うなぎを夏に食べる由来やなぜ健康によいのか、そして旬の問題

この記事は約 6 分で読めますよ。

土用の丑の日が近づくと、スーパーでもうなぎをよく見かけますよね。
スタミナ食として知られているうなぎですが、どうして夏場によく食べられるようになったのでしょうか。



うなぎが夏に食べられるようになった由来

まず、土用の丑の日の由来ですが、これは土用の最初の丑の日という意味合いで、土用は立秋の日の直前の約18日間のことです。
正確には、土用は立夏、立秋、立冬、立春のそれぞれの前の約18日間のことなのですが、現代では立秋の前を指す場合がほとんどです。

立秋は秋の気配が出始める頃、大体8月7日くらいなので、立秋前の土用は7月19日から8月6日のことが多いですね。
「大体」とか「くらい」とか曖昧な表現を使っているのは、土用は17日だったり18日だったり19日だったりとやや幅があるからで、そのせいで少しずれる場合があります。

丑の日の「丑」は干支の1つの丑のことで、昔は干支は年だけでなく日付の方にもあったのです。
以前に漢字検定についての記事を書きましたが、準1級だと甲子とか庚寅とか干支に関する問題も出てくるので知っている人も多いでしょう。

年の干支とは少し異なり日付の干支は全部で60種類ですが、その中で丑の日は5つあり、土用の中で最初の丑の日がいわゆる「土用の丑の日」なのです。
土用の期間内で2回目の丑の日、二の丑が来る場合もありますが、現在ではうなぎを食べるのは最初の丑の日だけですね。

エレキテルでよく知られている江戸時代の発明家、平賀源内が土用の丑の日とうなぎを関連付けたという由来がよく語られています。
ただ、江戸時代の歌人の大田南畝がうなぎ屋に頼まれてキャッチコピーのような歌を作ったからだという説もありますね。

一方、日本の最古の和歌集である万葉集には土用の丑の日くらいの時期にうなぎを食べるのがよいというニュアンスの歌もあり、夏場にうなぎを食べるのがよいことだと遥か昔から思われていたようです。

うなぎが夏バテによいのはなぜ

なぜ夏にうなぎを食べるようになったのか、正確な由来は今となっては分からないものの、そのような習慣が現代でも根付いているのは間違いありません。
先に書いたように平賀源内が仕掛け人として広めたという説が根強く、バレンタインやホワイトデー、最近の恵方巻きのように商売っ気を感じ取って嫌う人もいますね。

味自体も割と好き嫌いが分かれる食材なので避ける人も多いですが、以前に記事にしたようにうなぎは夏バテの予防や改善の効果が期待できるのです。
なぜうなぎが夏バテに効果的なのか、それはビタミンB群やミネラルといった栄養素を豊富に含んでいるからですね。

スポンサーリンク

ビタミンB群、特にビタミンB1は疲労回復に効果的なのでバテている時には最適であり、さらに鉄分や亜鉛といったミネラルは不足すると夏バテに繋がります。
このような夏バテに効果がある栄養素だけでなく、ビタミンAやビタミンD、ビタミンE、DHAはEPAなども多く含んでいて、美容面でも効果があるのです。

夏バテには栄養素以外にも原因が複数あるので、ウナギを食べていたら安心というわけではありませんが、夏バテ対策の食材の中ではかなり有力です。
ただ、うなぎ自体はかなり脂っぽい部類の食材なので、なるべくさっぱりしたものも合わせたいですね。

うなぎ店では肝吸いといううなぎの内臓が入った吸い物がありますが、うなぎと吸い物の相性はよいですよ。
夏バテに効果が期待できるしじみやワカメの吸い物が付け合わせとしてよく、他にはあっさり感がある茶碗蒸しもよいと思います。

うなぎは夏が旬ではなかった

商売っ気を感じて土用の丑の日のうなぎを嫌う人も多いですが、一方で旬の問題を指摘する人もいるのです。
私も昔は知りませんでしたが、実はうなぎの旬は冬なので、夏に食べるのはどうかという声があるのも当然なのですね。

うなぎは冬の時期を乗り切るために脂肪を体内で蓄えるので、冬のうなぎの方が脂が乗っています。
具体的には10月から12月くらいのうなぎが旬と言われており、本来はこの時期に食べるうなぎの方が美味しいのですが、売っているものを買うなら季節による味の変化はないと思って問題ありません。

冬が旬というのは天然ものの話ですが、ニュースで取り上げられることもあるようにうなぎの漁獲量は減っています。
うなぎ店で食べるなら冬の方がよいのかもしれませんが、普通に売られているうなぎの場合は旬はなく年間を通して味がキープされていると考えてよいでしょう。

実際、私はうなぎが好きなので夏場以外にもうなぎを買いますが、味に大きな変化はありませんでした。
うなぎ業者の陰謀には乗らない、これも1つの考えですが、うなぎが好きなら旬や由来は気にせずに土用の丑の日に合わせて購入するのもよいでしょう。

しかし、うなぎを扱っている店に食べに行く場合は、土用の丑の日ではなく秋までは待つのも手ですね。


まとめ

土用の丑の日に食べるうなぎの由来は諸説あるのですが、健康によい食材だという点は明白です。
夏バテに効果が期待できる食材なので、ぜひ土用の丑の日にかけて売られるうなぎを購入してください。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする