますね。
スイーツ男子みたいな甘いもの大好きな男性も多いですが、逆に甘いものが苦手な男性も多いです。

日本だと甘いものが好きだと軟弱みたいな風潮もゼロではありませんし、苦手になりやすいお国柄なのかなとも思いますね。
そういう男性と付き合うとバレンタインも苦労しますが、プレゼントは別にチョコレート以外でも全然大丈夫です。

こちらの記事でバレンタインの歴史について説明しましたが、日本でも昔はバレンタイン=チョコレートではなかったんですよ。

そんなわけですので、チョコレート以外に旦那さんが喜んでくれそうなものを贈ってみるのはおすすめです。

バレンタインのプレゼントってチョコ以外だと何がいいの?

料理以外に何かプレゼントを用意する場合、個人的にいいなと思うのはネクタイや財布ですね。
これが、恋人相手にチョコレート以外のプレゼントをするなら、手編みのマフラーやカーディガンとかそういうのもいいと思います。

中には個人事業主で自宅で仕事をしている旦那さんもいらっしゃるかもしれませんが、やっぱり会社勤務が多いと思いますので、手編みのものって使いにくいんですよね。
それなら、会社に行く場合でも使いやすいネクタイや財布辺りが旦那さんとしてはありがたいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネクタイは柄選びで悩むところですが、旦那さんが好きな色では選ばない方がいいと思います。
黒とかグレーとかその辺りが好きなら大きく外すことはないでしょうが、明るい色が好きだからといってネクタイも明るくすると、やっぱり浮いちゃうので。

「何だよその派手なネクタイ」みたいな感じで会社でいじられるなんてこともあるので、基本的には地味めでスーツに合う感じのものを選んであげてください。
これはあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、ネクタイを男性にプレゼントする場合は「あなたに首ったけ」みたいな意味合いもあるので、バレンタインデーのプレゼントとしては最適ですよ。

旦那さんがネクタイの柄にこだわりを持っている場合は、ネクタイではなくネクタイピンなんて選択肢もいいですね。
ネクタイピンって自分ではなかなか購入しないものですから、プレゼントとして喜ばれると思いますよ。

財布は長く使い続けているとボロボロになってくるので、旦那さんがずっと同じ財布を使っているなら財布もおすすめです。
他には、腕時計やアクセサリー類など、付けていてもそれほど目立たないものを贈ってみるのもいいですね。

バレンタインにチョコ以外のお菓子を贈るなら?

実用的なプレゼントもいいものですが、せっかくのバレンタインデーなのでお菓子を贈りたいという声もあると思います。
甘いものが苦手といっても程度はそれぞれ違うのですが、確実なのはしょっぱい系ですね。

チョコレートは苦手だけれども、ポテトチップスやかっぱえびせん。柿の種などは好きだって旦那さんも多いと思います。
スーパーで売っているような身近なお菓子はちょっと……って場合は塩サブレとかいいですよ。

塩サブレは見た目もオシャレなのでプレゼントとしては最適ですし、値段もさほど高くはありませんから。
ちょっとなら甘いものでも大丈夫って場合は、クッキーで攻めてみるのがいいと思います。

クッキーはお菓子の中では作りやすい方ですし、砂糖を入れずにドライフルーツの自然な甘みを利用して仕上げるのはおすすめです。
バレンタインと言えばやっぱりチョコレートなので、苦い系のチョコレートもありですね。

ブラックチョコレートまで行くと、甘いものが苦手な旦那さんでも受け付けないなんてことがあるので、ビターチョコ程度にした方が無難ですよ。
お菓子であっても甘くないものは色々とあるので、挙げたものを参考にして選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

せっかくのバレンタインデーなので、旦那さんに何かプレゼントしてみるのもいいと思いますよ。
甘いものが苦手ならだいぶ選択肢が狭まりますけど、それでもネクタイなどの実用品、甘くないお菓子など選択肢は色々とあるので、ぜひ気持ちを届けてくださいね。


この記事のポイント
・バレンタインはチョコレート以外のものを贈っても全く問題ない。
・旦那さんへのプレゼントはネクタイや財布など、実用的なものがおすすめ。
・お菓子を贈るなら塩サブレや甘くないクッキー、チョコレートが役立つ。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする