ホワイトデーのクッキーは脈なしなのか、使われる理由や本命の判断法

この記事は約 8 分で読めますよ。

本命のチョコレートをバレンタインに渡したのに、ホワイトデーに返ってきたのがクッキーだった、これはなかなかつらいものがあります。
果たして、本命のお返しがクッキーだった場合は脈なしなのか、男性目線で解説したいと思いますよ。

ホワイトデーのクッキーのお返しは脈なしってこと?

こちらのマシュマロの記事では、マシュマロのプレゼントに「あなたが嫌い」という意味があるのはデマであると書きました。

マシュマロに限らず、ホワイトデーのお返しには(本当かどうかはさておき)それぞれ意味があって、クッキーの場合は「あなたは友達です」みたいな意味合いなんですね。
それを知っているなら、クッキーのお返しが来た時に「あなたの気持ちには応えられません」と受け取っても仕方がないわけです。

さて、私たち男性が本命のチョコに対して「あなたは友達」という意味合いでクッキーを返すことがあるのかですが、可能性で言うなら半々くらいってところですかね。
こちらのバレンタインの記事では本命と勘違いされないための方法について説明しましたが、クッキーのお返しが来る場合にまず考えられるのは逆に本命だと伝わっていないケースです。

「手作りチョコじゃなければ本命ではない」とか、かなり偏った考えの男性もいるので、ラッピングなどでアピールしても伝わらない可能性はありますね。
そして、本命だと伝わってはいるけれども、クッキーの意味を知らないケースも考えられますよ。

クッキーや(デマではありますが)マシュマロなんかの意味を知らずにお返しするケースも割と多いので、クッキーをもらったから脈なしとは限りません。
もちろん、クッキーの「あなたは友達です」という意味を知った上でお返しを選ぶケースもそれなりにあるとは思いますが、お返しがクッキーというだけでは断定はできませんね。

ホワイトデーにクッキーが返ってくる理由って?

どうしてクッキーが友達という意味合いを持つようになったのか、正確なところはよく分かりません。
誰が言い出したのかもよく分からないにも関わらず、完全にクッキー=友達って定着しているわけですね。

こちらの男性向けに書いたホワイトデーのお返しの記事では、義理の場合にはクッキーがいいんじゃないかとおすすめしましたが、クッキーがよく使われるのは買いやすくてある程度の効果も期待できるからです。

昔はホワイトデーのお返しと言えばマシュマロというイメージがあったのですが、デマが広まったからか最近は定番って感じじゃないですよね。
マシュマロは定番ではなくなった、チョコレートをもらったのにチョコレートをお返しするのは何となくためらわれる、そうすると残る選択肢で真っ先に出てくるのがクッキーというわけです。

スポンサーリンク

他にはキャンディーとか食べ物以外でハンカチとかもありますが、キャンディーは私たち男性からするとちょっと買いにくいところもあるんですね。
女の子ばっかりのスイパラ(に限らずスイーツの食べ放題)に行きにくいっていうのは、私たち男性の多くに共通している認識だと思います。

1人でスイパラに行って楽しんで帰ってくる男性のことを、勇者と呼ぶとか呼ばないとか……呼びませんかね。

ともかく、それくらいなら別におかしくもないのですが、中にはお菓子を購入すること自体に拒否反応を示す男性もそれなりにいるんです。
そういうのは女の子がやること、みたいな考えてって割とあるので、キャンディーはホワイトデーの売り場であってもちょっと手を出しづらく、さらに言うならお返しとしてあげるのも少しためらわれます。

ハンカチのような食べ物以外のプレゼントがダメだってのは体感で知っている男性も多いので、やっぱり手を出すのは厳しいところです。
そんな感じで、無難なのは分かっていてもクッキーに手を出さざるを得ないって面もあるんですね。

私たち男性からすればクッキーは買いやすくあげやすい品なので、3月には日本各地で濫用されているわけですよ。
スイーツ好きな男性なら人目は気にしませんが、他の選択肢を選べなくてお返しがクッキーになるケースもそれなりにあると思います。

ホワイトデーのクッキーが本命なのかを知りたいんだけど?

脈なしかどうかを判断する明確な方法はありませんが、ある程度はクッキーの種類で判断できますね。
いくらクッキーが買いやすくても、やっぱりその辺りのコンビニやスーパーで買えるクッキーを本命のお返しに選ぶことってないですから。

だからこそ、そういうよく見かけるようなクッキーが返ってきたのなら、気持ちが特に入っていないと考えられます。
高ければ本命というわけでもないのですが、高級感はある程度は判断材料として使えますよ。

義理のお返しの場合、わざわざ呼び出して渡すことなんて少ないですから、呼び出された場合は脈ありだけどクッキーの意味は分かっていない可能性がそれなりに高いと思います。
他の女の子にも同じクッキーを渡していないかとか、そういうチェック方法もありますけど、渡す時の状況が最も重要かなというのが個人的な意見です。

やっぱり、本命に対する脈ありのお返しの場合、私ならお返しは1対1の状況で渡しますよ。
何らかの事情でそれができないならメッセージを使いますが、このどちらにも当てはまっていないなら脈ありではない可能性は高まります。

ただ、上で書いたようにそもそも本命だと認識されていないケースもあるので、最終的にはその後の本人の態度で判断するしかないですね。

おすすめ記事

まとめ

本命チョコへのお返しがクッキーだった場合、単純に脈なしとは断定できないのが難しいところですね。
どんな感じでクッキーをくれたのか、その態度やどんなクッキーをくれたのかを参考にするしかありません。

この記事のポイント
  • お返しのクッキーだけでは、本命か脈なしかを判断することはできない。
  • 男性にとってお返しに用いやすいのがクッキーなので、よく使われる。
  • 渡されたクッキー自体、渡された時のシチュエーションや態度などで判断する必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする