喪中の期間の暑中見舞いと、会社関係の相手に使うはがきについて

この記事は約 6 分で読めますよ。

夏に暑中見舞いを出す、これは日本で長く続いている習慣ですよね。
ただ、最近はメールやLINEなどがあるので、手紙自体を出さなくなり何をどう書いてよいか分からないと悩む人も多いのではないでしょうか。



喪中の期間に暑中見舞いを出しても大丈夫か

普段の手紙は出さなくても年賀状は出す人が多く、喪中の際に年賀状を出さないのは今でもよく知られていますよね。
では、自分が喪中だったり、相手が喪中の場合に暑中見舞いを出してもよいのか、これは迷うポイントです。

喪中の人から寒中見舞いが届いたという経験を持っている人は多いと思いますが、年賀状は祝いの挨拶、寒中見舞いは季節の挨拶という違いがあります。
喪中は喪に服す期間であり、してはいけないとされているのは祝い事なので、挨拶である寒中見舞いには問題がないのです。

これは自分が喪中である場合も、相手が喪中である場合も変わらないので、喪中の人から寒中見舞いが届くこともあるわけです。
暑中見舞いは寒中見舞いと同じく季節の挨拶なので、自分が喪中でも相手が喪中でも出せます。

ただ、マナー的には問題がなくても、実際に暑中見舞いを出してよいとは限らず、状況に合わせて判断する必要があるわけですね。
自分自身が喪中の時はそれこそ自分の気持ち次第なので、少し落ち着いて暑中見舞いを書ける状態なら出しても問題ありません。

相手が喪中の時には注意する必要があり、身近な人を亡くしてすぐの時点で暑中見舞いが届いたらどう思うかを考えないといけません。
相手は悲しい気持ちを抱えているでしょうし、これからの四十九日法要に向けて考えることが色々とあるかもしれませんよね。

そのような場合に暑中見舞いをもらっても困るだけでしょうから、出さない方がよい場合もあります。
この辺りは相手との関係、仲の良さなどによっても変わってくるので一概には言えませんが、四十九日が終わっているかどうかは1つの基準です。

亡くなったことは知っていても時期がよく分からない、そのような場合は暑中見舞いを出さないのも手ですね。
暑中見舞いの時期と四十九日がかぶっているなら残暑見舞いの時期まで待つのもよいと思います。

暑中見舞いは梅雨明けから8月7日前後の立秋まで、残暑見舞いは立秋から8月末までに届くものです。

スポンサーリンク

会社関係の相手への暑中見舞いと、喪中への対処

個人的な知り合いの場合はまだハードルがそれほど高くないものの、上司など会社関係に暑中見舞いを出す時にはかなり気を使います。
上司の身近な人が亡くなって喪中である場合に暑中見舞いをどうするかは難しい問題ですが、会社で会う機会が多いならわざわざ暑中見舞いを出す必要があるかは疑問が残りますね。

そもそも、暑中見舞いは「暑い時期になりましたがお体の方は大丈夫でしょうか?」といったことを尋ねるものです。
現代ではそこまでかしこまって書く必要はありませんが、それでも会社で会う機会が多いなら上司の動向は分かりますよね。

それなら、相手がつらい時期ということも考えて、暑中見舞いを出さない方が無難ではあります。
上司であっても非常に仲がよく、毎年のように暑中見舞いのやり取りがあるようならまた話は違いますが、そうでないなら無理に出す必要はありません。

会社関係であってもさほど顔を合わせる機会がないなら暑中見舞いを出すのもありですが、先に書いたように四十九日までは出さない方が無難であり、暑中見舞いの時期まで遅らせる方がよいでしょう。
プライベートな知り合いに出すものよりも文面やデザインに気を使った方がよく、デザインは無地かシンプルなものが基本ですね。

喪中の暑中見舞いに使うはがき

文面で注意したいのは重ね言葉で、繰り返しの言葉は死の重なりが思い浮かべられるので、避けなければいけません。
重ね言葉は「またまた」「しばしば」「いよいよ」「くれぐれ」「次々」など同じ文字を繰り返すものが多いですが、繰り返しの意味を持つ「再び」や「再三」や「相次いで」など、そして「繰り返し」も重ね言葉です。

現代では重ね言葉の使用の有無をそこまで厳密に問われることは少ないものの、注意して損はありませんよ。
具体的にどのようなはがきを使うかですが、一般的な暑中見舞いでよく使われているのは普通の官製はがき、そして「かもめ~る」ですね。

日本郵便が発売している「かもめ~る」は暑中見舞い、残暑見舞い用のはがきで、年賀はがきのようにくじがついているのが特徴です。
普通なら「かもめ~る」で問題ありませんが、これを暑中見舞いの時に使ってよいかは悩ましいところですね。

用途は問わないので「かもめ~る」でも駄目なわけではありませんが、くじつきという点から年賀はがきをイメージさせるかもしれませんので、私なら官製はがきを選びます。
あと、暑中見舞いで自身の結婚など喜ばしいことを報告する場合がありますが、喪中の相手の場合はそのような報告は避けて実際に顔を合わせた時に報告するか、暑中見舞いとは別に手紙を書く方が無難ですね。

まとめ

昔、初めて私が挨拶の手紙を書いた時にはすごく緊張したのを覚えており、どうしてこんなことをするんだと思った記憶があります。
それでも、今の時代だからこそ手間ひまをかける手紙の意義があるのではないかなとも思うわけです。


喪中の人に暑中見舞いを送るのはかなり気を使いますが、失礼のないようにじっくり文章を練ってくださいね。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする