雨で花粉症が辛い、悪化する場合の対策、マスクを使うのがいいのか

この記事は約 8 分で読めますよ。

雨だから花粉症の症状も収まるだろう、そう思っていたらむしろ悪化した、そんなケースも珍しくはありません。
どうして雨の日なのに花粉症でつらい思いをするのか、気になるところではないでしょうか。

雨の日に花粉症の症状が辛いのはどうして?

今や春先の天気予報に欠かせない存在になったのが花粉の飛散情報で、予報が雨だと「スギ花粉やヒノキ花粉はあまり飛ばない」的な言葉が気象予報士さんやお天気お姉さんの口から出てきますよね。
まず雨の日に花粉があまり飛ばないというところが本当か嘘なのかですが、これは事実ですよ。

花粉は雄しべの葯(やく)という袋のような部分にあり、この葯が破けると花粉が周囲に飛び散るわけですね。
ところが、雨が降っていると葯そのものが水に濡れるので、花粉が出てきてもそのまま水と一緒に落下します。

葯が雨の被害を受けこなかったとしても、やっぱり出てきた花粉に雨が直撃するので、同じように落ちるわけですね。
だからこそ、天気予報で雨の予報の時には「花粉はあまり飛ばない」という結論になるのですが、それでもある程度は花粉は飛びます。

土砂降りクラスならともかくとして、パラパラとした小雨程度ならそこまで花粉を落とす効果も期待できないので、その花粉の影響で症状が出ることはありますよ。
ただ、雨の影響で花粉があまり飛んでいないなら症状もそこまで酷くはならないのが一般的で、悪化するようなら別の原因が考えられますね。

雨が降ると花粉症が悪化している気がするんだけど?

そもそも、花粉症とは体が花粉を異物(敵)と判断するから起こる症状で、くしゃみや鼻水などで花粉を外に出そうとしているのです。
この花粉を外に出そうとする働きの実行犯がヒスタミンで、花粉症や鼻炎の薬はヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン剤が一般的ですね。

抗ヒスタミン剤についてはこちらの花粉症と風邪の薬の記事でも触れているので、ぜひ確認してください。

ヒスタミンをどうするかが花粉症対策の基本なのですが、実はヒスタミンって雨の日に増えるんですよ。
こちらの台風の時に起こる頭痛の記事では気圧について解説しましたけど、ヒスタミンは低気圧の時に増えるという厄介な特徴があります。

低気圧だと上昇気流で雲ができやすく、結果的に雨が降るケースが多いので、雨の日はかなりの確率で低気圧なんですね(たまに、高気圧で雨が降る場合もありますが)
このように、低気圧のせいでヒスタミンが増えるので花粉自体がそれほど飛んでいなくても過剰に反応してしまう、これが雨の日に花粉症が悪化する理由の1つです。

上の段落で説明したように雨が降っているとその日の花粉は地面に落ちるのですが、逆に前日に地面に落ちた花粉が雨と風の力で舞い上がることがあります。
元々、花粉はものすごく小さいものですから、非常に軽い力でも簡単に舞い上がるんですね。

スポンサーリンク

そして、ヒスタミンの影響で体が反応しやすい状態になっているので、少しの花粉でも反応してしまって悪化したように感じられます。
朝起きたらすでに雨が降っていた、こんな場合は花粉はあまり飛んでいませんが、出かけたところ雨が降り始めたような場合は特に危険ですね。

空気中の花粉が雨の影響で落ちてくるのに加えて、前日の花粉が舞い上がりますから、花粉症が酷くなりやすいんですよ。
天気予報で「明日は花粉に注意してください」みたいに言われているなら、ある程度は覚悟ができているので症状が酷くても不思議には思いませんけど、雨の予報で「花粉はあまり飛ばない」と聞いているのに症状が酷いと、悪い意味で記憶に残りますよね。

「テレビの天気予報で花粉は飛ばないって言ってたのに」と怒りを覚えるかもしれませんが、雨の日でも実は油断はできないんです。
「一体いつから……雨の日は花粉症が楽になると錯覚していた?」と、BLEACHの藍染も言っていますから(大嘘)

雨で花粉症が酷くなるならマスクを使った方がいい?

油断したところを容赦なく攻撃してくる花粉はまさに悪魔的な存在なので、雨の日にはしっかり対策したいですね。

雨なら必ず花粉症が酷くなるわけではなく、この辺りの症状の出方には個人差があるので、雨の日に症状が落ち着くケースも割と多いんです。
だから、実際のところは雨が降らないとよく分からないのですが、花粉症の症状があるなら雨の日でもマスクをしっかりと着用したいですね。

花粉は服などについて家の中にも入ってくるので、雨の日に症状が酷くなる自覚があるなら、雨が降る前日から家でマスクを着用するのも有効ですよ。
低気圧の影響でヒスタミンによる反応が出る前に、マスクを使ってしっかりと花粉をブロックしたいところですね。

こちらでは花粉症の喉の痛みについて詳しく書きましたが、花粉症の症状があると口呼吸になりやすいので、喉にも症状が出ることってよくあります。

寝ている時にも鼻呼吸を徹底するのはなかなか難しいですから、喉を守るという意味でもマスクは効果的です。
雨の日に症状が悪化するようなら、しっかりと花粉症の薬を飲んで症状が出ないようにするのもポイントですよ。

おすすめ記事

まとめ

低気圧、当日の花粉、前日の花粉などが原因で雨の日であっても悪化するケースは割とあります。
雨で花粉症の症状が悪化した経験があるなら、油断せずにしっかりと対策をしてくださいね。

この記事のポイント
  • 雨が降ると花粉の飛ぶ量は間違いなく減る。
  • 低気圧によるヒスタミンの増加などの理由で、雨の日でも症状が悪化するケースも。
  • 雨の日でも、油断せずにマスクや薬でしっかりと対策したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする