ホワイトデーにぬいぐるみを彼女にお返しすると喜ばれるものか

この記事は約 8 分で読めますよ。

バレンタインに彼女からチョコをもらってホワイトデーにお返しをする、非常に順調な感じがしますね。
さて、彼女に対するお返しにぬいぐるみを選ぶケースは意外と多いですが、これって大丈夫なのでしょうか。

ホワイトデーにぬいぐるみを彼女に贈るのってどう?

結論を出す前に個人的な意見から言っておくと、私なら彼女に対するお返しにぬいぐるみは選びません。
以前にこちらのホワイトデーの記事などで、お菓子以外を選ぶのはリスクがあるってことを書きました。

ハンカチとかアクセサリーとか、そういう女の子が持ち歩くものってプレゼントされてもあまり使われないんですよね。
絶対ではありませんが女の子は見た目にかなり気を使うものなので、だからこそ使われません。

アウターとかインナーだけじゃなく小物までひっくるめて「見た目」なので、自分の見た目に悪影響を及ぼしかねない(自分で選んでいない)ようなものって、もらってもなかなか使われません。
本題のぬいぐるみの話に戻しますが、持ち歩くものでないですけど、これも部屋の見た目に大きく影響しますよね。

友達が来た時に自分で選んでいないぬいぐるみがあったら邪魔に思うのは当然ですし、そもそも年齢によっては「何でぬいぐるみみたいな子供っぽいものをもらわないといけないの」と感じてもおかしくはありません。
そういうのを子供っぽいと感じているならどんなぬいぐるみでもアウトですし、ぬいぐるみ自体は好きでも好みでないものをあげたらやっぱりアウトです。

高校生くらいならまだ「微笑ましいかな」とも思えるのですけど、社会人にぬいぐるみは基本的にアウトですよ。
仮に彼女がぬいぐるみが好きであっても、それは本人に任せて別のものを用意するのがいいですね。

ホワイトデーのお返しがぬいぐるみって本当にダメ?

色々言ってきましたが、これだけだとあくまで個人的な感想で終わってしまいそうなので、AllAboutのデータを貼っておきます。

女性が要らなかったと感じた彼氏からのお返し、というテーマなのでぜひチェックしてください。
紹介するということは……そういうわけなのですが、そこに書かれているコメントもなかなか辛辣ですね。

では逆に、どんなシチュエーションならぬいぐるみをお返ししても大丈夫なのか、これは難しいですよ。
まず、上で書いたように社会人の彼女に対するお返しがぬいぐるみだと「可愛い」とか「嬉しい」といった言葉が出てくるかもしれませんが、真に受けてはいけません。

どうしてもぬいぐるみをプレゼントしたい場合は、必ず小さなぬいぐるみにしてください。
大きなぬいぐるみって本当に場所を取りますから、もらってもスペースの問題があるんですよね。

これもぬいぐるみが嫌がられる理由なので、ぬいぐるみを渡すなら必ず、必ず、必ず小さなものにしてください。
小さめであっても、ぬいぐるみを受けつけないならどうしようもありませんが、大きめの熊のぬいぐるみに比べたらまだ傷は浅い……浅いはず……浅いと信じたい。

一応、ぬいぐるみを贈っても喜ばれるケースもあり、それはセットでぬいぐるみがついてくるタイプの商品を使ったやり方です。
2017年には、高級チョコの代名詞的な存在であるゴディバが、熊のぬいぐるみ付きのチョコレートセットを販売していました。

これならあくまでメインはチョコレートなので、お返しで使っても十分に喜ばれると思いますよ。
下の段落でもお返しについて書きますが、チョコレートに対してチョコレートで返すってのは悪い選択肢ではないですから、ぬいぐるみのセットがあるならそちらを選んでみるのも手ですね。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しで喜ばれるものって?

一応はぬいぐるみの有効的な活用法を考えてはみたものの、やっぱりぬいぐるみは使わない方が無難です。
彼女に対してのお返しの場合、喜ばれるものはこちらの記事で書いたようなデートと食事がいいと思います。

本命っぽいチョコをもらった場合の記事なので、彼女に対するお返しとはやや異なるところもありますが、デートでいい感じのところに行くのがおすすめなのは同じです。
バレンタインに何をもらったのかによっても対応は変わってきますが、基本はお菓子で大丈夫です。

ネックレスなんかのアクセサリー系という手もあるのですが、これは最初の段落で書いたように意外と地雷っぽいところがあるんですよね。
ネックレスとか、あと指輪とかは誕生日用のプレゼントに回して、ホワイトデーはデート+お菓子って感じが個人的にはおすすめです。

すでに彼女の好みがよく分かっているなら身につけるものでも大丈夫ですが、その辺りを把握できていないなら無難にお菓子がいいと思いますよ。
一応、こちらの記事で書いたようにマシュマロなんて手もありますが……積極的におすすめできるかはちょっと困るところですね。

それこそ、ゴディバを始めとした高級チョコレート辺りが最も無難なところかなと思います。

クッキーは義理のお返しにはちょうどいいのですが、本命に対するお返しにはやや軽いかなって印象ですね。
お返しそのものよりもデートプランを練る方がよく、やっぱり綺麗な夜景と食事は鉄板ですよ。

時間的な都合で夜に会えないなら映画館とカフェみたいな軽い感じで行くしかありませんが、時間に余裕があるならいい感じのお店を見つけておきたいですね。


おすすめ記事

まとめ

ぬいぐるみをお返しに選ぶのはかなり危険で、成功するイメージがまるで浮かばないんですよね。
無難なものを避ける気持ちも分からなくはないですが、ここは無難にデートで思い出を作るのがいいと思います。

この記事のポイント
  • ぬいぐるみのお返しは危険で、特に社会人の女性に対してはやめた方が無難。
  • ぬいぐるみ付きのチョコレートは、一応は大丈夫。
  • ホワイトデー当日、デートとお菓子のお返しで彼女を喜ばせたいところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする