花火大会の持ち物でデート向けなもの、浴衣関係で便利なもの

この記事は約 6 分で読めますよ。

夏場のイベントといえば、全国各地で開催される花火大会を思い浮かべる人も多いと思います。
女の子とのデートで花火大会に行く人も多いですが、快適な時間を過ごすためには持ち物の準備が欠かせません。



花火大会の持ち物でデートに必要なものは

初めて行く人はイメージしにくいかもしれませんが、花火大会は体力勝負の面もあるので、なるべく彼女に快適に過ごしてもらうことを意識するのがよいですね。
大規模な花火大会の場合は座るところも確保できず、立ちっぱなしなんてことも多いですが、そうでないならビニールシートは必須です。

彼女と2人で座るビニールシートは距離も縮まりますし、これがあるとないでは大きな違いがあります。
ビニールシートで花火を楽しんでいても、いつの間にか気温が下がっていて寒く感じる、これもよくあることです。

そのため、ブランケットのような体にかけられるものを用意しておくと、気が利くところをアピールできます。
寒さ対策をする一方で、花火大会が始まるくらいの時間ならまだ熱さも残っていますから、うちわか扇子は用意しておかないと厳しいですね。

花火大会の時期は最寄りの駅などでうちわを配っていることも多いですが、自前の扇子を用意しておくのもよいですよ。
花火大会での扇子は雰囲気の補正もあってか女の子からの評価も高まるので、購入するのも手です。

花火大会では屋台も多く並んでいて飲み物を購入する機会は多いですが、基本的には割高です。
そのため、ペットボトルなどの飲み物は事前に購入して、すぐに取り出せる状態がベストです。

汗を大量にかくと熱中症の危険性もあるので、水分と塩分をまとめて補給できるポカリスウェット、アクエリアスやOS-1は持っておくと安心ですよ。

花火大会の持ち物で浴衣を着る人向けのもの

普段はなかなか見られない浴衣を来てくる彼女、これは素晴らしいシチュエーションですが、一方でトラブルが起きる場合もあります。
女の子に合わせて男子の方も浴衣と下駄で花火大会に向かう、これはよくあるケースですが、下駄はトラブルの原因なんですよね。

スポンサーリンク

下駄の鼻緒のせいで靴ずれができて、デートどころではないという経験を持っている人は意外と多く、私も花火大会で下駄を履いたせいで苦しんだことがあります。
靴ずれができたことは数えるほどしかないのですが、下駄では見事に靴ずれを作ってしまい、歩くたびに痛くて助けてくれと思ったものです。

親指と人差し指の股の部分に鼻緒を当ててしまいがちですけど、指と鼻緒の間に余裕を持たせないといけません。
そして、靴に慣れていると違和感があるかもしれませんが、かかとは下駄から若干はみ出るくらいが正しい履き方なんです。

鼻緒の中身は綿、麻紐、ボール紙ですが、綿が多いものは柔らかくて初心者でも安心して履けます。
このように対策も可能なのですが、絆創膏を親指と人差し指の股の部分に貼る、ベビーパウダーを塗るなども効果的です。

花火大会は人が多くてぶつかるなどの危険性もあるので、絆創膏を持っておくとよいですね。
最初から絆創膏を勧めると女の子も見下されているように感じるかもしれませんので、話を聞いて女の子が下駄に慣れていないようならさり気なく絆創膏の話を持ち出すとよいと思います。

また、女の子の浴衣は着崩れが起こる場合があるので、安全ピンやクリップなどを持っておくのもよいですね。

花火大会の持ち物で、これがあると便利

女の子とのデートに欠かせない持ち物を重点的に書いてきましたが、花火大会で持っておきたい便利な持ち物は他にもあります。
花火大会に限った話ではありませんが、夏場は虫が多く、河川敷のようなところは特に危険なんですね。

特に蚊に刺されるとかゆみで集中できませんし、蚊が原因の病気も気をつける必要があるので、虫除けスプレーは必須アイテムです。
汗をかくと蚊は寄ってくるので、出かける前に使うのではなく虫除けスプレーは持ち歩きたいところです。

人も多く気温も高ければ汗は必ずかくので、タオルを用意していないと相当に困りますよ。
汚れ対策という意味ではウェットティッシュも効果的で、屋台で購入したものを食べて手が汚れた時などに役立ちます。

普通、花火大会でトイレの数はそう多くはないのでトイレが見当たらない、もしくはトイレに大勢が並んでいて気軽に水は使えません。
ウェットティッシュがあれば軽い汚れなら落とせるので、普通のティッシュよりよいのです。

一応、飲み物でミネラルウォーターがあるなら、ティッシュに水分を湿らせて使うという方法もありますね。
食べたり、飲んだりした場合にはゴミが出ますが、ゴミ箱もトイレと同様になかなか見つからない場合があるのです。

そんな場合に捨てるなどはもってのほかなので、ゴミを入れるためのビニール袋があると便利です。
コンビニなどで飲み物を購入しているなら、そのビニール袋をとっておきそのまま使うのもよいですよ。


まとめ

花火大会でのデートに欠かせない持ち物は色々とありますが、道具と同じくらいに重要なのは気づかいの心ですね。
この記事を参考にして、女の子を気づかってあげてください。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする