風邪はいつまでうつるのか、対策や治りかけが危険という話題も

この記事は約 8 分で読めますよ。

風邪で隊長を崩したけれどもようやく回復してきた、そんな時に気になるのが「この状態で風邪はうつるのか」って点だと思います。
家族、同僚や友人にうつしてしまうのではないかと不安になるものですが、果たしていつまで待てば風邪がうつらなくなるのでしょうか。

風邪っていつまでうつるものなの?

こちらの記事は風邪ではなくインフルエンザについてですが、患者の家族がインフルエンザをもらわないようにするためにはどうすればいいかを解説しました。

風邪とインフルエンザは原因のウイルスが違いますが、感染経路は基本的に同じなんですね。
だから、上のインフルエンザの記事で書いた注意点はそのまま風邪でも使えるので、ぜひ参考にしてください。

上の記事以外でもインフルエンザの感染経路については説明したことがありますが、風邪の感染経路はこんな感じです。

  • 接触感染
  • 飛沫感染

風邪のウイルスが体の一部について、そこから口や鼻、目などを通してウイルスに感染するのが接触感染ですね。
くしゃみや咳などで水しぶきが出て、それが誰かの口や鼻などに入って感染するのが飛沫感染です。

風邪の感染経路は主にこの2つですので、自分が感染している場合はマスクをするなどのうつさないための対策が必要です。
さて、具体的にいつになれば風邪をうつすことがなくなるかですが、実は明確な答えはありません。

風邪のウイルスが体内に残っているなら感染の危険性は残されているのですが、風邪のウイルスって実はなかなかしぶといんですよね。
細菌、ウイルスが粘液性の成分で体を守っている状態はバイオフィルムと呼ばれますが、風邪のウイルスがバイオフィルムを作っちゃうと最大で数ヶ月間くらいは感染能力をキープするんです。

実際には、風邪が治ってからもウイルスが体内でしぶとく生き残って感染が続くなんてそうそうあり得ませんが、それでも治りかけの状態はまだまだ危険ですね。
熱など風邪の症状が完全になくなってから2日から3日くらいは、念のために用心した方がいいですよ。

風邪がうつるのをどう対策すれば?

私などは一人暮らしなので家族にうつす心配はないのですが、それでも風邪の時は自宅でもマスクをするようにしています。

スポンサーリンク

家族にうつす心配はなくても通販サイトで注文した荷物が届いたりとか、回覧板が回ってきたりとかそういう可能性はありますしね。
こちらの風邪のひき始めの記事でも書いたように、喉の保湿に有効っていう面もあるのですが。

風邪が治ってもまだ感染能力は残っている可能性があるので、念のために出かけるならマスクを使ってくださいね。
マスクをしっかりと着用すれば飛沫感染の方はだいぶ防げますが、それでも完全ではありません。

上の段落にあるインフルエンザの感染対策の記事は主に家族側からの視点で書きましたが、同じように風邪でも家族の協力が欠かせませんよ。
マスクって苦しく感じるものなので嫌がられるかもしれませんが、家族にもマスクを使ってもらうなどの対策が有効です。

さすがに家の中でずっとマスクをお願いするのは難しいかもしれませんが、食事をもってきてもらう時など感染の危険性が高い場面ではマスクをお願いしてみるのもいいと思います。

風邪がうつるのは治りかけって本当なの?

「風邪をうつすと治る」や「風邪は治りかけの時ほどうつる」このような言葉ってまことしやかに言われていますよね。
これらは都市伝説や迷信に近いもので、少なくとも現代の医学では明確な証拠は出てきていません。

しかし、一方で「実際に風邪をうつしたら治った」とか「治りかけの時にうつしてしまった」とかそういう経験談が多いのも事実です。
どうしてこのような経験談が多く生まれるかですが、風邪がうつるタイミングがポイントなんですね。

こちらの記事で触れたような熱が出ないタイプの風邪は長引くケースも多いですが、大抵の風邪はそんなに長引きません。

長くても1週間程度で体調は元に戻ってくるのですが、実は風邪をひき始めた時点で感染が広がっているケースって割と多いんですよね。
体調や免疫力に問題があると最短で数時間程度で症状が出てきますが、そうでないなら3日前後くらいで症状が出てくるのが普通です。

3日くらいの時間があればうつした側の体調はだいぶよくなってくるので、まるで「うつしたから治った」みたいな状況に見えるんですよ。
「治りかけの時ほどうつる」っていうのも同じことで、実際には治りかけ以前にうつしていて、症状が出てくるのが治りかけの時というわけですね。

もちろん、上の段落で説明したように、治りかけの状態なら風邪がうつる可能性はけっこう残されていますが、症状がピークの時と比べてうつすリスクが高いとかそういうことはありませんよ。
咳とかくしゃみとかの程度にもよりますが、やっぱり治りかけよりは症状が出ている時の方が危険ですね。

いずれにせよ、完治してすぐくらいまでは感染の可能性が残されているので、家族がいるなら必ずマスクをして対策したいところです。

おすすめ記事

まとめ

風邪がうつらなくなるのはいつまでか、これは残念ながら明確に答えることはできません。
念のために、完全に治ってからも2日か3日くらいはマスク着用で様子を見た方がいいですね。

この記事のポイント
  • 風邪のウイルスは意外としぶといので、完治してすぐは油断はできない。
  • 治りかけの時でもマスクを使った方がよく、家族にもマスクをしてもらう方が安全。
  • 風邪をうつすと治る、治りかけほどうつしやすいというのは迷信。
おすすめ記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする