日焼け止めは必要か不要なのか、悪い影響を与えるのはどちら

この記事は約 10 分で読めますよ。

日焼け止めが必要か不要か、これは気になるところですよね。
必要派と不要派のどちらの意見も一理ある厄介な問題ですが、日焼け止めが必要か不要かを詳しく解説していきます。



日焼け止めは必要なのか不要なのか知りたいんだけど?

どうして日焼け止めを使うかと問いかけた場合、返ってくる回答は「日焼けを避けるため」だと思います。
特に女の子は見た目を気にするものですから、日焼けが自分のスタイルと合っていなければ日焼け止めを使うのは当然ですよね。

日焼けをもたらす紫外線の悪影響はこちらの記事でも詳しく書きましたが、紫外線を避ける上で日焼け止めは有効なアイテムです。

こう書くと、紫外線は悪者なのでそれを防いでくれる日焼け止めはいいもの、みたいに感じられるかもしれませんが、話はそう簡単ではありません。
以前にこちらの記事などでも書いたように、日焼け止めを使うことによって肌トラブルが起こる場合もあるんですよね。

オーガニックで肌に優しい日焼け止めも売られていますけど、そうでないものも多いので、考えなしで日焼け止めを使うと肌が傷つく結果になりかねません。
特に、こちらの記事で紹介したようなウォータープルーフの日焼け止めは、シリコンを配合しているものが多いので肌トラブルに直結しやすいんですよね。

さらに言うなら、問題を引き起こす紫外線も悪さばかりするわけではなく、いい面もあります。
上でリンクを貼った紫外線の記事でも取り上げましたが、紫外線は体内のビタミンDの合成に関わっているので、ガッチガチに紫外線対策をするとビタミンDが減って栄養素のバランスが崩れる恐れもあるんですね。

ビタミンDは骨に大きく関わっている栄養素なので、ビタミンD不足は骨粗しょう症のリスクが高まります。
さらに、ビタミンDは食事で摂取するのが難しい栄養素なので、過剰な紫外線カットはそれはそれで問題なんです。

そのため、日焼け止めが不要なのか、必要なのかに対する答えは状況によって変わってきます。

顔などにはやっぱり日焼け止めが必要なんじゃないの?

紫外線にはいい面も悪い面もあり、同様に日焼け止めにもいい面と悪い面がある、じゃあ具体的にどう付き合っていけばいいのかって話ですよね。
これは個人的な考えではありますが、まずはデメリット、それも大きなデメリットから見ていくようにしています。

紫外線のデメリットは日焼けですが、その本質は皮膚に対する悪影響で、最悪は皮膚がんに繋がるんですね。
そういう意味では紫外線のデメリットは計り知れないくらいにあるのですが、幸いにも日本人は体質的に皮膚がんにはなりにくいんですよ。

皮膚がんにかかりやすいのは肌が白い白人なので、日本人はそこまで皮膚がんの心配をする必要1)黄色人種の日本人よりも黒人の方がさらに発症の可能性は低い。はありません。
もちろん、日本人だから紫外線を浴びまくっても皮膚がんを発症しないってわけではなく、少ないながらも可能性はあります。

ただ、可能性が低い以上はそこまで気にする必要はなく、次に注目したいデメリットは老化ですね。
女性にとっては「老化」なんて聞きたくない言葉の代表格かもしれませんが、紫外線は肌の老化をうながします。

しかし、これも今ひとつはっきりしたところは分かっていなくて、その理由は肌は勝手に老化するからですね。

別に紫外線を浴びなくても段々と肌は老化していくので、老化の割合のうちどれくらいが紫外線にあるかは分からないわけですよ(個人差もありますし)
全く紫外線による悪影響がないなどとはとても言えませんが、これも個人的にはそこまで気にしなくていいんじゃないかなと思います。

顔などが日焼けしたら困るか、困らないかというシンプルな基準で日焼け止めを使ってみてはどうでしょうか。

顔などに日焼け止めを使うのが悪い場合もあるってこと?

夏場の就職活動で顔の日焼けを避けたいとか、デート前なので日焼けは困るとかそんな場合には日焼け止めの力を借りたいところですね。
最初の段落で書いたように、日焼け止めには肌トラブルを引き起こしかねない成分が入っているので、日焼けを避ける場合も「本当に日焼け止めでいいか」を常に考えるのがベストですよ。

スポンサーリンク

もしかしたら少し日焼けするかもしれないけど、日傘や帽子、それにサングラス辺りで代用できないか、みたいな感じですね。
日傘については、選び方をこちらの記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にして欲しいと思います。

これは男性の意見なのであんまり当てにならないかもしれませんが、私は本当に近所のコンビニとか郵便局に行く時には何の対策もしません。
最初の段落で書いたように、ある程度は紫外線に当たってビタミンDを作った方がいいですし、近所に出かける場合は日光浴を兼ねて何もせずに出歩きます。

私の場合は、会社勤めもやめて自宅で仕事をしていますし、日焼けを気にする必要がないって面もあるのですが。
30分から1時間程度の外出の場合も、日焼け止めではなくて帽子で何とか頑張る感じですね。

ただ、屋外で1時間以上とかなり歩く必要があったり、プールや海に行く時は日焼け止めも使います。
やっぱり、紫外線を浴びる時間が長引くと悪影響が強く出る恐れがあるから、日焼け止めで対策した方がいいかなと思いますね(なるべく肌に優しいものがベストです)

そんなに肌が焼けやすい方ではないのですが、こちらの記事で昔のつらい体験談を書いたように日焼けでとんでもな目にあったことがあるので、重い日焼けは避けたいのです。

これはあくまで私がやっている対策なので必ずしも正解ではありませんが、日焼け止めと紫外線のメリットとデメリット、それに他の選択肢を比べた上で日焼け止めを使用したいですね。
最後に、日焼け止めについての役立つ情報を記事にしているので、使う前にぜひチェックして欲しいと思います。

日焼け止めをうまく使いたいんだけど?

まとめ

紫外線は悪で日焼け止めは正義、みたいに思っていると意外と落とし穴に落ちてしまうんですよね。
日焼け止めはあくまで紫外線を防ぐ選択肢の1つなので、その辺りを意識して紫外線対策をしてください。

この記事のポイント
  • 日焼け止めには悪い面が、紫外線にはいい面がある。
  • シンプルに、日焼けをしたくない場面で日焼け止めを使うのがいい。
  • 全く対処しない、他のアイテムで対処する、日焼け止めを使うなど場面で使い分けたい。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 黄色人種の日本人よりも黒人の方がさらに発症の可能性は低い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする