バレンタインジャンボとミニの違いや確率、どっちを買えばいいのか

この記事は約 12 分で読めますよ。

2018年、グリーンジャンボ宝くじはバレンタインジャンボ宝くじに名前が変わり、同時にバレンタインジャンボミニも発売されます。
バレンタインジャンボ宝くじとバレンタインジャンボミニの違いは何なのか、確率的に差があるのかは気になるところではないでしょうか。

バレンタインジャンボとミニの違いって?

こちらの記事ではかつてのグリーンジャンボ宝くじの確率について書いているので、ぜひチェックしてもらいたいと思いますが、リニューアルされたバレンタインジャンボ宝くじについて軽く見ていきますよ。

気になるところはまず当選金額だと思われますが、バレンタインジャンボ宝くじの当選金額は以下のような感じですね。

  • 1等 2億円
  • 1等の前後賞 5千万円
  • 1等の組違い賞 10万円
  • 2等 1千万円
  • 3等 100万円
  • 4等 10万円
  • 5等 1万円
  • 6等 3,000円
  • 7等 300円
  • バレンタイン賞 2万円

1等の当選番号が「12組 123456」なら1等の前後賞は「12組 123455」と「12組 123457」であり、前後賞は当選番号の下1桁だけが1つ前後しているものですね。
こちらのグリーンジャンボの買い方についての記事ではバラと連番についても説明しましたが、連番なら1等と前後賞をまとめて狙えるので、その場合の当選金額は3億円です。

2等の1000万円もなかなかの数字ですが、3等からはガクッと数字のボリュームが下がってきます(それでもグリーンジャンボ宝くじ時代よりはだいぶましですが)
グリーンジャンボ宝くじと比較すると、1等は3億円から2億円にダウンしているものの、3等10万円が3等100万円にパワーアップするなど、下の等級が充実していますね。

グリーンジャンボ宝くじであった「春のつぼみ賞」は、バレンタイン賞に置き換わっていて、1万円から2万円に増額です。
さて、続いてはバレンタインジャンボミニの当選金額ですが、こちらも以下にまとめてみました。

  • 1等 2000万円
  • 1等の前後賞 500万円
  • 2等 200万円
  • 3等 10万円
  • 4等 1万円
  • 5等 3,000円
  • 6等 300円
  • バレンタインミニ賞 2万円

やっぱり「億」の文字がないと何となく寂しいものですが、それでも1等2000万円はなかなかの数字ですね。
2等もバレンタインジャンボ宝くじと比べるとガクッと当選金額が下がりますが、それでもバレンタインジャンボ3等よりはバレンタインジャンボミニ2等の方が上です

グリーンジャンボミニには1等の前後賞も組違い賞もありませんでしたが、バレンタインジャンボミニには1等の前後賞が加わっていますね。
バレンタインジャンボ宝くじと同じく、1等の当選金額はグリーンジャンボミニと比べると大幅ダウンですが、2等もだいぶダウンしています。

1等の前後賞と2等が、それぞれグリーンジャンボミニ時代の2等、3等と置き換わっているみたいな感じですかね。
グリーンジャンボミニ3等が50万円だったことを考えると、やはり下の等級がパワーアップしていると考えてよさそうです。

あと、グリーンジャンボミニであった「春のめぐみ賞」に代わってバレンタインミニ賞という特別な等級がありますが、バレンタインジャンボ宝くじのバレンタイン賞と当選金額は同じですね。
そして、宝くじそのものの価格ですが、これはグリーンジャンボ宝くじもグリーンジャンボミニも1枚300円、10枚セット3,000円ですよ。

バレンタインジャンボとミニの確率の差は?

いくら当選金額が高くても、実際に当たらなければ取らぬ狸の何とかですから、次に見ていくのは当選確率です。
やっぱり重要なのは確率ですから、バレンタインジャンボ宝くじの当選金額に確率を加えて以下にまとめました。

  • 1等 2億円 1/1000万(0.00001%)
  • 1等の前後賞 5千万円 2/1000万(0.00002%)
  • 1等の組違い賞 10万円 99/1000万(0.00099%)
  • 2等 1千万円 5/1000万(0.00005%)
  • 3等 100万円 100/1000万(0.001%)
  • 4等 10万円 2000/1000万(0.02%)
  • 5等 1万円 1万/1000万(0.1%)
  • 6等 3,000円 10万/1000万(1%)
  • 7等 300円 100万/1000万(10%)
  • バレンタイン賞 2万円 4000/1000万(0.04%)

何で1000万分の1とか2とかで表記しているか、それはバレンタインジャンボ宝くじが1000万単位で売り出されているからですね。
宝くじはユニット単位で発売されていて、バレンタインジャンボジャンボ宝くじの場合は1ユニット1000万枚1)多くのジャンボ宝くじは1ユニット1000万枚ですが、年末ジャンボ宝くじは1ユニット2000万枚。です。

スポンサーリンク

この1000万枚の中に組、番号が完全に同じものは2つとなくて、全て違う数字が印刷されています。
その中に1等の当選番号はたった1つしかないので、バレンタインジャンボ宝くじの1等の当選確率は1/1000万というわけですね。

ユニットは複数販売され、違うユニットの中には完全に同じ番号も入っていますから、1等の当たりくじは出荷されたユニットの数だけ存在する2)2018年は14ユニットが発売。わけです。
以前に書いた年末ジャンボ宝くじの記事でもユニットについて説明しているので、ぜひチェックしてくださいね。

さて、確率を見て言いたいことがあるかもしれませんが、同じようにバレンタインジャンボミニもチェックしていきましょう。

  • 1等 2000万円 5/1000万(0.00005%)
  • 1等の前後賞 500万円 10/1000万(0.0001%)
  • 2等 200万円 100/1000万(0.001%)
  • 3等 10万円 2000/1000万(0.02%)
  • 4等 1万円 1万/1000万(0.1%)
  • 5等 3,000円 10万/1000万(1%)
  • 6等 300円 100万/1000万(10%)
  • バレンタインミニ賞 2万円 1万/1000万(0.1%)

バレンタインジャンボミニの方も1ユニットは1000万枚なので、バレンタインジャンボ宝くじと比較すると確率が分かりやすいですね。
2017年のグリーンジャンボミニの1等は当選番号が「組下1ケタ1組 173726」ですが、これは「1組 173726」「11組 173726」「21組 173726」のように「91組 173726」まで全部で10種類の当選番号があるって意味ですよ。

バレンタインジャンボミニでは1等の当選本数が5つに減っているので、ここは残念な変更ですね。

バレンタインジャンボとミニはどっちを買うのがいい?

上の方で書いたように宝くじ1枚の価格は同じですから、確率と当選金額でどちらを選ぶかを決める必要があります。
バレンタインジャンボミニの最高が2000万円、前後賞が500万円と控えめな数字ですから、1発でかいのを狙うならバレンタインジャンボ宝くじ1択ですね。

バラだと前後賞を当てるのはほぼ不可能です(前後の番号が偶然にも入っていて、さらにそれが当たるというミラクルを起こさないといけません)が、1等2億円だけでも破壊力は十分です。
ただ、バレンタインジャンボ宝くじは2等でガクッと当選金額が下がり、3等はジェットコースターの出だし並にさらに下がっていくので、そこそこを当てるのが難しいんですよね。

バレンタインジャンボミニは1等こそ2000万円とやや控えめですが、1等前後賞で500万、2等で200万円とバレンタインジャンボ宝くじの2等と3等の間くらいの当選金額をカバーしています。
確率は……こう言うと投げっぱなしみたいであれなのですが、0.1%未満はもうほぼ0と同じですしね。

現実的に考えるとまだ当たる可能性がありそうなのが、バレンタインジャンボ宝くじの4等10万円(0.02%)やグリーンジャンボミニの3等10万円(0.02%)でしょうか。
もっと現実的に考えるなら、当選金額は同じ2万円でもバレンタイン賞より確率がだいぶ高いバレンタインミニ賞を狙って、バレンタインジャンボミニを狙うって手もありますよ。

そんな中途半端な当選金額などいらない、狙うは高額当選のみと考えているならバレンタインジャンボ宝くじですね。
実際、億あれば人生は相当に変わるのは間違いありませんし、確率がどれだけ低くても狙う価値はありますよ。

おすすめ記事

まとめ

バレンタインジャンボ宝くじは高額の当選金が魅力で、バレンタインジャンボミニはそこそこの当選金を狙う場合に向いているというのが個人的な結論です。
個人的には億に惹かれてしまうのですが、この記事の確率なんかも参考にしてどちらを購入するか決めてくださいね。

この記事のポイント
  • バレンタインジャンボミニは当選金額が最高でも2千万円だが、前後賞や2等がやや高め。
  • 1等同士を比較した場合、バレンタインジャンボ宝くじは2億と高いが確率は低い。
  • ホームラン狙いはバレンタインジャンボ宝くじ、ヒット狙いはバレンタインジャンボミニ。

注釈   [ + ]

1. 多くのジャンボ宝くじは1ユニット1000万枚ですが、年末ジャンボ宝くじは1ユニット2000万枚。
2. 2018年は14ユニットが発売。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする