お年玉の渡し方やマナーについて、ポチ袋やかける言葉についても

この記事は約 8 分で読めますよ。

子供の頃は嬉しかったお年玉、でも大人になってあげる立場に変わると意外と困るものです。
どういう風にお年玉をあげるのが正解なのか、どんなマナー違反があるのかを解説していきます。



お年玉の渡し方のマナーってどんなのがあるの?

まず困るのがいくら渡せばいいかで、お金がない時期にはお正月の出費って意外と痛いんですよね。
しかし、極端にお金が少なかったり、逆に多かったりするのは問題なので、相場を知っておくのが重要です。

相場通りに渡せばとりあえず金額の面で問題にはならず、このような感じで渡してあげてください。

お年玉の計算式
  • あげる子の年齢×500円

あげる子が6歳なら3,000円、10歳なら5,000円って感じで渡せば、大きく外すことはありません。
年齢×500円で計算すると3,500円、5,500円みたいにハンパになる年がありますが、硬貨を使っても大丈夫ですよ。

ホテルで4号室がないみたいに、お年玉で4,000円は避けた方がいいみたいな考えもあるのですが、これはそこまで気にしなくてもいい気はします。
ただ、受け取る側(両親)がどう思うかは分かりませんので、4,000円や4,500円になる8歳や9歳の時には思い切って5,000円にした方が無難ではありますね。

渡す額以外にも色々とマナーがあって、現金をそのまま手渡しするというのはやってはいけません。
お年玉は必ずポチ袋に入れて渡すのがマナーで、さらにポチ袋には渡す子の名前を書いてあげて、裏には自分の名前も入れておくのがベストです。

これはマナーというよりは心遣いに近いですが、やっぱり「自分にくれたんだ」って思えるものがいいですからね。
あと、誰からもらったのか分からなくなると困るので、自分の名前も裏に書いておきましょう(○○おじさんとか書くのは抵抗があるかもしれませんが、仕方ありません)

あと、あまりないケースではありますが、お年玉は目上から目下に渡すものなので、上司のお子さんに渡すのはダメだとされています。
これは非常に判断が難しいところですが、基本的にはあげない方向で、あとは反応を見つつ対応するしかありません。

お年玉はポチ袋に入れてどんな渡し方をすれば?

次のポイントはお札で、お年玉であげるお金は必ず新札を用意するのがマナーとされています。
「価値同じなんだから新札じゃなくてもいいんじゃないの」という気持ちはよく分かりますし、お世辞にも効率的な方法ではないですよね。

スポンサーリンク

私が子供の頃、お年玉もらった時もそれが新札かどうかなんて全く気にしていませんでしたから。
気持ちを込めるのが重要だから、など説は色々とありますが、実際のところどうして旧札じゃダメなのかははっきりしていないんですね。

だから、これはマナーというよりは、こんな感じの「何であの人はお年玉が新札じゃないのざますか(悪意あり)」的な無駄なトラブルを防ぐ意味が強いと個人的には思っています。
こう書くと非常に世知辛いですが、付け入る隙を与えないためにも新札の方が無難ではありますね。

ポチ袋にはお札を折りたたんで入れるわけですが、折り方は普通の三つ折りで問題ありません。
とは言え、折り紙みたいにしっかりと折り目をつけるのはNGで、軽く折りたたむくらいで大丈夫ですよ。

そして重要なのがお札を開いた時の向きで、開いたら表が出てくるように三つ折りにするのがポイントです。
お札は千円札、五千円札、一万円札のどれも肖像画がある方が表の面で、開いたら野口英世や樋口一葉は福沢先生が見えるようにしないといけません。

子供からすればお金がいくらなのかの方が重要ですから、そんな細かいところまで見ないはずですが、それでも親御さんが先に見るなんてことがあるかもしれませんし、一応は気をつけてくださいね。
具体的にどうすればいいかですが、まずは肖像画がある表の方を上にして、左、右の順番で折りたためばいいですよ。

折りたたんだ状態だと裏面の方が見えていますが、開けば表の肖像画が見えるので実際に折りたたんでから開けて確かめてみてください。
お札が複数ある場合は別々に折りたたんで重ねるのではなくて、まとめて折りたたむのがいいですね。

ポチ袋を表にした状態で、この折りたたんだお札を入れれば、完璧な仕上がりになりますよ。
そして上下についてですが、お札の上がポチ袋の入り口の方に来るように入れればOKです。

500円玉など硬貨をポチ袋に入れる場合も、取り出した時に表が見えるように入れるのですが、硬貨ってどっちが表か分かりにくいんですよね。
硬貨は製造年が書かれている方が裏、そうでない方が表なので「平成3年」とか年が書かれているのは裏です。

だから10とか100とか500とか、ローマ数字が並んでいる方は裏で、5円玉だけは数字が書かれている方が表ですね(5円玉に書かれているのは漢数字ですが)
こちらはお札以上に気にならないポイントだとは思いますが、一応は注意をしておきたいポイントですよ。

お年玉の渡し方でかける言葉や気をつけたいことって?

お金の準備もしてポチ袋に入れて準備万端なら、あとは渡すだけなのですが、意外とどんな風に渡せばいいか困るかもしれません。
言葉自体は特にひねる必要もなく、シンプルに「おめでとう」と言って渡せば大丈夫ですよ。

変にいじるとおかしなことになりかねないので、基本的には「おめでとう」だけでOKです。
言葉自体はそれほど気にしなくてもいいのですが、渡すシチュエーションの方には気をつける必要があります。

お年玉をあげる時、まず間違いなくあげる子の両親もそこにいるはずですが、必ず両親の前で渡してください。
正直に言うと両親から感謝の言葉を言われるのって予定調和というか、何となく違和感があったりするのですけど、それでも子供に渡すのは避けましょう。

これもマナーの一種ではあるのですが、個人的には子供を困らせないという意味合いが強いと思っています。
こっそり渡した方が気が楽かもしれませんが、渡された子供からすれば「どうしたらいいの」って迷いますよね。

ネコババではないですが、このまま懐に入れていいものか、正直に両親に言うべきかって感じで。
正直に両親に言った場合も、両親は何でこっそり子供に渡すのかって思うかもしれませんから、いいことは特にありません。

お年玉をあげる子が本当に小さい場合はそのまま両親に、そうでないなら両親が見ている時に「おめでとう」と声をかけて渡すのが基本です。

まとめ

お年玉をあげる上でのマナーで気をつけたいのは相場、ポチ袋やお金の状態、それにシチュエーションの3つです。
逆に言えば、この3つさえ押さえておけば大きな問題はないので、そこまで難しく考える必要はありませんよ。


この記事のポイント
・相場は年齢×500円が基本、必ずポチ袋に入れて渡す。
・ポチ袋を表にして取り出した時に、お札や硬貨が表を向いているようにする。
・「おめでとう」の言葉と一緒に、両親がいる時に渡す。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする