おたふく風邪の予防で大人はどんな方法が、手洗いやマスクは有効か

この記事は約 7 分で読めますよ。

大人がおたふく風邪にかかると危険、そんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
危険なものは予防でかからないようにするのが一番なのですが、おたふく風邪の予防は何をどうすればいいのか、今ひとつピンとこないですよね。



おたふく風邪の予防は大人ほど気をつけた方がいい?

おたふく風邪は流行性耳下腺炎とも呼ばれていて、耳の下にある耳下腺が腫れるのが代表的な症状です。
唾液を分泌するための唾液腺の1つが耳下腺で、ここはあまり頻繁に腫れるものではないのですが、化膿やウイルスが原因で腫れるケースはあります。

耳下腺が腫れ、その原因がムンプスウイルスの場合はおたふく風邪と呼ばれ、大人は重症化しやすいので危険なんですね。
合併症を引き起こすというのが危険な理由ですが、逆に子供の場合は合併症はほとんど起こりません(ゼロではありませんが)

子供より大人の方が免疫力は強いのですけど、そのせいで大人はウイルスに対して過剰に攻撃してしまい、高熱が出やすいのです。
あと、子供の頃と大人になってからの状態を比べたら、どうしても大人の方が色々な問題を抱えていますよね。

太ってしまったとか血圧が高いとか、そういう生活習慣病のような爆弾を大人は抱えているので、おたふく風邪でも合併症が起こりやすいと考えられています。
おたふく風邪自体も高熱でかなりきついのですが、合併症は難聴や男性の不妊など相当に危険なものもあるので、どう予防するかが重要です。

以前におたふく風邪の予防接種についての記事を書きましたが、予防接種をしておくのが確実ですね。

予防接種を受けたのか、子供の頃におたふく風邪にかかったのかよく分からない、そんな場合でも予防接種は受けられる(複数回やっても特に悪影響はないので)ので、秋のうちに予防接種を受けるのも手です。

おたふく風邪を予防する方法って?

予防接種が有効ではありますが、それ以外におたふく風邪を予防する方法がないかは気になるところですよね。
上で書いたように、おたふく風邪を引き起こすのはムンプスウイルスで、風邪やインフルエンザと同じくウイルス対策が効果的です。

ムンプスウイルスはかなり感染力が強いので、インフルエンザ並に大流行する年もあります。
以前のインフルエンザの記事では感染経路についても説明しましたが、ムンプスウイルスはインフルエンザウイルスと同じく接触感染と飛沫感染で感染するんです。

ウイルスに感染している患者さんは咳などで手にウイルスが付着している可能性が高く、患者さんが触ったところから感染するパターンですね。
インフルエンザウイルスと同様に、ムンプスウイルスでも電車の吊り革など不特定多数が触ったものから感染しやすいのです。

スポンサーリンク

むしろ、体内での増殖速度が速く、症状が出るまであっという間なインフルエンザウイルスと比べたら、発症まで時間がかかるムンプスウイルスの方が接触感染の危険性は高いですね。
自分でも気づいていないけれど、実はムンプスウイルスが体内に入っているなんてケースも多いですから。

飛沫感染は咳やくしゃみなどの飛沫(患者さんが出した水分)から感染するパターンで、こちらもかなり厄介ですね。
こちらのインフルエンザ対策の記事ではマスクについて書きましたが、冬場はおたふく風邪を予防する意味でもマスクは利用したいところです。

おたふく風邪が流行している、そんなニュースが聞こえてきたら用心のためにマスクをつけて外出してくださいね。
感染した場合に危険なのは大人ですけど、おたふく風邪にかかりやすいのは圧倒的に子供なので、おたふく風邪が流行している時期に学校など子供が多いところに行くならマスクは必須ですよ。

おたふく風邪の予防で手洗いは効果的?

風邪やインフルエンザと同じく手洗いは有効な予防法で、しっかりと手を洗いたいところです。
ムンプスウイルスはかなり感染力が強いので、効果が高いのはアルコールを使って消毒するやり方ですが、これはあまりおすすめできないんですよね。

最近は子供の免疫力が落ちているとも言われていて、過剰な手洗いなどで菌を落としすぎるのも原因の1つです。
菌の中には重要なものも多いので、消毒しすぎると免疫力が落ちる恐れもあるんですよね。

大人であっても菌が重要なのは変わりないので、こまめにアルコールを使っていては別のところに問題が起こります。
そのため、アルコールを使って消毒するのは本当におたふく風邪の流行が起こって危険な状態の時や、病院から帰ってきた時だけにして、普段は石鹸のみで対処するのがおすすめです。

石鹸でも菌をやっつけすぎる恐れはありますが、それでも回数を1日1回くらいに抑えればそこまで危険ではありません。
手のひらを中心として洗ってしまいがちですが、指の間のような見落としやすいところほど危険なので、しっかりと全体を洗ってください。

マスクと手洗いである程度は防げますが、それでも完璧ではないので、やっぱり大人がおたふく風邪を予防するなら予防接種は欠かせません。
抗体ができてしまえば以降はおたふく風邪にかかる心配はほぼない(再びかかるケースもゼロではないのですが、相当に確率は低いです)ので、抗体ができてるか不安なら予防接種を受けに行ってくださいね。

まとめ

おたふく風邪はある意味でインフルエンザよりも厄介なので、流行しているってニュースを聞いたら特に注意が必要です。
マスクや手洗いも有効ではありますが、予防法で最も確実なのは予防摂取なので、合併症の恐れを防ぐためにも予防接種を受けてみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント
・大人はおたふく風邪で合併症を起こしやすいので、予防が重要。
・おたふく風邪を起こすムンプスウイルスは感染力が強く、冬場はマスクを利用したい。
・普段は石鹸での手洗いで対応、最も確実な予防方法は予防接種。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする