チョコレートで鼻血が出るのは本当か嘘か、因果関係を解説

この記事は約 8 分で読めますよ。

チョコレートを食べ過ぎたら鼻血が出る、子供の頃にそんな風に脅かされた経験ってあるのではないでしょうか。
大人になってからはまず聞かれない言葉ですが、チョコレートを食べ過ぎて鼻血が出るなんて本当に起こるのか、気になるところだと思います。

チョコレートを食べて鼻血が出るって本当なの?

昔は本当にチョコレートを食べ過ぎたら鼻血が出ると信じられていた節があったのですが、この説には謎の説得力があった気はしますね。
貧血にはレバーがいいとよく言われますが、そういう貧血にいいといったイメージもないのに、何故かチョコレートって食べ過ぎるとよくないことが起きそうな感じがあるものです。

実際、昔はチョコレートを食べ過ぎるとエネルギーが余ってしまい、それが鼻血として出てくると思われていました。
今はポリフェノールなどの影響でチョコレートがすごく体に悪いってイメージはないと思いますが、昔はエネルギーたっぷり(実際カロリーは高めですし)で体に悪いイメージが強かったんですよね。

あと、昔はチョコレートが今みたいに簡単に手に入らなかったので、子供がチョコレートを食べ過ぎると「貴重なチョコレートを一気に食べたりしないの」的な感じで親御さんが怒るなんてこともあったのだと思われます。
そんな場面では「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る」なんて方便を使って、怖がらせていたのでしょう。

チョコレートの鼻血の話って嘘ってこと?

さて、昔信じられていたように本当にチョコレートを食べて鼻血が出るかを見ていきたいと思います。
まずはどうして鼻血が出るか、その原因についてですが、白血病や鼻のガン(上咽頭ガン)といった特定の病気が原因の場合を除くと主に以下の2つです。

  • 物理的な原因
  • 高血圧

チョコレートのような美味しいものの話でこんなことを書くのはあれなのですけど、子供って割と鼻をほじることってあるじゃないですか。
鼻血の大半は鼻中隔(左右の鼻を分けている壁のようなもの)のキーゼルバッハ部位と呼ばれるところから出血しているのですが、鼻をほじるなどの理由でキーゼルバッハ部位が傷つくと出血するわけですね。

こちらでは花粉症の症状について書きましたが、花粉症などが原因のアレルギー性鼻炎にかかると粘膜も弱まるので、鼻をかむなどのちょっとした刺激で血が出てくるケースもあります。

特に、花粉症のようにきつい鼻の症状が出ると鼻をかむことも増えますから、鼻血が出やすいわけですね。
高血圧が体に悪いなんてことはよく知られていますが、高血圧というのは心臓が送り出す血液の圧力が慢性的に高い状態です。

血管はずっと高い圧力を受け止められるほど強くはないので、血管が硬くなるなどの問題が起きます。
この高血圧の状態が続くと血管が弱まってきて、破れやすいので鼻血が起きる場合があるのですね。

このような2つのパターンがありますが、物理的な原因で鼻血が出る場合、特にチョコレートは関係ありません。
だから、チョコレートが関係しているとするなら血圧の方ですが、基本的にチョコレートは血圧を下げる働きがあるんですね。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは血管の炎症を抑えて、血管を広げる働きがあるので、血圧を下げる効果が見込めますよ。
ただし、チョコレートにはカロリーとか糖質的な問題があるので、単純に多く食べれば健康になるってわけではありませんが、血圧に関してはいい効果が得られます。

それでも食べ過ぎると血管に悪影響が出て出血する恐れはありますけど、その場合はチョコレートが原因とは言えないですよね。
チョコレートの食べ過ぎで鼻血が出るなら、他のちょっとしたことで血圧が上がって鼻血が出てもおかしくはないですし、そもそもそんな危険な状態ならお医者さんに診察してもらわないといけないでしょう。

スポンサーリンク

高血圧が原因の鼻血もちょっと考えづらく、現在のところチョコレートが鼻血の原因になるという明確な根拠はありません。

チョコレートと鼻血の因果関係ってあるの?

チョコレートを食べることで鼻血が出ることは考えづらく、私の経験でも鼻血なんて出たことはありません。
以前にこちらの記事などでダイエットについて書きましたが、一時期はおやつなど間食のし過ぎでかなり太っていたんですよね。

甘いものは大好きなのでチョコレートのお菓子もよく食べていましたが、それでも鼻血が出たことはありませんでした。
基本的にはチョコレートを食べて鼻血が出るなんて迷信に近いですが、お子さんがチョコレートを食べる場合は少し気をつけた方がいいかもしれません。

大人の場合はチョコレートが原因の鼻血はまず考えられないですけど、子供だとまだまだ体もできあがっていませんし、ちょっとした刺激で鼻血が出る可能性はあります。
それでも、普通におやつにチョコレートを食べて鼻血が出るなんてまずありませんが、本当に小さい頃は少し注意してあげた方がいいですね。

チョコレートを何歳からあげたらいいか、これは明確な答えもないです(3歳くらいが多いと聞きますが)けど、よく見守ってあげてください。
小さなお子さんの場合はチョコレートに限らずおやつの食べ過ぎはあまりよくありませんし、大人でも同じですね。

私がチョコレートなどお菓子を食べ過ぎて太ったように、食べ過ぎると鼻血以外の悪影響が出ちゃいますよ。
結局のところはバランスとか自制心が重要になるわけですが、自制心があるならこちらの記事で書いたバレンタインの自分チョコの記事をおすすめしておきます(記事は男性向けですが、女性の自分チョコ選びにも役立つと思いますよ)



まとめ

チョコレートを食べて鼻血が出るなんてまずあり得ませんので、心配する必要はありませんよ。
だからと言って食べ過ぎると太るなどの色々な問題が発生するので、美味しいチョコも節度を持って食べる必要がありますね。

おすすめ記事

この記事のポイント
  • チョコレートで鼻血が出ると、昔は信じられていた。
  • チョコレートが鼻血の原因になるという科学的根拠はない。
  • 小さいお子さんがチョコレートを食べる場合は少し注意したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする