ホワイトデーのデートは付き合う前でもおすすめ、お返しは何がいいか

この記事は約 8 分で読めますよ。

バレンタインデーに本命っぽいチョコレートをもらった場合、ホワイトデーにデートを誘っていいか迷うものですよね。
デートに誘ってもいいのか、デートに誘うならどんな感じがいいのか、気になるところだと思います。

ホワイトデーにデートに誘うのって付き合う前でも大丈夫?

まずホワイトデーにデートに誘っていいかというところですが、当然ですが特に問題はありませんよ。
別にデートに誘うのは時期とか関係なく自由なのですけど、バレンタインデーのお返しを渡したいという名目でのデートは珍しくも何ともないので、積極的に誘いましょう。

問題は、本命のチョコレートなのか判断に困るケースで、この場合はややリスクがあります。
実は本命ではなくて義理だった場合、相手は意識も何もしていない可能性も割と高く、何か変な雰囲気になることもあるのですよね。

本命か義理かを確実に判断することはできませんが、こちらのバレンタインの記事では(女の子向けに)チョコレートの渡し方について解説しているので、見分ける上できっと役立つはずですよ。

判断に困る場合は若干のリスクもあるものの、基本的にはホワイトデーにデートに誘うのはいいと思います。
無難にホワイトデーにお返しをして終わり、でも悪くはないのですが、ちょっとのんびりかなって気がします。

ホワイトデーにデートに誘うのって、9割くらいは告白するのと同じような感じなのでハードルが高く感じるかもしれませんが、相手がデートをOKしてくれるなら今後にも期待が持てるってことです。
チョコレートが本命っぽい場合は、失敗を恐れずに積極的にデートに誘ってみてくださいね。

ホワイトデーにおすすめのデートってどんな感じ?

さて、女の子を誘う時に悩むのがデートプランですが、付き合っていないのですから軽めで大丈夫です。
3月14日が土曜日、日曜日なら十分に時間もあるかもしれませんが、そうでないなら仕事などの都合でそんなに長くは会えないことも多いですしね。

会える時間が短いならどこかに食事に行って、その最後に用意していたお返しを渡すくらいでOKですよ。
お互いに時間的な余裕がある場合におすすめなのが、こちらのバレンタインの記事で書いたようなお返し選びを手伝ってもらうという名目です。

お返しに何を選ぶかって頭を悩ませるポイントなので、最初から聞いてしまうという逆転の発想ですね。
他のデートスポットを選ぶ場合も、最後に何かを食べてお返しを渡すという基本パターンは変わりません。

時間的な余裕がある場合もない場合も、どのお店に誘うかがポイントですが、付き合っていないことを考慮すると無難なのがイタリアンですかね。
イタリアンも定番過ぎてあれな感じはしますけど、高過ぎず安過ぎず雰囲気があるお店って意外とないので。

スポンサーリンク

付き合ってもいないのに高過ぎるところは問題ですし、逆に安過ぎる居酒屋とかは嫌う女の子も多いですから。
相手の好みも考えてお店を選ぶのが重要ですが、オシャレな感じのカフェなんかでもいいと思いますよ。

バレンタインデーとホワイトデーと言えばお菓子の出番が多いですから、スイーツが美味しいところなんかは話が弾みます。
お返しを渡すタイミングは別れ際くらいで大丈夫なので、じっくりと話をして好感度を稼いでいきたいところです。

そして、お返しを渡すくらいのタイミングで重要なのは、しっかりと次のデートの約束を取り付けることですね。
ここで告白する必要は特になく、始めてのデートならなおさらやめた方がいいのですが、次に繋げないのも問題です。

あからさまにガツガツした態度は見せないようにしたいですが、しっかりと次の約束は取り付けましょう。
ここで何も言わなければ、また改めて誘う時にハードルが高く感じられるかもしれませんし、別れる前に次に会う時のことを話してくださいね。

ホワイトデーのデートで渡すお返しは何がいいの?

用意するお返しはそんなに高いものでなくていい、というよりデートに誘うなら高いものは避けましょう。
お返しにデートに誘うならおごることが多いと思いますので、さらに高いものをお返ししては相手の負担になりますから。

マカロンはホワイトデーのお返しの定番ではありますが、いかにも高級そうなものを選ぶのは避けた方がいいですね。
あとは、こちらの記事ではマシュマロのお返しの真実について書きましたが、あえてマシュマロという選択肢もありますよ(ただし、マシュマロは嫌いという意味ではないとフォローする必要はありますが)

普通にお返しをするだけなら、定番中の定番のクッキーは逆効果になるケースもないとは言えないのですが、デートに誘っているなら定番のもので大丈夫です。
マカロンは(そもそも味の面で)割と好みが分かれますし、マシュマロもフォローが必要という難点があるので、無難なクッキーの方が安牌かなって気はします。

すでに食事の前段階でお返しについて一緒に選んでいる場合はここで悩む必要はないので、どう次のデートに繋げていくかに集中してくださいね。

おすすめ記事

まとめ

本命っぽいチョコレートに対してホワイトデーにお返しをするだけだと、やっぱり足りないと思います。
せっかくデートに誘える大義名分があるのですから、しっかりと活用していくのがいいですよ。

この記事のポイント
  • 本命っぽいチョコレートをもらったのなら、ホワイトデーにはデートに誘うのがおすすめ。
  • 時間がないならデートは食事だけで十分で、次に繋げられるように意識したい。
  • デートがあるので、お返しはさほど高くない方がいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする