浴衣の靴で下駄以外に使える種類は、似合う歩きやすいものは

この記事は約 8 分で読めますよ。

浴衣と言えば、足元は下駄ですよね。
下駄を履けるならそれでいいのですが、用意できなかった場合や苦手な場合、下駄の代わりとして使えるのはどんなアイテムなのでしょうか。



浴衣に履いていい靴って下駄以外だと何が?

夏場を中心に花火大会などで見かけることの多い浴衣ですが、まず何を履いたらダメとかそういうのは特に決まっていないんですよね。
だから、周囲の視線を気にしないのであればスニーカーでも革靴でもいいのですが、やっぱり圧倒的に目立つと思います。

こちらのABCマートのサイトでは浴衣にスニーカーのコーディネートも紹介されていますが、個人的には合っているとは言いづらいんじゃないかなと感じるわけですね。

それはともかくとして、下駄ってそんなに日常的に使うものじゃないだけに、鼻緒に当たって痛いとか割と色々なトラブルが起こります。
こちらの花火大会の記事でも少し触れましたが、下駄の鼻緒で靴ずれを起こすってのは定番のトラブルなんですよね。

厳密には下駄と草履、雪駄は少し違いがあるのですが、とりあえずは同じタイプのものと扱ってこれら以外で使えるものを見ていきます。
下駄以外だとまずサンダルが思い浮かぶものですが、サンダルと浴衣の組み合わせはいいですね。

本来、サンダルは鼻緒がついていない履き物のことなのですが、今やそんな定義がどうでもよくなるぐらい進化して種類も色々とありますから、とりあえずサンダルは浴衣と組み合わせてOKと覚えておけば大丈夫です。
ただ、普通の靴に近いタイプのサンダルで出かける場合、少しコーディネートが難しい気はしますね。

例えば、厚底なサボサンダルの場合、近くで見ると「あ、サンダルだ」って分かるものですけど、遠目からだと「ブーツ?」って思っちゃうこともあるでしょうから。
個人的には、足先から足首にかけてがしっかりと覆われているものほど、違和感を消すために工夫が必要な気がしますね。

浴衣に似合う靴ってどんなの?

もっとも、周囲の視線を気にしないならスニーカーでも革靴でもヒールでも大丈夫なので、浴衣を着てどこに出かけるかにもよります。
しかし、浴衣に似合った靴を選ぶならやっぱり各種サンダルが最も適していて、特に花火大会では必須アイテムと言っても過言ではありませんね。

下駄で下手に歩きづらくなるくらいなら、サンダルで歩きやすくした方が遥かに楽しめますよ(もちろん、下駄で違和感がないならそれで大丈夫です)
コーディネート的には和柄のサンダルがいいんじゃないのって思うかもしれませんが、割と難しい部類かなとは思います。

スポンサーリンク

和柄って割と癖が強いと言いますか、自己主張が強いところがあるので、同じく主張が強めな浴衣と合わせると意外とバランスが悪くなりがちなんですよね。
鼻緒の部分が明るい感じの和柄なら浴衣を少しシックな感じにするとか、黒をベースにしたサンダルを選ぶとか、この辺りは腕の見せどころではないでしょうか。

無難なのは実はシンプルなビーチサンダルで、単色なら特に何も考えなくても大外しすることはないですしね。
シンプルなものはインパクトの面では欠けているかもしれませんが、多くのアイテムと合わせられるって意味ではオススメですよ。

ビーチサンダルなら海やプールに行く時にも普通に使えますし、色々な場面で役立ってくれるのもいいところです(安定している分、大きく注目を集めるのは難しいですが)

浴衣に合わせる靴は歩きやすいものがいい?

サンダルは全体的には歩きやすいですが、商品によってだいぶ差があるので、できれば歩きやすさも考えたいですね。
最初の段落で少し出てきたサボサンダルは厚底ブーツみたいな感じなので、身長を高く見せられるのがいいところです。

このサボサンダルは厚底の割には高低差がないので歩きやすいのですけど、中には歩きにくいものもあります。
歩きにくいサンダルの代表格がミュールサンダルで、こればっかりはどうしようもありません。

ミュールサンダルは短時間の移動向けなので、ミュールサンダルで長く歩くのがそもそもダメなんですよね。
あと、ミュールサンダルと同じく歩きにくいのがトングサンダルで、これは下駄と同じく鼻緒が問題です。

鼻緒で足指が痛むのが嫌で下駄を避ける場合、トングサンダルに変えてもあまり意味はありません。
あとは、ハイヒールのようにヒール部分が高くなっているいウェッジサンダルも、割と歩くと疲れやすい部類ですね。

ミュールサンダル、トングサンダル、ウェッジサンダルは個人差があるものの歩きにくい傾向があるので、花火大会で使うにはかなり危険だと思います。
長時間の移動で使うなら、事前に普通にサンダルで歩いてどんな感じかを確かめてから最終的に選びたいところですね。

デザインと歩きやすさの両立はなかなか難しいですが、まずはビーチサンダルのように歩きやすいものを優先したいところです。
さらに、見た目を重視するならおすすめなのがドイツのブランド、ビルケンシュトックのサンダルですね(そのまま、ビルケンシュトックサンダルと呼ばれることもありますが)

ベルトみたいなデザインはオシャレかつシンプルなので浴衣とも合わせやすいですし、安定性の面でも優れているので長く歩くケースにも向いていますよ。
ちょっと価格は高めではありますが、普段遣いにも向いているので持っておいて損はありません。



まとめ

浴衣に下駄以外で何を履くか悩んでいるなら、基本は歩きやすいサンダルにするのがいいですよ。
デートなんかでいい感じに自分を見せたいなら、浴衣とのコーディネートも考えてくださいね。

この記事のポイント
  • マナー的には浴衣にどんな靴でもいいが、相性がいいのはサンダル。
  • 和柄のサンダルはコーディネートで注意が必要で、定番のビーチサンダルは扱いやすい。
  • ミュールサンダルなど歩きにくい、疲れやすいサンダルもあり、できれば避けたい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする