グリーンジャンボ1枚の値段、1セットや連番、特殊な買い方の場合も

この記事は約 9 分で読めますよ。

人生で初めての宝くじがグリーンジャンボ宝くじ、そんなケースも多いと思います。
このグリーンジャンボ宝くじの1枚や1セットの価格はいくらなのか、解説していきましょう。

グリーンジャンボ1枚の値段っていくら?

年末ジャンボ宝くじと比べるとテレビのコマーシャルも控えめな気がしますが、それでもグリーンジャンボ宝くじはよく知られていますよね。
だからこそ、グリーンジャンボ宝くじの時期に宝くじデビューしてみようと思っても不思議ではないのですが、グリーンジャンボ宝くじは「ジャンボ宝くじ」の1種ですね。

年に5回あるジャンボ宝くじはいずれも当選金が高額なのですが、どれも1枚の値段は変わりません。
当選金額には違いがある(1等が最も高いのが年末ジャンボ宝くじ)ので、やや納得がいかないかもしれませんが、グリーンジャンボ宝くじの1枚の値段はいくらなのかという問いの答えは、300円ですね。

グリーンジャンボ宝くじ1等の当選金額は3億円なので、300円で3億円の払い戻しがあるかもしれません。
300円が300万倍になって返ってくるかもしれない、そう考えると非常にロマンがありますよね。

日本のギャンブルは宝くじ、それに競馬や競輪、競艇といった公営のものだけですが、その中でも特に当選金額が高いのが宝くじです。
過去に競馬では、WIN5という特殊な買い方(インターネットからの購入限定)で4億円超というとんでもない結果が出ていますが、基本的には穴(人気薄で払い戻しが高い)を狙っても100万円から500万円くらいまでに落ち着きます。

そういう意味では、300円で3億のお金を手にできるかもしれないグリーンジャンボ宝くじは魅力があると思いますよ。

グリーンジャンボ1セットの値段は?

もっとも、グリーンジャンボ宝くじがそう簡単に当たるかと言われれば「そんな甘くはない」と答えるしかありません。
初めてだと確率についてもピンとこないかもしれませんから、こちらのグリーンジャンボ宝くじの確率の記事をチェックしてもらいたいと思います。

見ていただいたら分かるでしょうが、1等は○○○○○より確率が低いとかとんでもないことが書かれていますよね。
グリーンジャンボ宝くじは確かに1枚300円で購入できますが、それで1等が当たるなんてまずあり得ません。

1等の当選番号はどこかの宝くじ売り場には確実にあるので、絶対に当たらないとは言い切れませんが、億万長者を目指して100枚どころか1,000枚単位で購入する猛者も珍しくはありません。
そう考えると、たった1枚で1等当選を目指すのがどれくらい分が悪いかはイメージできるのではないでしょうか。

グリーンジャンボ宝くじをスルーした年もありますが、それでも私はジャンボ宝くじは割と購入しています。
当然ながら、熱気が溢れている人気の宝くじ売り場に行くことも多いですが、やっぱり1枚購入ってほぼ見かけません。

宝くじは1枚からでも購入できるのですが、実際には最低でも1セットからの購入みたいな雰囲気があるのは事実です。
別に1枚だけの購入がダメではありませんが、確率的なことを考えるとやっぱり1セットは欲しいかなと思いますね(ただ、確率は元々皆無に近いのですから、あえて1枚だけという選択肢もないわけではありません)

宝くじの1セットは10枚で、だからこそ宝くじ売り場では10枚入りのセットが大量に用意されているわけです。
「グリーンジャンボのバラ10枚」とか「グリーンジャンボの連番3,000円分」と店員さんに告げれば、本当にすぐに宝くじ10枚入りの袋が出てきますから。

スポンサーリンク

そして、肝心の10枚入り1セットの価格は3,000円で、残念ながら「10枚入りなのでセットでお安く!」的なものはありません。
実際にジャンボ宝くじを買いに行くなら1セットをどれだけ買うかで迷うもので、私の場合は過去には1回に9,000円を投入したのが最高ですね。

その時は見事に的中させて、宝くじ売り場で換金したところ何と900円も手元の方に戻ってきましたよ。
1セットを購入すれば必ず300円は当たるので、900円が当たったは何も当たっていないのと同じ意味ですね。

グリーンジャンボの連番やバラの値段はどんな感じ?

上の段落で「バラ10枚」とか「連番3,000円分」という単語がいきなり出てきましたが、これはグリーンジャンボ宝くじ(に限らず宝くじ全般の)買い方の種類です。
グリーンジャンボ宝くじのバラと連番についてはこちらの記事でも取り上げたので、ぜひチェックしてください。

だから、上の段落で書いたことをより正確に言うなら、10枚入りバラのセットと10枚入り連番のセットが大量に用意されている、ですね。
バラも連番も価格は全く変わらないので、それぞれ1セット3,000円であり、バラを1セットと連番を1セットとかそういう注文でも大丈夫ですよ。

以前、年末ジャンボ宝くじの記事では縦バラなんて特殊な買い方を紹介しましたが、こちらはグリーンジャンボ宝くじでも購入可能です。

ただ、縦バラは全ての宝くじ売り場で対応してくれるわけではないので、対応しているか分からないならあらかじめ店員さんに尋ねましょう。
そして、縦バラを購入するには3セット90枚が最低でも必要なので、必ず9,000円が財布から飛んでいきます。

買い方によってほんのわずかですが当選確率は変わってくるので、ぜひ吟味してくださいね。
どの買い方であっても、グリーンジャンボ宝くじ1枚が300円であることは変わりませんよ。


おすすめ記事

まとめ

グリーンジャンボ宝くじは1枚300円、10枚3,000円で販売されていて、他の公営ギャンブルとは違って求められるものは運です。
運試しの意味で、1年で最初のジャンボ宝くじであるグリーンジャンボ宝くじを購入してみるのもいいと思いますよ。

この記事のポイント
  • グリーンジャンボ宝くじは1枚300円、1等の当選金額は3億円。
  • 購入は1セット10枚が基本で、1セットは3,000円。
  • バラと連番で価格の差はなく、ともに1セット3,000円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする