花粉症のスギとヒノキで症状に違いは、飛ぶ時期や薬の解説も

この記事は約 9 分で読めますよ。

暖かくなる爽やかな季節が春なのに、花粉に悩まされているならちっとも爽やかではないですよね。
スギ花粉とヒノキ花粉はどちらも厄介ですが、症状や時期などどのような違いがあるのでしょうか。

花粉症はスギとヒノキで症状に違いがあるの?

目と鼻の症状は相当なものですが、一般的に花粉症の症状として現れるのは以下のような症状ですね。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

私自身も目の方に花粉症のような症状が出ていて、過去にアレルギー検査した時に花粉とホコリがかなり高めの数字でしたから、軽めの花粉症だと思います(鼻炎は元々あるので判断が難しいですが、もしかしたらこちらも花粉症かもしれません)
花粉症に軽いも重いもないのですが、症状はそれぞれ違うので、軽めで気づかないなんてケースもあるんですね。

さて、まずはザ・花粉症的な地位を築いていて多大な恨みを買っているスギ花粉の症状から見ていきますが、以下のような感じです。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

上の一般的な花粉症の症状と全く同じですが、ちょっとそれは違うんじゃないかって声があるかもしれません。
花粉症で頭痛が酷いとか、肩こりとかに悩まされるケースもありますが、これは間接的な症状ですね。

鼻づまりが酷いと呼吸がうまくいかなくなり、神経を圧迫して頭痛を引き起こすことがあります。
ストレスとか寝付けないこととかも体調の悪化に関係してくるので、上の4つの症状が原因の二次災害のようなものですね。

スギ花粉は花粉症の基本的な症状そのままでしたが、次はヒノキ花粉の症状について見ていきたいと思います。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

スギ花粉と同じく、頭痛などの間接的な被害が出る可能性はありますが、基本的な症状はスギ花粉と変わりありません。
秋にはブタクサによる花粉症の被害も出ますが、こちらは花粉が小さくて鼻を通り越して喉に症状が出るケースも多いんです。

ただ、スギ花粉とヒノキ花粉は割と大きく鼻に引っかかりやすいので、主に鼻に来るわけですね。
このように、スギ花粉とヒノキ花粉は症状で見分けることは難しいので、どちらが原因かは分かりにくいんですよ。

花粉症のスギとヒノキの時期を知りたいんだけど?

スギ花粉とヒノキ花粉は飛ぶ時期が少しズレるので、次にチェックしたいのはそれぞれの花粉が飛ぶ時期です。
まず先にニュースで話題になるのはスギ花粉の方で、こちらが飛ぶ時期は大体ですけどこんな感じですね。

  • 東北地方 3月中旬~4月中旬
  • 関東地方から九州地方にかけて 3月上旬~3月下旬

かなりざっくりした感じですが、まず北海道や沖縄はスギ花粉による被害はほとんどないとされています。
北海道函館市のように本州に近いところではスギ花粉が原因の花粉症が見られるケースもあるようですが、基本的にはありません(そもそもスギがほとんどないんです)

(花粉症のないエリアを除くと)東北地方だけがやや遅く、それ以外の地域は3月上旬くらいからスギ花粉が猛威を振るって、3月の終わりと共に猛威も消えるパターンが多いですね。
実際にはその年の天気などに左右されるので、2月からスギ花粉が飛ぶなんてケースもありますが、基本的には3月がスギ花粉がよく働く時期です。

続いてはヒノキ花粉が飛ぶ時期を見ていきますが、北海道や沖縄はスギと同じようにヒノキもほとんどなく、やっぱりヒノキが原因の花粉症もほとんどありません。

  • 東北地方 4月上旬~4月下旬
  • 関東地方 3月下旬から4月下旬
  • 東海、北陸、関西、中国、四国地方 4月上旬から4月中旬
  • 九州地方 3月中旬から4月上旬

こちらも割とざっくりしていますが、早めにヒノキ花粉の影響が出るのが九州で、それ以外は4月から影響が出てくる地方が多いですね。
細かい違いはありますけど、主に4月に猛威を振るうのがヒノキ花粉と覚えておくといいですよ。

基本的には、スギ花粉が終わりかけの頃にヒノキ花粉が選手交代するように増えてくるので、これである程度は見分けられます。
3月の終わりに症状が治まってきたらスギ花粉のみ、4月以降に症状が出てきたらヒノキ花粉のみアレルギーが出ていると考えられますが、3月から4月にかけてずっと症状が続いているようなら、スギ花粉とヒノキ花粉の両方のアレルギーが出ている疑いもあるんです。

花粉症はスギとヒノキで薬に違いがあるの?

風邪の記事では、こちらの記事を始めとして「あまり薬に頼らない方がいい」って意見を書いています。

何回も書いてきましたが、発熱などの症状は体が抵抗しようと頑張っている状態なので、邪魔しない方がいいっていうのが今の主流なんですね(あまりに高熱が出ているならまた話は別ですが)
では花粉症の場合はどうなのかですが、確かに花粉症でも「薬に頼らない方がいい」って意見はあります。

スポンサーリンク

ただ、花粉症って風邪の一時的な鼻の症状とは違って、ちょっと耐えれば治るってものではありませんから、薬は飲まないと現実的にやってられないはずです。
もちろん、薬を飲まないで耐えられるならいいのですけど、それで仕事だったり勉強の効率が落ちては元も子もないので、耐えられそうにないなら薬を使いましょう。

スギ花粉とヒノキ花粉で薬は変わってくるのか、これも気になるポイントだと思いますが、花粉の種類で使う薬は変わりません。
花粉の種類ではなく出る症状がポイントで、どの花粉が原因にせよ以下の3つに大きく分けられます。

  • 目がかゆくてつらい→点眼薬
  • くしゃみや鼻水がつらい→抗ヒスタミン薬
  • 鼻づまりがつらい→抗アレルギー薬

点眼薬は点眼薬で抗ヒスタミン薬であったり抗アレルギー薬だったりがあるのでややこしいですが、花粉症であっても目がかゆいので薬で抑えるという基本的な使い方は変わりませんよ。
くしゃみやつらい鼻水に使うのが抗ヒスタミン薬ですが、こちらの市販の睡眠薬の記事でも登場したワードです。

ドリエルなど市販の睡眠薬は鼻炎の時に使われる抗ヒスタミン薬と全く同じなのですが、体内のヒスタミンとH1受容体(ヒスタミン受容体)の結合を防ぐのが本来の役目ですね。
ヒスタミンとH1受容体が合体しちゃうとアレルギー反応が出るので、それを防ぐためにさっさとH1受容体を塞いじゃう薬です(市販だとアレグラが有名ですね)

抗アレルギー薬は抗ヒスタミン薬と効果は似ていますけど、アプローチの方法がだいぶ違います。
そもそも、ヒスタミンという成分を放出させないようにするのが抗アレルギー薬の役目ですね。

抗ヒスタミン薬はくしゃみや鼻水には効果的ですけど、鼻づまりには効果があまりないので、抗アレルギー薬が使われます。
こんな感じで症状で薬が異なるので、市販の薬で対処する場合には自分の症状にあった薬を選んでください。

まとめ

スギ花粉とヒノキ花粉は、体に入った場合の反応が非常に似ているので、症状では見分けられません。
薬の方は花粉の種類ではなく症状によって変わってくるので、タイプを間違えないようにしてくださいね。

おすすめ記事

この記事のポイント
  • スギ花粉とヒノキ花粉によるアレルギー反応はほぼ同じで、見分けはつかない。
  • スギ花粉は主に3月、ヒノキ花粉は主に4月に猛威を振るう。
  • 原因の花粉が何かは関係なく、症状で使う薬は決まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする