あせもによる夏の大人のつらさ対策法と、病院で処方される薬

この記事は約 7 分で読めますよ。

夏場は暑いので、どうしても汗を多くかきます。
汗で塩分を失うことによる熱中症も注意が必要なのですが、汗をかくとあせもに悩まされることがあるのですよね。



あせもで夏に苦しむ大人は多いが、その原因とは

私も子供の頃から汗をかきやすい体質だったので、昔から夏のあせもには悩まされてきました。
あせもの原因は汗が皮膚の中に溜まってしまうことで、この汗が周囲に漏れると水ぶくれや赤みといった症状が出てくるのです。

あせもは子供、特に乳幼児の時期に症状が出やすいのですが、夏場は大人でも多くの人が悩まされています。
ちなみに、あせもには厳密には3種類あり、皮膚の深いところで起こる深在性汗疹は亜熱帯で多く見られる症状なので、日本ではまず目にすることはないでしょう。

水晶様汗疹は日本でもよく見られ、こちらは皮膚の表面に近いところに白い水ぶくれができるのですが、かゆみや赤みがないので見過ごされることがほとんどです。
必然的に、残る1つの紅色汗疹が一般的に「あせも」として知られているもので、以降にあせもと出てきたらそれは紅色汗疹のことです。

あせもの直接的な原因は汗が皮膚に溜まることですが、この状態を起こしやすい体質や習慣があります。
まず、単純に汗の量が多いのが理由ですが、汗が多いこと自体は新陳代謝が活発な証なので一概に悪いこととは言えないのです。

あせもが起こるところがいつも同じだと感じている人も多いと思いますが、蒸れやすいところは汗の行き場がなく皮膚に溜まりやすいわけですね。
膝の裏側、胸、足の付け根は汗が乾きにくく、シャツが密着する首、ベルトで締めつけられるお腹などは通気性の問題であせもができやすい箇所です。

夏のあせもの対策法を探る

大人のあせもをどう対策するかですが、汗の量に関しては基本的にどうしようもありません。
暑いから外に出たくないなんてことはなかなかできないので、他のところで対策を考える必要があります。

ただ、汗をかいているのに放置しておくのは問題なので、こまめに汗ふきシートを使うのが基本です。
制汗剤で汗を抑えればよいと思う人もいるかもしれませんが、汗をかくのは新陳代謝の一環なので、制汗剤で無理に抑えると老廃物が溜まるなどの悪影響が出る場合があります。

制汗剤を使うなら、仕事でどうしても汗をかきたくない場面など限定的にするのがよいでしょう。
先に書いたように蒸れるのはあせものリスクが増すので、通気性のよい服を着るのがよいですね。

スポンサーリンク

一般的に肌に優しい服と言われるようなものは綿や麻を多く使っており、通気性がよいのが特徴です。
ナイロン、ポリエステルといった合成繊維は多くの服で使われていて、価格の割に丈夫なのでコストパフォーマンスは抜群です。

一方で、通気性の面ではあまり期待はできないので、綿や麻を使った服やインナーを探すのは有効ですよ。
ただ、綿や麻を使った製品はしわができやすい、濡れると縮みやすいなど扱いが難しい一面もあるので、そこは気をつけたいポイントです。

あせもができてしまった場合の対処は、アトピーと同じく掻いて症状を悪化させないことです。
かゆいからといって掻いていると皮膚が傷つき、汗によるかぶれの症状が見られる場合もあります。

汗のかぶれとあせもは別物で、汗のかぶれはバリア機能が低下した肌に汗が侵入しようとする際の防衛反応です。
症状が似ているので紛らわしいですが、このようなかぶれを引き起こすリスクがあるので、かゆくてもなるべく触れないのが基本ですね。

私が子供の頃はあせもができると水風呂に入っていましたが、これがかなり効果的でした。
水風呂は夏休みで家にいたからできた対策ですが、大人になってからはぬるめのシャワーを浴びるようにしています。

私も昔はクリームなど持っていませんでしたが、あせもの時にはシャワーとクリームでの保湿が有効です。

夏のあせもがつらいなら病院で薬を処方してもらうのもよい

しかし、かゆくてもとにかく我慢、だけではどうしようもないのもまた事実だと思います。
私の場合はあせもではなく原因不明の湿疹でしたが、あまりのかゆみで掻いてしまい皮膚がグジュグジュになって皮膚科に駆け込んだことがありますね。

こんな感じで症状が酷くなったらどうしようもないので、我慢できないかゆみなら素直に病院に行くのも手です。
皮膚の薬といえばステロイド系のものが思い浮かぶかもしれませんが、効果がある代わりに副作用もやや強いのが難点です。

使い方を間違えれば皮膚が薄くなって血管が浮かび上がってしまうなど、見た目に大きく作用する場合があります。
一時期、ステロイド系の薬によるトラブルが増えましたが、適切な使用法を守れば怖い薬ではありませんので、処方された場合は医師の説明をよく聞いて指示通りに使ってください。

非ステロイド系の薬もあるので、症状が軽かったり、ステロイド系の薬が怖い場合はそちらを希望するのもよいですね。
市販されている薬だと、私が使ったことがあるのはステロイドが配合されているベトネベートN軟膏ですが、こちらはかなり効きました。

ステロイドのせいか、指定第二類医薬品という注意して使わないといけない薬に指定されているのですが、かゆみに悩まされている人にとっては頼りになる薬ですよ。

まとめ

汗をこまめにふき取り、通気性のよい服を選んであせもができにくい環境を作るのが重要です。
それでもあさえもができたら、掻かずに様子を見つつ市販の薬を使うか、病院に行くかの選択ですね。


汗かぶれのようにあせも以外の可能性もあるので、早めに病院で診察してもらうと安心できるでしょう。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする