インターネットを引越しで実家から出てすぐ使うにはどうするか

この記事は約 8 分で読めますよ。

実家からの引っ越しで困るポイントの1つが、インターネット回線ですね。
そもそもインターネット回線を契約するかも含めて、どうすればいいか悩んでしまうのではないでしょうか。

インターネットを引越しして実家から離れてから使うには?

まず固定のインターネット回線が必要かどうかですが、個人的には固定回線を用意した方がいいとは思っています。
今はモバイルWi-Fiルーターって手もあるのですが、速度の方が光回線よりだいぶ遅いんですよね。

もっとも、今はモバイルWi-Fiルーターでも、動画コンテンツを大量に開かない限りは速度に不満を感じることはありません。
むしろ、モバイルWi-Fiルーターの難点は速度制限の方なので、あまりインターネットを使い過ぎると困ることはあります。

それでも、自宅でも外でもインターネット回線が使えるのは魅力なので、外出先でノートパソコンやタブレットを頻繁に使う予定があるならモバイルWi-Fiルーターでいいと思いますよ。
外出先ではスマホを触る程度、自宅でガッツリとインターネットを楽しみたいなら固定回線がおすすめです。

パソコンを使わなくても、スマホやタブレットでゲームアプリや動画などを楽しむなら、固定回線プラス無線ルーターがいいですよ。

私の自宅は光回線と無線Wi-Fiルーターの環境を備えていますから、家ではスマホは完全にWi-Fi接続です。
だから、スマホに乗り換えてから今まで通信速度制限に引っかかったことってないんですよね(外では動画など見ず、軽めのものだけを使っているというのも理由でしょうが)

そんな感じで個人的には固定回線を契約した方がいいと思っていますが、まず引っ越し先がの回線をどうするかが最初に決めたいポイントです。
今の主流は光回線で、もはやADSL回線なんて名前すらまず耳にしなくなりましたが、どちらも定額でインターネットを楽しめます。

今回は光回線と仮定して話を進めますが、実家からの引っ越しの場合、インターネットの手続きは以下の2パターンです。

  • 実家の回線やプロバイダをそのまま流用する
  • 引っ越し先で使える新しい回線やプロバイダを契約する

あまり回線やプロバイダの流用ってイメージしにくいかもしれませんが、手続きをすれば引っ越し後も同じようにインターネットが使えます。
ただ、当然ですが手続きをすれば実家ではインターネットが使えなくなるので、こちらは実家からの引っ越しではあまり使われないですね。

新しく回線やプロバイダと契約するのが一般的ですが、引っ越し後すぐにインターネットを利用できるとは限りません。

インターネットを引越ししてすぐに使いたいんだけど?

プロバイダの方は申し込んだ日から利用できるところも多く、時間はかからないのですが、問題は回線です。
どこでも光回線を利用できるわけではなくて、そもそも回線が自宅まで届いてないといけません。

スポンサーリンク

届いていないなら工事が必要ですが、この工事には以下のような2つのパターンがあります。

  • 建物に回線を引き込む工事(導入工事)
  • すでに建物に来ている回線を利用するための作業(開通作業)

そもそも、建物に光回線が届いていないと利用できないので、光回線そのものを引き込む工事が必要です。
ただ、都会だとマンションやアパートに光回線が来ているところも多いので、そんな場合は導入工事は不要ですね。

マンションやアパートまで光回線が来ているなら、それを部屋で使えるようにする開通作業だけで済みますよ。
新生活で新築一戸建てに引っ越すって場合や、集合住宅に光回線が来ていない場合は、導入工事プラス開通作業があるので時間がかかります。

春先みたいな引っ越しのシーズンの場合、合わせてインターネットの工事も大量に集まるので、導入工事が必要な場合は下手したら2ヶ月待ちとか3ヶ月待ちっていうのもあり得るんですね。
光回線が建物まで来ているなら、申し込みから2週間~1ヶ月程度でインターネットが使えるようになるケースが多いです。

集合住宅の場合は光回線が最初から使えるようになっている部屋もあるので、その場合はすぐにインターネットを楽しめますが、そうでないならすぐに利用するのは難しいわけですね。

引越しでインターネットを使うためにはどうするのがいいの?

そもそも、大家さんの考えで光回線を引かないなんてところもあるので、光回線を使えるのか、工事が必要なのかは事前に必ず確認しておきたいポイントです。
工事が必要な場合、引っ越ししてすぐにインターネットを使うためには早めに申し込むしかありません。

開通作業は業者さんが勝手にできるものではなく、住人の立ち会いが必要なので、本当に引っ越した日にすぐというわけにはいかないですね。
ただ、引っ越し直後に開通作業を合わせることはできるので、すぐにインターネットを使いたいならなるべく早めに回線の方を申し込みたいところです。

引っ越しシーズンは開通作業も増えますから、申し込んでから1ヶ月くらいは時間がかかると思った方がいいですね。
今はNTTが手がけるフレッツ光以外にも多数の光回線があるので、どれを選ぶか迷うかもしれません。

私はフレッツ光以外は利用したことがないので断定はできませんが、光回線なら極端に遅いようなサービスはないと思います。
どの光回線を選ぶにしても、工事についてはしっかりとホームページで確認しておきたいところですね。

一応、すぐインターネットを利用するという前提で書いてきましたが、そうでない場合もプロバイダと光回線の契約の2つがあれば大丈夫ですよ。
こちらの記事では引っ越しの荷造りが間に合わなかった場合について書きましたが、インターネットの契約も含めてしっかりと計画的に話を進めてくださいね。

まとめ

実家から引っ越す場合、基本的には新しい回線とプロバイダを契約してインターネットを使う形になるでしょう。
特に重要なのは回線の方なので、物件を決める時点でできれば回線についても決めておきたいところですね。

おすすめ記事

この記事のポイント
  • 実家から引っ越すなら、新規にインターネット回線とプロバイダを契約するのが普通。
  • 春先など引っ越しのシーズンは回線の工事に時間がかかりやすい。
  • すぐにインターネットを利用するなら、1ヶ月前くらいには回線を申し込みたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする