ドリームジャンボのバラと連番はどっち、2つの違いやミニの場合は

この記事は約 8 分で読めますよ。

宝くじを購入する時に悩むポイントが、バラか連番かです。
ドリームジャンボ宝くじではバラ、連番のどちらを狙うのがいいのか気になるところだと思います。

ドリームジャンボのバラと連番ってどんな差が?

まずはドリームジャンボ宝くじの当選確率について見ていきますが、当選確率はこちらで詳しく書きましたのでぜひチェックしてくださいね。

改めて当選確率について軽く書くと、ドリームジャンボ宝くじの当選確率は以下の通りです。

  • 1等 5億円 0.00001%(1/1000万)
  • 1等の前後賞 1億円 0.00002%(2/1000万)
  • 1等の組違い賞 10万円 0.001%(100/1000万)
  • 2等 1000万円 0.0001%(10/1000万)
  • 3等 3万円 0.0003%(30/1000万)
  • 4等 3,000円 1%(10万/1000万)
  • 5等 300円 10%(100万/1000万)

普通は具体的な数字が出ると分かりやすくなるものですが、確率が低すぎて逆によく分からないという不可思議な状態ですね。
では肝心のバラか連番かの話にいきますが、10枚セット1)1セット3,000円。組、番号の両方が全てバラバラで入っているのがバラですね(ただし、番号の下1桁は必ず0~9の10種類が揃うので、5等300円は必ず当選する)

それに対して連番は、10枚セットの組番号が10枚全て同じで、さらに1桁目から5桁目までは全て同じ数字です。
違うのは下1桁だけで、具体的には199991、199992、199993、199994、199995~199999みたいな感じですね。

上の確率一覧に1等の前後賞がありますが、これは1等の当選番号の前後の数字のことです。
1等の当選番号が62組の1354582)2017年のドリームジャンボ宝くじの1等当選番号です。だとしたら、62組の135457と62組の135459が1等の前後賞ですね。

連番は1等と前後賞をまとめて狙える買い方なので、テレビのコマーシャルでは「1等前後賞○億円」みたいなフレーズを使って宣伝しているわけです。
1等前後賞を狙うなら連番でないといけません3)バラは手違いでもない限り1桁目から5桁目がバラバラですから、手違いが起きてさらにそれが1等前後賞と一致するというミラクルが必要です。ので、高額当選以外いらないなら連番1択なんですね。

ドリームジャンボのバラと連番って確率的に違いがあるの?

バラの方が当たりやすいみたいな話を聞いたことがあるかもしれませんが、確率は上で書いた通りで、そこにバラと連番の違いはありません。
ただ、条件を指定した場合には確率にほんの少しだけ差が出るので、今回のドリームジャンボ宝くじなら1000万円以上が当たる確率にしてみましょう。

本当なら1億円以上が当たる確率にしたかったのですが、それだと1等か1等の前後賞しかありませんからね。
1000万円以上の当選金が当たるのは1等、1等の前後賞、2等で、1ユニット1000万枚中に13枚しかありません。

ドリームジャンボ宝くじに限らず、ジャンボ宝くじはランダムで番号が決められる4)機械がやる、大がかりなダーツみたいなものので、1等と2等の番号が同じになることなんてまずないんですね。
もちろん、絶対にないとは言い切れないのですが、それこそジャンボ宝くじの1等が当たる確率くらいに低いので、ないと言ってもいいと思います。

スポンサーリンク

そのため、実質的に連番は1等とその前後賞か、複数ある2等のどれかしか狙えない買い方なんです。
バラは組、番号がバラバラなので、1等と2等が同時に当たるなんて可能性や、1等は当たらなかったけど2等が2つ当たるなんて可能性があるんです。

もちろん、確率が限りなく低いのは間違いありませんが、一定金額以上の当選という条件に限れば、わずかにバラの方が期待できるわけですね。
その代償として、バラは1等と前後賞をまとめて当てるのがほぼ不可能なので、これをどう考えるかがポイントですよ。

上の1000万以上の条件だとバラは当選確率はほんのほんの少しだけ高いですが、1000万が当選しても「何で億が当たらなかったんだ」みたいに満足できないなんてこともあるかもしれません(私は過去にナンバーズ4で5万円くらいを当てたのが最高なので、この辺りの気持ちは何とも言えませんが)
ドリームジャンボ宝くじの場合、当選金額が1億円以上なのは1等と前後賞だけですから、1億円以上が当たる確率なら連番の方が上ですね(バラだと実質的に5億円、もしくは1億円2本のどれかしか狙えないので)

いずれにしても確率はどれも天文学的な数字なので、1000万以上ならOKと考えるか、1億円以上を狙いたいと考えるかで買い方を選ぶのがいいと思いますよ。



ドリームジャンボミニはバラと連番のどっちが?

もはや恒例と化しているのが、ジャンボ宝くじと一緒に発売されるミニで、ドリームジャンボ宝くじと同時にドリームジャンボミニも発売されます。
ドリームジャンボ宝くじとドリームジャンボミニの違いについては、こちらの記事で詳しく書いたのでぜひチェックしてくださいね。

そんなわけで次に見ていくのはドリームジャンボミニの確率ですが、以下のような感じです。

  • 1等 1億円 0.00003%(3/1000万)
  • 2等 100万円 0.003%(300/1000万)
  • 3等 10万円 0.01%(1000/1000万)
  • 4等 1万円 0.1%(1万/1000万)
  • 5等 3,000円 1%(10万/1000万)
  • 6等 300円 10%(100万/1000万)

前後賞がないのがドリームジャンボミニのポイントで、連番を購入するメリットが特に感じられません。
1等と前後賞を合わせて大金をゲットってのができず、連番はむしろ確率の低下を招く恐れの方が強いですね。

個人的な意見ではありますが、ドリームジャンボミニを購入するならバラの方がいいかなと思います。
ただ、上の段落でも書いたようにこの確率的な違いはあまりにも小さいので、その辺りを気にしないのも手ですよ。


おすすめ記事

まとめ

一応、ドリームジャンボ宝くじを購入する上で確率的な差はあるので、その辺りを意識するのもいいですね。
確率的な差は相当に小さいですが、もしかしたらその差がいい感じに働いてくれることがあるかもしれませんし。

この記事のポイント
  • ドリームジャンボ宝くじの1等と前後賞をまとめて狙えるのは連番。
  • バラは、1000万円以上が当たる確率ならわずかに連番より上。
  • ドリームジャンボミニの場合、前後賞がないので連番のメリットがあまりない。

注釈   [ + ]

1. 1セット3,000円。
2. 2017年のドリームジャンボ宝くじの1等当選番号です。
3. バラは手違いでもない限り1桁目から5桁目がバラバラですから、手違いが起きてさらにそれが1等前後賞と一致するというミラクルが必要です。
4. 機械がやる、大がかりなダーツみたいなもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする