風邪に葛根湯と風邪薬のどちらが効果的か、栄養ドリンクについても

この記事は約 8 分で読めますよ。

風邪をひいた時に使う薬が、葛根湯や一般的な風邪薬です。
この2つのどちらを使うのがベストなのか、すごく迷ってしまうことってあるのではないでしょうか。



風邪で葛根湯と風邪薬を両方飲んでもいいの?

葛根湯も風邪薬もドラッグストアなどで気軽に購入できますから、自宅に両方とも揃ってるなんてケースも多いと思います。
体調が悪い時には薬を多く飲めばいいのではないか、そんな風に思ってしまいますけど、どちらも飲むというのはやってはいけませんよ。

こちらのバファリンの飲み合わせの記事でも詳しく説明していますが、基本的に効果や成分がかぶっている薬を2つ以上飲むのはダメなんです。

1つだけでも効果があるのに、それが重なると薬が効きすぎる恐れがあるので、体にとってよくありません。
葛根湯も風邪薬も解熱の作用があるのですが、さらに葛根湯に含まれている麻黄や甘草は風邪薬にも含まれていることが多く、効果の面でも成分の面でもかぶっています。

風邪薬に含まれている場合、麻黄はエフェドリン、甘草はグリチルリチンの名前が使われていますね。
エフェドリンは風邪薬やぜんそくの薬によく使われていて、咳や鼻づまりに対して効果があります。

グリチルリチンは炎症を抑える薬で、風邪薬以外だとニキビの薬などでもよく使われていますね。
こんな感じで、葛根湯と風邪薬の多くは成分がかぶっていますし、仮にかぶっていない場合も似た効果が出るので、どちらかに絞る必要があるんですよ。

風邪に対する葛根湯の効果ってどんな感じ?

では、具体的にどちらを選べばいいかですけど、個人的には風邪薬は避けた方がいいと思っています。
その辺りはこちらの記事でも書いていますけど、体が免疫力を高めた方がいいと判断しているからこそ、熱が出たり炎症が出たりするんですね。

そういう意味では風邪薬で体の邪魔をするのは避けた方がよくて、選ぶなら体を温めて抵抗力を高めてくれる葛根湯かなと思います。
こちらで東洋医学についての記事も書いているのでチェックしていただきたいですが、漢方薬って西洋医学的な薬とは違って、直接的に炎症を抑えたりとかウイルスをやっつけたりする薬ではありません。

上で書いたように葛根湯にも炎症を抑えるグリチルリチンが入っているので、全く西洋医学的な要素がないわけではないですけど、基本的には体の本来の力を高めてくれます。
葛根湯ですごく汗をかくなんてケースがありますが、あれは体が頑張ってくれているからなんですね。

スポンサーリンク

そういう意味では葛根湯の方がおすすめではあるのですが、会社を休めないとかそういう場面で役立つとは限りません。
どうしても症状を抑えて何かをする必要があるなら、葛根湯ではなくて風邪薬の方がいいですね。

あと、こちらの葛根湯の記事でも書きましたが、葛根湯って誰にでも効果がある薬ではありません。

東洋医学では実証や虚証といった言葉がありますが、エネルギーが満ちている実証に効果的なのが葛根湯です。
実証と虚証の中間辺り(中間がベストとされています)でも効果はありますが、虚弱体質気味の虚証(冷え性、体力がないなどが代表的な症状です)にはほぼ効果がありません。

風邪の中でも寒気がある場合に有効なので、あまり寒気がしないケースでは効果は今ひとつです。
葛根湯は風邪のひき始めで、寒気がある場合に飲むと効果的な漢方薬なので、かなり限定的な状況でないと効果を発揮してくれないんですよ。

たとえ実証気味の体質であっても、すでに風邪の症状が本格的に出ているなら風邪薬の方がいいですね。
漢方薬というより東洋医学自体が、体質に合わせた治療をするやり方なので、誰にでも効くように作られている西洋医学の薬と比べるとやっぱり不利なところがあるんです。

上の葛根湯の記事でも書きましたが、体質が虚証に近いなら葛根湯ではなく桂枝湯(けいしとう)の方がいいですよ。
厳密には症状によってもベストな薬は変わるのですが、風邪の症状があっても汗をあまりかかないなら(実証は汗をかきにくいんです)葛根湯で発汗させる、逆に汗をかきやすいなら桂枝湯の方が向いています。

誰が使ってもある程度の効果が期待できるけどできれば使いたくない風邪薬、効果は限定的だけど自然な形で体をいい状態にしてくれる葛根湯や桂枝湯、この辺りをうまく使い分けてくださいね。

風邪で葛根湯と栄養ドリンクを合わせるのはどう?

さて、葛根湯と風邪薬を併用してはいけないという結論は出ましたが、では葛根湯と栄養ドリンクならどうか、これも気になるところだと思います。
栄養ドリンクは種類でだいぶ配合しているものが違うのですが、まず気をつけたいのが上でも出てきた甘草(グリチルリチン)ですね。

甘草エキス(カンゾウエキス)の名前で甘草が配合されている栄養ドリンクって多くて、ハイアップや新リコリスなどは避けた方がいいかなと思います。
理屈は、上で書いた葛根湯と風邪薬の効果の重複と一緒なので、飲むなら甘草エキスが入っていないものを選んでくださいね。

風邪薬にはカフェインが含まれているのが普通なので、風邪薬を使うならノンカフェインのものがいいですよ(眠れなくなる恐れがあるので)
葛根湯、もしくは風邪薬と合わせるなら生薬を使っていなくて、ノンカフェインのアリナミンRがいいかなと個人的には思います。

まとめ

葛根湯と風邪薬を合わせて飲んではいけない、葛根湯と栄養ドリンクも成分に気をつけた方がいい、これが結論です。
体力がなくて、過去に葛根湯を飲んで効果がなかったって場合は、桂枝湯の方を試してみるのもいいですよ。


この記事のポイント
  • 葛根湯と風邪薬は効果や成分が重なっているので、併用してはダメ。
  • 葛根湯は効果は限定的、風邪薬は誰が飲んでも効果が期待できる、これが大きな違い。
  • 葛根湯や風邪薬と栄養ドリンクを合わせるなら、甘草エキスとカフェインを避けたい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする