新幹線にicカードで乗車するには、料金などを切符と比較すると

この記事は約 8 分で読めますよ。

もはや切符よりもICカードで改札を通るのが当たり前みたいな感じですが、そうもいかないのが新幹線です。
手持ちのICカードだけで新幹線に乗車できるのか、その辺りについて解説したいと思います。

新幹線にicカードで乗車できるものなの?

こちらの記事で書いたように、改札でタッチするところが右側なのはちょっと不便ですが、ダメなところってそこくらいですよね(左利き特有の悩み)

チャージしておけば切符を購入することなく改札を通過できるわけですが、結論から書くと原則としてICカードだけでは新幹線は利用できません。
例外はあるのですけど、それにしたって事前準備が必要なので、何の準備もなしに新幹線改札口まで行ってもどうしようもないんですよね。

こちらの記事では新幹線の予約方法について解説しましたが、JR各社が運営しているインターネットサービスも紹介しました。

このサービスの中には、ICカードを使って新幹線が乗れるようになるものもあるので、ICカードで新幹線に乗るならまずはサービスの選択が必要です。
JR各社のインターネットサービスの中で、ICカードでの新幹線の乗車に対応しているのは以下の2つですね。

  • エクスプレス予約
  • スマートEX

エクスプレス予約に対応しているのは東海道新幹線、山陽新幹線ですが、特定のクレジットカードが必要です。
さらに、ICカードも手持ちのものではなく、専用のICカードを利用する形なので気軽に使えるわけではありません。

スマートEXも東海道新幹線、山陽新幹線に対応しているのですが、こちらは手持ちのICカード番号を登録すればそれを使える形ですね。
ただ、スマートEXも利用のためにはクレジットカードが必須なので、やっぱりちょっとハードルは高い感じですね。

あと、ICカード以外だとモバイルSuicaでも新幹線に乗れるサービスがありますが、こちらはクレジットカードとモバイルSuica対応の携帯端末が必要です。

新幹線にicカードで乗るなら料金はどうなる?

このように、ICカードを使って新幹線に乗車するのはなかなか面倒なのですが、何かメリットがあるのか気になるところだと思います。

たとえ手続きが面倒であっても、それを上回るメリットがあれば利用する価値がありますが、新幹線をICカードで利用するメリットは料金ですね。
しかし、これをICカードのメリットと言うのはちょっと語弊があって、正確にはインターネットから予約すればちょっと割安になるサービスがあるという意味です。

エクスプレス予約のEX予約サービスは通常よりだいぶ割安ですし、モバイルSuicaも普通の切符より安く購入できます。
ただ、この割安というのも新幹線の区間に限った話なので、乗り換えも含めると割高なケースもあるんですよね。

スポンサーリンク

この辺りの乗り換えの話はこちらの記事で詳しく説明しましたが、エクスプレス予約のEX予約サービスの場合、東京都区内や大阪市内みたいな一定のエリアで乗り降りできる乗車券は購入できません。

東京駅から新大阪駅までの新幹線に乗る場合、本当に東京駅から新大阪駅までのピンポイントの乗車券を利用する形なので、乗り換え料金を含めるとそこまでお得でないどころか、損する場合があるんですね。
行き帰りで乗り換えがないならEX予約サービスは有効な選択肢ではありますが、乗り換えがないなんてケースは相当に少ないと思います。

そういう意味では、普通の切符と比べて割安になるというメリットも、かなり限定的な状況に限られるわけですね。
さらに言うなら、エクスプレス予約は年会費が必要なので、年に何回も新幹線に乗らない場合は利用する意味がほぼありません。

新幹線を利用するならicカードと切符のどちらがいい?

これらの情報を踏まえた上でICカードと普通の切符を比較すると、やっぱり切符の方がいいと思います。
切符のデメリットとしては割高な場合がある点ですが、これもそこまで大きな負担ではありませんしね。

さらに言うなら、こちらの記事で書いたように株主優待券を利用して割安で購入する選択肢もあります。

あとは、実際に発券する手続きが面倒なところはデメリットですが、ICカードの方も手続きが必要なのでどっこいどっこいなんですね。
みどりの券売機であったり、みどりの窓口に行ってお金を出すだけでいいと考えるなら、むしろ切符の方がシンプルかもしれません。

初めてみどりの券売機触れる場合、新幹線の切符購入でちょっと戸惑うところはあるかもしれませんが、それでもものすごく難しいってわけではないですしね。
私も初めて新幹線に1人で乗った時は、みどりの券売機で切符を購入しましたけど、タッチしていけば問題なく出てきましたから。

これだけICカードが普及している以上、将来的には新幹線も気軽にICカードで乗れる時代が来るとは思いますが、しばらくは切符が使われると思いますよ。
事前準備が必要なのではICカード特有のお手軽さが発揮できませんし、現在のところはICカードを使うメリットもそんなにありませんからね(この記事を書いている2018年2月現在の話です)

気軽にICカードで新幹線に乗れる時代が来たら来たで、チャージ金額が多いICカードを落として青ざめるみたいな問題が出てくるかもしれませんが、とりあえずは今後に期待しましょう。

おすすめ記事

まとめ

JRの特急は特急券と乗車券が必要でやや面倒なところがあるので、個人的にはICカードで気軽に乗れるようになって欲しいと思います。
ただ、現時点ではあまり使いやすくないので、しばらくは切符が主流であり続ける気がしますね。

この記事のポイント
  • ICカードで新幹線を利用するためには、エクスプレス予約などのサービスの利用が必須。
  • 利用するサービスによっては割安に利用できるが、逆に切符より高くなる場合も。
  • 現時点では、ICカードより切符の方が使いやすい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする