初節句のお返しで実家と義両親はどうする、高額な品をもらった場合は

この記事は約 8 分で読めますよ。

ひな祭りや子供の日などの初節句を迎えた時に困るのが、お返しです。
親戚へのお返しも困るポイントなのですが、両親や義理の両親からのお祝いに対してはどう対処するのがいいのでしょうか。

初節句のお返しを実家に対してするならどうすれば?

初節句1)赤ちゃんが生まれての初めての桃の節句、あるいは端午の節句のこと。
女の子なら3月3日、男の子なら5月5日が初節句。
にはお祝いをいただくものですが、このお返しって何が正解か判断に困るものだと思います。
まず、実の両親からお祝いをもらった場合ですが、一般的にはお返しなど必要ないとされていますね。

正直に言うと、個人的にはもらいっぱなしっていうのはすごく納得がいかないところはあるのですが、だからと言って無理にお返しをするのもあれですから困ったものです。
親戚へのお返しの場合は半返しがいいとはよく言われますが、同じことを両親に対してすると他人行儀であると思われてしまうわけですね。

だからこそ、一般的なお返しについては必要ないのですが、何かもらったのに電話して感謝の気持ちを伝えるだけってのは、それはそれで問題です。
絶対ではありませんので断定はできませんが、お爺ちゃんやお婆ちゃんは孫のことを可愛く思うものですから、やっぱり会う機会を設けるのが一番だと思いますよ。

同居しているとか、すぐ近くに住んでいるならともかく、そうでないなら孫の顔を見る機会ってそうはないでしょうから。
自宅で食事会を開いて両親を招く、もしくはお店で食事会を開くケースが多いので、基本的にはこの2つの選択肢のどちらかを選べば大丈夫ですよ。

初節句のお返しに義両親に何をすれば?

義理の両親からお祝いをいただいている場合、ある意味では両親よりも困るかもしれませんね。
こちらの喪中はがきと親等の記事でも触れたのですが、義理の両親は1親等にあたるので親等的には非常に近いんですよ。

ただ、近い割には付き合い自体はそう長くはなく、どちらかと言えば「他人」に近いというアンバランスさが厄介なところです。
義理の両親からお祝いをいただいた場合にどうするかですが、対応自体は両親と同じで大丈夫ですね。

自分にとっては他人であっても、妻か夫にとっては実の両親なのですから、対応に差が出たら問題になりかねません。
だからこそ、両親と義理の両親からお祝いをもらった場合、両家を招いて食事会を開催するのが無難ですね。

スポンサーリンク

ただ、住んでいるところによっては来るのが難しい、もしくはタイミングが合わないなんてことも十分に考えられます。
タイミングが合わないようならそれぞれ別に食事会を開く、どうしても来られないようならお菓子など軽めのお返しをするなどの対応がいいですよ。

お菓子を贈るなら必ずお子さんの写真を同封して、お子さんが成長している姿が分かるようにしたいですね。
最近はスマホやパソコンなどで気軽に写真を送れるので、そこまで写真の需要はないかもしれませんが、それでもいい感じの写真を同封すれば喜ばれると思いますよ。

両親、義理の両親のどちらかを招く場合に気をつけたいのは、来られない方への対処ですね。
何も言わなくて、あとからその事実を知られた場合は「向こうの家だけ招かれていたのか」みたいに、不愉快に感じられるかもしれません(上で書いた対応の差の問題ですね)

孫がいるということは、両親も義理の両親もそれなりの年齢である可能性が高いのですが、この辺りの感情ってあんまり年齢と関係ありませんからね。
無駄にトラブルを抱えるのを避けるという意味で、来られなかった両親、あるいは義理の両親には「こういう事情であちらの両親と食事会をします」的なことは言っておいた方がいいですよ。

初節句のお返しは高額なものをもらった場合も同じでいいの?

出席してもらえるかどうかはさておき、両親や義理の両親へのお返しは食事会が鉄板です。
最初の段落で書いたように、下手にお返しをすると他人行儀になるので、孫との時間を作ることでお返しをするって感じですね。

ただ、それでも何かお返しをした方がいいんじゃないかなって気分になることがあるかもしれません。
こちらの記事では雛人形を誰が購入するかって記事を書きましたが、雛人形はかなり高いものもありますしね。

子供の日の五月人形、鯉のぼり辺りもかなり高いものが売られていますし、申し訳なく感じるくらいの品を受け取ることも十分に考えられます。
10万円を超える品を受け取った場合のお返しが食事会での触れ合いだけだと不安に感じられるかもしれませんが、基本的には他にお返しは不要ですよ。

言い方はあれですけど、可愛い孫と過ごす時間は「時価」みたいなものですから、そんなに気にする必要はありません。
その辺りが気になるようなら、ちょっと奮発して高めのお店で楽しんでもらうのがいいと思います。

ホテルのレストランなら個室が用意されているところも多いので、近場のホテルでいいところがないか探してみるといいですよ。
中華であったり日本料理であったりと選択肢も豊富ですので、食事の好みなんかも考慮してお店を選んでください。

おすすめ記事

まとめ

両親、義理の両親にどのようにお返しをすればいいかは悩むところですが、お子さんとの時間を作るのが基本です。
自宅に招く場合もお店で顔合わせをする場合も、可愛い孫との時間を存分に楽しんでもらえるように意識したいですね。

この記事のポイント
両親、義理の両親に対するお返しは、食事会がいい。
両親や義理の両親が食事会に来られない場合は、軽めのお菓子や写真を贈って対応。
高いものをもらった場合も食事会でいいが、高めのお店を選ぶやり方も。


注釈   [ + ]

1. 赤ちゃんが生まれての初めての桃の節句、あるいは端午の節句のこと。
女の子なら3月3日、男の子なら5月5日が初節句。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする