節分でいわしを食べる由来や意味は、缶詰を使っても大丈夫か

この記事は約 7 分で読めますよ。

節分と言えば恵方巻きっていうくらい、恵方巻きが一般的になりましたが、個人的には節分はいわしのイメージが強いんです。
今でも地方によってはいわしがよく使われるのですが、由来などは気になるところですよね。



節分にいわしを食べる由来って?

地方によっては全くいわしを使わないのですが、個人的にはいわしは食べるものという印象があります。
単純に、子供の頃から節分の日には豆とは別に焼いたいわしが食卓に並んでいたので、節分と言えば豆まき&いわしって感じだったんですね。

節分にいわしを食べる習慣がないなら「えっ」て疑問に思うかもしれませんが、いわしを食べている私ですら柊鰯(ひいらぎいわし)のことを初めて聞いた時には「えっ」って思いました。
私の家では節分にはいわしを食べるだけだったんですけど、それとは別に柊鰯という習慣もあるのです。

柊(冬に花が咲く低木、庭によく使われている)の枝にいわしの頭をくっつけたものを、魔除けとして門に飾る風習のことですね。
焼き魚を食べたら骨と頭だけになるとは言え、さすがにいわしの頭を枝にぶっ刺すのは趣味が悪くないかなと思ったものです。

ところが、この柊鰯は割と昔から節分に行われてきた風習で、平安時代に書かれた「土佐日記」にはしめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していたなんて描写があるんですね。
いつからいわしが使われるようになったかははっきりしませんが、浮世絵など当時の文化によく登場することから、江戸時代にはすでに柊鰯の文化が広まっていたと考えられます。

元々、日本では邪悪なものが門から入ってくると考えられていて、それを守るための魔除けグッズみたいなものが色々と生まれました。
柊鰯もその1つで、柊は葉がとげとげしていて触ると痛いことから、邪気を寄せ付けない効果があると言われています(庭によく使われるのはそういう魔除け的な意味ですね)

そして、いわしの頭も鬼を追い返すのに効果的であると信じられてきたので、この2つをセットにして門に置いておくんです。
さらに、地域によっては柊といわしだけではなく、さらに大豆の枝(豆柄)もセットにするところもあります。

こちらで節分の豆まきの由来を書きましたが、平安時代に大豆で鬼を退治したという伝説もあるように、やっぱり魔除けの力が強いとされてきたんですね。

現代では「鬼は外、福は内」と言って豆まきするくらいで節分のイベントが終わるなんてケースも多いですが、昔はさらにいわしを使ったり食べたりして魔除けを徹底的にやっていたというわけです。

いわしを節分に使う詳しい意味は?

どうして食べるかについても、魔除けの意味合いがあるというところに落ち着くのですが、もう少し突っ込むと焼くってところに理由があります。
今ならグリルとかそういう便利なやり方がありますけど、昔はそんなものはありませんでしたから、焼けば煙が出るのが当たり前でした。

スポンサーリンク

煙って本当に目に染みるし嫌なものなのですけど、鬼もこの煙を嫌がると信じられていたんですよ。
だからこそ、焼いたいわしの頭を柊と一緒に魔除けにして、そして残った部分は食べるという習慣が生まれました。

身の部分を食べることで体の邪気のような悪いものを払ってくれるとも言われているので、節分にはいわしを食べるのも1つの選択肢ですね。
本来は柊鰯として魔除けにするのが正しいやり方なのでしょうけど、いつの間にかいわしを食べることだけが習慣になったところも出てきたのだと思います。

さて、ここまで柊鰯について説明してきましたが、本当に柊鰯にして魔除けにした方がいいかが気になるところですよね。
明確な答えがないので個人的な考えではありますけど、無理に柊鰯を作る必要はないと思っています。

実際、私は柊鰯を知ってからも(知ったのは15年くらい前です)全くやってないので、無理にしなくても大丈夫ですよ。

節分のいわしって缶詰で大丈夫?

大人になると豆まきもしませんし、せいぜい恵方巻きかいわしを食べるくらいですが、忙しくてそれらを食べることすら忘れた時もありました。
「鬼は外~」とか今でもやっていますけど、昔とは違って鬼が本気で信じられている時代ではないのですから、時間を削ってまで準備をしなくてもいいのかなというのが個人的な感想です(特に食べるのではなく柊鰯の方は)

私が知っている限りだと奈良は柊鰯をする家が多く、節分の日のいわしは基本的には西日本を中心とした文化ですね。
ただ、東京など関東地方でも柊鰯はありますし、西日本でもやっていないところでは全くやらないので、エリアについては正確なところは分かりません。

柊鰯が一般的なところだと、やらないと不自然に思われるなんてケースもありませんが、そうでないなら普通に豆まきや恵方巻きで大丈夫です。
恵方巻きといわしを両方食べるのは難しいので、恵方巻きを買ってきたのならそちらでいいですよ。

こちらの記事では恵方巻きについての由来を解説しているので、ぜひチェックしてくださいね。

魚が好きなら恵方巻きではなくいわしを焼くのもいいですし、調理が面倒なら缶詰で食べるなんて選択肢もありますので、魚が嫌いでないなら節分にいわしを食べるのは有りですよ。

まとめ

節分にいわしと柊を飾ったり、食べたりする文化が残っているのは事実ですが、どうしても必要というわけではありません。
いわしは栄養満点な魚なのは間違いないので、余裕があるならいわしを焼いて味を楽しんでみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント
・柊鰯にして魔除けにする文化は今でも残っていて、いわしを食べるだけの場合も。
・焼いた時の煙を鬼が嫌がる、身に邪気を払う効果があるのがいわしを食べる理由。
・節分にいわしを食べるだけなら、焼き魚ではなく缶詰という選択肢もある。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする