バレンタインの男の反応の理想は、もらい方や脈ありの時の対応

この記事は約 8 分で読めますよ。

学生か社会人か、さらに言うならモテ度によっても反応はだいぶ変わってくるのですけど、私たち男はバレンタインにそわそわし出すものです。
バレンタイン当日、私たちはどんな感じの心構えでチョコレートを受け取るのがいいのか解説していきます。

バレンタインに本命チョコをもらったら男はどう反応すれば?

過去にはこんな初詣の記事とか、こんな結婚の記事を書きましたが、それと同じくらいにこの記事は主観意見が強いのでご注意ください。

この言葉を使うとゲームっぽくなるのですが、チョコレートを受け取る時は好感度を上げるチャンスです。
さて、どんなシチュエーションでチョコレートをもらうかはそれぞれ異なりますけど、どう見ても義理ではないチョコレートをもらうこともありますよね。

手作りか市販のものかはともかくとして、ラッピングも丁寧にしていて見るからに気持ちが感じられるってやつです。
こういう時に素っ気なく受け取るのはNGで、まずはチョコレートをもらえたことを喜びましょう。

これは本命であろうと義理であろうと同じで、プレゼントをもらっているのに無表情的なのはいけません。
そして、本命っぽいと感じた場合にはラッピングについてもしっかりと触れておきたいですね。

恋愛のハウツー本なんかだと女性の小物を褒めるなんてやり方があるのですが、基本的にはそれと同じようなものです。
女性(特に美人の場合)は顔を褒められるのは慣れているので、小物選びのセンスを褒めればいいっていうテクニックですね。

個人的にはこの論理ってすごく女性を馬鹿にしているような気がして(小物を褒めれば落とせるよ的なところ)好きではないのですが、一目で本命だって分かるようなラッピングの場合、そこに触れるのは悪くありません。
こちらのバレンタインの記事では、男がチョコレートを買いに行く時のことについて触れていますが、女の子がチョコレート選びにかける情熱ってすごいものがあるんですよね。

チョコレートをもらったことに対する感謝とか、チョコレートが美味しかった的な言葉はあってもラッピングって全く触れられないことも多いので、そこはしっかりと言及しておきましょう。
ただ、小物を褒めればいいみたいな感じで、とりあえずラッピングについて褒めておけみたいなやり方はやっぱり好きにはなれません。

スポンサーリンク

本当に可愛いと思った場合は素直に、あまりピンとこない場合も「ラッピング大変だったんじゃない?」的な感じからの感謝の言葉はかけてあげたいですね。
当然ですが、力を入れたラッピングをその場でビリビリ破くなんてダメですので、丁寧にはがしていきましょう(私は手先が不器用なのでこの瞬間がすごく怖いんです)

バレンタインの男の義理チョコのもらい方や、その後の対応は?

上に書いたように、義理チョコっぽい場合もまずは喜ぶことが重要で、決して「3倍返しとか面倒だな」的な態度を表に出してはいけません。
社会人になるとあからさまな義理チョコも増えやすく、正直に言うとうんざりするところはあるのですが、そこは表に出さないのがマナーかなと思います。

それでも、本命ほど喜びの表現をする必要はなくて、軽く「チョコありがとう」くらいな感じでも大丈夫ですよ。
逆に、義理チョコなのに大喜びされると女の子の方も「えっ……」ってなるかもしれませんし、適度に喜びましょう。

ホワイトデーのお返しがどうとかそういうところはもらってから考えるとして、好感度を稼ぐならフォローも大事です。
知り合いでもなくLINEもメールもしたことないって女の子からチョコレートをもらうなんて、今はなかなかないでしょうから、本命にせよ義理にせよLINEやメールでお礼をした方がいいですよ(義理っぽい場合は軽くで大丈夫です)

特定の相手にだけお礼をして他の子にはしないなんてのも問題で、特に社会人が社内の子からもらう場合はしっかり全員にお礼の言葉をかけてあげてください。
女の子のネットワークは甘く見てはいけませんから、その辺りはしっかりとフォローする必要があります。

バレンタインに男が脈ありの相手からプレゼントをもらったら、どうすれば?

(推定)本命のチョコをもらった相手とさらに関係を進めたいと考えているなら、喜んだりお礼を言うだけでなくさらなる好感度上昇を狙っていきたいところですよね。
ホワイトデーまで待って気持ちを伝えるのが定番かもしれませんが、ここは「鉄は熱いうちに打て」の精神でいきましょう(時期を逃さずに行動するのが重要ってことですね)

3月14日のホワイトデーに何を返せばいいのか分からない、これは定番すぎる悩みだと思います。
クッキーとかマシュマロとか定番のものはありますけど、プレゼントの意味とかそういうのを考え出すと悩みますよね(マシュマロのプレゼントは嫌いだって意味があります)

かの有名なジョースター卿は「逆に考えるんだ、ホワイトデーのお返しが分からないなら女の子に聞いちゃえばいいさと考えるんだ」なんて言葉を残していますし、尋ねちゃえばいいんですよ(元ネタ:ジョジョの奇妙な冒険 第1部)
安い感じのパロディはさておいて、何を贈るか分からないなら女の子に尋ねるのが一番ですよ。

ホワイトデーまで待って、何が正解かよく分からないプレゼントに頭を悩ませるくらいなら、プレゼント選びに付き合ってもらう方が確実です。
3月14日まで待ったりせずにさっさとデートに誘う、個人的にはこれをおすすめしたいところですね。

バレンタインに告白があればそれでいいですが、そうでないなら積極的に動いてみてはいかがでしょうか。
せっかくのバレンタインだけど、全くチョコレートをもらえるあてがない、そんな場合はこちらの記事を参考に(上でもリンクを貼りましたが)して自分チョコを購入するのも有りですよ。



まとめ

義理チョコの場合は軽く対応する程度で十分ですが、本命っぽい場合は受け取り方、対応の仕方で割と好感度が変わってきます。
対応1つで大きく好感度が下がるなんてことはまずありませんけど、積極的に好感度を上げる行動をしたいものですね。

おすすめ記事

この記事のポイント
  • 本命っぽいチョコレートをもらったらラッピングについて触れておきたい。
  • 義理チョコをもらったら適度に喜ぶ、本命でも義理チョコでもお礼は忘れずに。
  • 脈ありっぽかったらホワイトデーを待たずにこちらから誘いたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする