お年玉を子供がいない相手からもらったらお返しや金額はどうする

この記事は約 8 分で読めますよ。

お子さんが誰かからお年玉をもらう、これはお正月の時期によく見られる光景です。
ただ、子供がいない夫婦や独身の相手からお年玉をもらってばっかりだと「お返しをした方がいいのかな」って考えてしまいませんか。



お年玉を子供がいない相手からいただくと精神的な負担が

お互いに子供がいるなら普通にお年玉をあげればいいのですけど、子供がいない相手からだともらってばかりの状態になっちゃいますよね。
こちらからはお年玉をあげることがないわけですから、何となく気まずく感じるのも自然なことです。

もしかしたら相手の方は全く気にしていないかもしれませんが、それでも受け取る方は精神的なプレッシャーを感じるものなので、楽しいはずのお正月に妙な緊張感が出てきたりするケースもありますよね。
そもそも、現代ではお年玉に関するマナーはあっても、こうしなければいけない的な明確なルールはありません。

だからこそ、あげるあげないは自由なのですが、ちょっとした知り合いならともかく親戚関係ならお年玉をあげるのが普通ですよね。
こちらの鏡餅の記事で年神様が出てきますが、お年玉は元々は年神様の供え物を目下の立場に贈るもので、今では子供に対してお金をあげるものになっています。

この辺りの由来はあまり知られてはいないのですが、ともかく目上が目下に贈るものという点は変わっていないので、子供がいるいないに関わらず親戚の子供にはお年玉をあげるのが普通です。
逆に言うと、お年玉をくれるならよほどの理由がない限り拒否してはダメなので、独身だったり子供がいない夫婦からもらいっぱなしだとプレッシャーを感じることになるのです。

子供のお年玉にお返しってしていいの?

そのようなプレッシャーを感じるならどうすればいいかですが、まず思い浮かぶのは「何かお返しをした方がいいのかな?」ってアイデアだと思います。
もらいっぱなしなのが問題なのであって、何かお返しをすれば精神的な後ろめたさみたいなものもなくなるはずですよね。

次は、子供がもらったお年玉に対してお返しをするのはいいのか悪いのかですが、基本的にはお返しをするものではありません。
親がお年玉を管理するご家庭は多いと思いますが、それでも受け取るのは子供ですから、渡す方だって見返りを期待しているわけではないですよね。

だからこそお返しをしていいものか悩むところで、明確な答えはないのですが、私としては何か別の形でお礼の気持ちを表すのがいいと思います。
私も独身で子供がいませんから、完全にあげるばっかりなのですが、それ自体には特に思うところはありません。

由来とかそういうのを抜きにしても、子供の頃には自分もお年玉をもらってきたのですから、たとえ自分に子供がいなくてもあげるのが当然かなと思います。
すぐ上の言葉を否定するようであれですが、だからこそ別にお返しなんていらないんですよね(お返しのお返しが必要かとか考えちゃうって面もあります)

それでも、一方的にお年玉をもらうのが心苦しいと感じるようなら、受け取るべきなのかなとも思います(実際には何かしてもらった記憶はないのですが)
本当にお正月以外には全く会わないって場合は、お年賀として何か用意しておくのがいいですね。

今はあまりお年賀って言葉を聞きませんし、私も大人になるまで知らなかったのですが、お正月の三が日に感謝を込めて贈り物をする風習があるんです。
お正月以外に会う機会があるならお土産を渡したり、食事の時におごったりして感謝の気持ちを表すのがいいと思いますよ。

スポンサーリンク

お年玉のお返しの金額っていくらくらい?

お年玉に対してお返しをする、そう決めても今度はいくらくらいのものを贈ればいいのかという問題があります。
そもそも、お年玉のお返し自体が珍しいことなので、相場のようなものが存在しないんですね。

だから正解はないのですが、他のお返しを見てみると結婚祝いや出産祝いではよく半返しがいいとされています。
もらったお金の半額ぐらいがお返しに適当だとされていますけど、今は3割から4割くらいのケースも多いですね。

結婚祝いや出産祝いと比べることはできませんが、毎年の恒例行事であるお年玉のお返しは3割くらいで大丈夫だと思います。
もちろん、半額くらいでも特に問題はないので、その辺りで何かいい感じのお土産がないか探すといいですよ。

まだお子さんが小さくて、もらったお年玉が3,000円くらいなら1,000円程度の少し高めのお菓子くらいがちょうどいいと思います。
あまり甘いものが好きじゃないと分かっているなら違うものの方がいいですが、気軽に食べられるお菓子はお年玉のお返しとしてはちょうどいいですよ。

ジュースなんかも高いものから安いものまで色々とラインナップが揃っているので、お返しにはちょうどいいですね。
値段の調整がしやすいですし、お菓子と比べるとそこまで賞味期限を気にする必要もありませんから。

お年賀はお歳暮と同じように紅白の花結びの熨斗つき掛け紙を使い、表書きは「御年賀」とするのが一般的ですよ。
あと、お年玉をあげる時のマナーについてはこちらの記事でまとめているので、ぜひチェックしてくださいね。

まとめ

マナーも明文化されていないものが多く厄介ですけど、お年玉のお返しはマナーにもなっていないのでさらに困るんです。
だからこそ明確な答えはありませんが、もらいっぱなしで悪いと感じているならお菓子など何かを贈ってみてはいかがでしょうか。


この記事のポイント
  • 子供がいてもいなくても、親戚の子供にお年玉をあげるのは普通のこと。
  • マナーではないが、お年賀などの形でお返しをするのがおすすめ。
  • お返しの金額は、もらった金額の1/3から半額くらいが基本。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする