雛人形の供養は必要か、人形以外をどうするかや相場についても

この記事は約 8 分で読めますよ。

何らかの理由で雛人形を手放す必要がある場合、悩むのは供養をするべきかしないべきか、です。
果たしてどちらが正解なのか、雛人形の成り立ちについても含めて詳しく解説したいと思います。

雛人形に供養は必要なの?

どうして雛人形の成り立ちが供養の話題に関わってくるのか、それは元々は子供の身代わりとして作られていたからですね。
雛人形の文化ができたのは平安時代のことであり、今で言うところのおままごとのために紙の人形が作られ、それが進化して雛人形になったのです(一般的ではなく、貴族の子供の遊びでした)

立派な人形ができればそれを飾る風習が生まれるのも当然で、次第に嫁入り道具としての地位を築いてきたわけですね。
そういう意味では、現代の雛人形はおままごとが進化した結果として生まれたものと言えるかもしれません。

しかし、これとは別に雛人形のルーツがあり、それが上にも書いたような子供の身代わりとしての人形です。
昔は今ほど医学も発達していませんでしたし、小さな子供が亡くなることも多かったので、今とは比べ物にならないくらいに厄除けが重要な意味を持っていました。

人形は人間の身代わりとしての意味があり、3月3日の上巳(じょうし)の節句には人形を川や海に流すことで子供の厄祓いをしていたのです。
今は3月3日はひな祭りという名前の方が一般的ですが、節句についてはらこちらの七夕の記事でも出てくるので、ぜひチェックしてくださいね。

これは上で書いた雛人形の成り立ちより前からあった風習で、雛人形は子供の身代わりとしての意味も持っています。
さて、ここで供養の話に戻りますが、雛人形の供養と関係している風習は身代わりの方です。

この辺りの解釈は難しいのですが、元々は身代わりとして作られたという成り立ちがあるので、雛人形を処分すること自体に供養の意味合いがあるとも考えられます。
「いらなくなったから捨てよう」みたいな扱いをするのはどうかと思いますが、あえて供養をする必要はないというのが個人的な意見です。

「今まで見守ってくれてありがとう」と感謝の気持ちがあれば、無理に供養をしなくても大丈夫です。
ただ、上にも書いたように現代の雛人形は飾るためのものという意味合いが強いですから、人形に愛着がわいているのに供養をしないでいいのかと思うのも当然のことですよね。

だからこそ「今まで見守ってくれてありがとう」という意味を込めて、供養をお願いしても大丈夫です。
どちらを選んでも大丈夫ですが、雛人形への感謝の気持ちは忘れないようにしたいところですね。

雛人形の供養って人形以外もやってくれるの?

ひな祭りのメインなのは雛人形、これは異論がないとは思いますが、人形だけなら処分する時にそこまで困らないはずです(供養するかどうかで悩む点を除けば)
実際には雛人形だけでなく雛壇、屏風、雪洞(ぼんぼり)といった大小様々なものがありますよね。

このような道具類に供養が必要なのか、それともそのまま処分してもいいのかも悩むところだと思います。
雛人形とは違ってこちらの答えは非常にシンプルで、人形以外の道具については供養する必要はありません。

寺社などの人形供養でも対象は基本的に人形ですから、そもそも人形以外の供養には対応していないところも多いんですよ。
それでも、中には雛壇などもまとめて供養してくれるところもあるので、愛着があって人形と共に供養してもらいたい場合は、人形供養を受け付けている寺社を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

投げっ放しだとあれなので軽く紹介しますが、人形供養で有名な神戸市の宅原寺の場合、別途料金を払えば雛壇やケースも処分してくれます(特に供養はないようです)

そして、同じく人形供養で有名な千葉県長生郡長南町の長福寿寺では、雛壇だけでなく小道具類も供養してくれますよ。

この辺りの対応はそれぞれ違うので、今まで使ってきた道具に愛着があるなら、最後までしっかりと見届けてくれるところを選ぶのも手です。

雛人形の供養の相場って?

当然ながら、寺社でも無料で供養はしてくれないので、人形供養をお願いするなら供養料が必要です(郵送で送るなら送料も)

供養料は人形の数で決められるのが普通で、相場としては人形1体につき1,000円程度ですね。
ただ、これは普通の人形の場合で、雛人形の場合はそれとは別に供養料が設定されているケースがほとんどです。

上で紹介した長福寿寺の場合、ホームページでによるとこのような感じで供養料が設定されています。

一式1万円にてお受けしています。
※七段飾りにつきましては2万円とさせていただきます。
(道具類、台も送っていただいて構いません。また何箱になっても構いませんが箱に番号を記して下さい)引用元:http://choufukujuji.com/kigan_1/index.html

宅原寺の場合は人形の大きさなどによって変わるそうで、ホームページの方には明確に記載がありませんでした。
安いところなら送料を含めても5,000円以内で収まるので、供養はしたいけれどもあまりお金をかけられない場合、より安いところを探してみるのがいいですね。

供養とは少し異なるのですが、雛人形を求めているところに寄付をするのが最も費用面での負担が少ない方法です。
新しくできた保育園、幼稚園など子供が関係している施設では雛人形を探している場合があるので、まずはお住まいの自治体に問い合わせしてみるのもいいですよ。

処分する方向性とは少し異なりますが、新たな受け入れ先を探してみるのもいい方法だと思います。

おすすめ記事

まとめ

雛人形、その付属品に必ずしも供養は必要ありませんが、気になるようなら供養をお願いしてください。
人形供養で有名な寺社は各地にあるので、Googleで検索するだけでも色々なところが見つかりますよ。

この記事のポイント
  • 雛人形の供養は必ずしも必要ではないが、処分するなら感謝の気持ちを持ちたい。
  • 雛人形以外の道具の供養もしてくれる寺社は、さほど多くはない。
  • 5,000円以下の供養料で、雛人形の供養をしてもらえるケースが多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする