一人暮らしの賃貸では防犯が重要、玄関や窓、挨拶などの対策

この記事は約 9 分で読めますよ。

一人暮らしの新生活が始まる、こんな時こそ油断してはいけません。
防犯が重要なのは一人暮らしに限った話ではないですが、やっぱり一人暮らしの時ほど気をつけたいものですね。

一人暮らしを賃貸物件で始めるなら防犯の何に気をつけたら?

男女どちらも空き巣などの防犯対策は必要ですが、女性の一人暮らしならより気をつけたいところです。
実際のところ、どこに住むかによってだいぶリスクは変わってきますので、パトロールをしているような防犯意識の高い地域の方が基本的には安全です。

基本的にと書いたのは、パトロールに参加しつつ裏では獲物を物色するような悪人がいないとも限らないので(そこまで気にしては生活できませんが)
ただ、現実には学校や会社までの距離、家賃などの問題でそこまで気にするのは難しいですし、すでに新居が決まっているなら自分で防犯を意識しましょう。

一人暮らしに限らず、個人的に防犯で意識した方がいいと思っているのは以下の2点ですね。

  • 油断しない
  • そもそも家に入らせない

オートロックマンションが安心というイメージがあるかもしれませんが、実はそうでもないです。
私がよく行くドラッグストアがあるのですが、その近くのオートロックマンションが酷いんですよね。

入り口の横に駐車スペースがあるのですけど、そこから普通に1階部分に入れるので、いつも「これ、オートロックの意味あるの?」って思ってます。
悪意を持っている側がオートロックを嫌がるということはあるとは思いますが、それでも構わず侵入するなんてケースもあるはずですよ。

オートロックなので安心という油断で防犯意識が抜け落ちているなら、言い換えればオートロックさえ突破すれば仕事がやりやすい環境です。
これはオートロックマンションに限らず、1階や2階じゃなくて最上階とか上の方だから安心というのも油断ですね。

シンプルな手口ですけど、住人と一緒にオートロックをすり抜けるケースって割と多いので、上の階でも安心というわけではありません。
あとは、ゴミ捨てとかちょっとした用事で自宅に鍵をかけずに出るなんてのも、油断の1つです。

空き巣は短期間でも仕事をしますし、どんな場合も鍵をかけて家を出るくらいの方がいいですよ。
こんなことを書いている私も、昔はゴミ捨てとか集合ポストをチェックする時には鍵をかけていませんでした。

直接的な被害に遭ったわけではないのですが、近くで空き巣の被害が出たことがあったので、それ以降は本当に1分とか2分とかの短い時間でも油断しないようにしています。

防犯で重要なのは一人暮らしの玄関や窓なの?

油断して鍵を開けっ放しにするなら防犯の意味がないので、油断しないことは相当に重要ですが、実際の防犯対策では侵入されないことを最優先にしたいところです。
仮に空き巣などに狙われたとしても、侵入されなければ当然ながら被害は出ないわけですしね。

玄関と窓をどう対策するかですが、まずは玄関のサムターン回しは気をつけたいところです。
サムターン回しって昔ほど聞かれなくなりましたが、今でも被害が出ている定番の手法なんです。

玄関にポストがついている場合はポストから手を入れたり、玄関に小さな穴を開けたりして中のサムターン(鍵を開け閉めする時のつまみ)を回す手法ですね。
外からでもやりようによっては鍵を開けられるので脅威ですが、サムターンカバーである程度は対策できます。

サムターン回しは2000年代前半ぐらいに一気に増えた印象がありますが、そのお陰(と言ってはあれですが)で対策グッズは簡単に手に入りますよ。
サムターンを外から回せないようにカバーを付けるだけでも十分なのですが、これだけではやや心もとないですね。

上で触れたようにドリルで小さな穴を開ける手口もあるので、扉そのものが被害を受けないように補助錠をつけるのが効果的です。
扉を開けるのに時間がかかればかかるほど見つかる可能性が高いので、補助錠をつけて鍵を2つにすれば、そもそもターゲットから外される可能性が高いんですよ(それでも絶対ではありませんが)

今は分譲住宅もワンドアツーロック(玄関に鍵2つ)が当たり前なので、賃貸でも取り入れたいところです。
お手軽なのは賃貸でも使える取り付けられるタイプの補助錠ですが、こちらは製品によって当たり外れがあるので、口コミをチェックするのがおすすめです。

スポンサーリンク

理想を言うなら、管理会社とも相談して補助錠の工事ができないかかけあうのがいいですよ。
窓も同様に補助錠をつけた方がよくて、安いのに効果が期待できるのが「ワンタッチ・シマリ」です。

こちらを付ければ窓サッシが一定以上は開かなくなる(押すとストッパーになって、すぐに元の平らな状態に戻せる)ので、価格が安い割には防犯効果が抜群ですよ。
Youtubeには「ワンタッチ・シマリ」を使った動画もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

余裕があるなら窓用の防犯ブザーもつけるなどしておいた方がいいですが、まずは侵入されないということを意識してはいかがでしょうか。

一人暮らしの防犯対策としてご近所への挨拶ってどう?

よく、女の子が一人暮らしをするなら男物の洗濯物を干しておくのがいいなんて言われますよね。
男性が一緒にいるなら空き巣なども避ける的な考えですが、これは個人的にはどうかなと思います。

短絡的な空き巣なら防げるかもしれないのですが、じっくり調べるタイプの空き巣には効果は期待できません。
郵便物とかチェックされたら一発ですし、それが難しくても男性が出入りしているかどうかなんて1日2日くらいチェックすればすぐにわかりますしね。

効果がないとは言いませんが、あんまり費用対効果の面では見合っていないかなとは思います。
あと、引っ越しで悩むポイントの1つが挨拶をどうするかですが、防犯のためには挨拶しない方がいいと言われていますね。

特に女の子の場合、挨拶をすれば一人暮らしであることがすぐに分かりますから、あんまりおすすめはできません。
ただ、近隣の方と顔見知りになっておけばいざという時に頼れるなんてメリットもあるので、非常に判断が難しいんです。

問題なのは近隣の方が頼りになるのか、近づいてはいけないのかが事前には分からない点ですね。
女の子の場合は挨拶をしなくてもいいみたいな風潮がある気がしますが、これはメリットよりも一人暮らしであることを知られるデメリットの方が大きいと判断してのことだと思われます。

結局のところはケースバイケースなのですが、都会だと挨拶なしでもそこまで不自然ではないので、挨拶なしが基本かなというのが個人的な意見です。


おすすめ記事

まとめ

一人暮らしの防犯で最も重要なポイントは、玄関や窓からの侵入をどう防ぐかだと思っています。
鍵のかけ忘れといった油断も含めて、いかにして侵入を防ぐかというところを意識してくださいね。

この記事のポイント
  • オートロックマンションに住んでいても、短時間の外出でも油断しないのが重要。
  • 玄関や窓には補助錠をつけて、侵入されないように意識したい。
  • 引っ越しの挨拶の有無は判断が難しいが、リスクを考えて挨拶をしないのも1つの方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする