グリーン車と指定席の違いは、新幹線料金の差やどちらを選ぶか

この記事は約 8 分で読めますよ。

新幹線で快適に過ごすなら、グリーン車の利用も選択肢に入ってきます。
グリーン車で移動するのがいいのか、指定席でも十分だと考えるか、これは難しい問題ですね。



グリーン車と指定席ってどんな違いが?

新幹線の自由席と指定席の違いについてはこちらの記事で書きましたが、グリーン車も指定席の一種です(新幹線以外ならグリーン車の自由席もあるのですが)

ただ、上の記事ではグリーン車を除いた指定席の話でしたし改めてグリーン車と指定席を比較しますが、グリーン車と指定席の違いは以下のような感じです。

  • 料金
  • 座席の快適さ
  • 各種サービス

「グリーン車って高い」みたいなイメージがあると思いますが、料金は指定席より高く設定されていますね(詳しくは下の段落で)
そして、ある意味でグリーン車と指定席の最大の違いは席で、普通車なら5列ある座席が4列しかありません。

よくある、窓側と通路側に挟まれて何となく落ち着かないといったことがなく、快適に過ごせるわけですね。
列が少ない分、横幅もゆったりとしていますが、前後の席との間隔も普通車と比べるとゆったりしているので、落ち着いて過ごせます。

あと、各種サービスは分かりづらいかもしれませんが、用意されているブランケットを自由に利用できるとか、コンセント付きとかそういうことですね。
ただ、グリーン車以外でもコンセント付きの車両はありますし、逆に作られた時代によってはコンセントがないグリーン車もあるので、確実ではありません。

新幹線によってはパーサーさんがおしぼりの手渡しであったりお見送りであったりと、飛行機のキャビンアテンダントさんみたいに接客してくれます。
このパーサーさんのサービスはグリーン車であってもある新幹線、ない新幹線に分かれているので、そこまで期待はしない方がいいですね。

パーサーさんがいない場合でも、車内販売はグリーン車の方がよく回ってくれるようですよ。
細かい違いとしては雑誌の有無なんかもありますが、スマホなりノートパソコンなりを持って乗車することが多いでしょうから、そんなに大きなメリットではないかなとも感じますね。

新幹線のグリーン車の方が指定席より高いんだよね?

グリーン車と指定席の料金の差は気になるところだと思いますが、距離によってグリーン車の利用料金は違ってくるんです。
その辺りの、新幹線の移動距離とグリーン車の利用料金の関係をまとめたのが以下ですね。

  • ~100km 1,280円
  • ~200km 2,750円
  • ~400km 4,110円
  • ~600km 5,300円
  • ~800km 6,480円
  • 801km~ 7,650円

上の段落で紹介した記事で書いたように、新幹線の車両によって指定席の料金は変わりますが、グリーン車の利用料金はどの車両でも基本的に同じです(新幹線以外のグリーン車であっても)

ただ、北海道新幹線のグランクラスや北陸新幹線など独自の料金設定のところもありますね。
東京駅から新幹線に乗った場合、名古屋駅は400km以内なので4,110円で、新大阪駅は600km以内なので5,300円でグリーン車を利用できます。

こちらの記事でも書いたように、新幹線に乗るためには乗車券と特急券が必要で、自由席の場合は乗車券と自由席特急券って感じですね。

グリーン車の場合は乗車券と指定席特急券とグリーン料金が必要1)指定席特急券とグリーン料金はまとめて表示されるのが普通ですが。なので、自由席と比べると7~8,000円くらい差が出るのが普通です。

スポンサーリンク

新幹線のグリーン車と指定席の料金を踏まえて、どっちがいいの?

快適さっていうちょっと曖昧なものは評価しづらいので、それだけの価値があるかについては評価が分かれると思います。
私などはそんなにグリーン車に乗る機会はありませんが、それでも乗った時には快適に過ごせましたから、お金に余裕があるなら利用したいと感じましたね(逆に言うなら余裕がないのでなかなか利用できないわけですが)

ただ、ちょっとお金を出せばグリーン車に乗れるってことは、騒がしい利用客がいる可能性もゼロではなく、確実に快適とは言えません。
東京駅~新大阪駅なんかだとまず間違いなく利用客が多いのでグリーン車を確保するメリットもありますが、あまり混んでいない路線だったら普通の指定席の方が空いているなんてことも十分にあり得ます。

指定席の方がガラガラだったら「安いあっちの方がよかった……」ってなるのは当然なので、初見の路線だったら指定席の方がいいですかね。
その路線の客入りとかの様子を見つつ、指定席が埋まっているなら次はグリーン車、みたいな感じで判断するのが分かりやすいと思います。

今はSNSもあるので、新幹線の混み具合についてリサーチしてみるのもいいかもしれませんね(その情報が正しいという保証がないのが難点ですが)

上では確実に快適ではないと書きましたけど、そうそう迷惑な客に当たることはないと思いますから、快適さを重視するならグリーン車の方がおすすめですよ。
旅行なんかで移動で疲れてしまっては旅先で思う存分に楽しめませんから、そういう疲れによるリスクを避ける意味では5,000円くらい追加で出す価値はあるんじゃないかと思います。

旅行に限らず、後々に疲れを残したくない場面ではグリーン車を利用するのがいいでしょう。
あと、こちらの記事で書いた株主優待券を利用して安く切符を購入する方法は、グリーン車でも有効なのでぜひ試してみてくださいね。


まとめ

グリーン車と指定席のどちらを選ぶか、この選択で裏目に出ることもあるので意外と判断が難しいんですよね。
確実に快適に過ごせるとは限りませんが、新幹線を降りた後のことも考えて決めるのがいいと思いますよ。

この記事のポイント
  • 料金、座席の快適さ、パーサーさんのサービスなどがグリーン車と指定席の違い。
  • グリーン車は自由席と比べると7~8,000円くらいは料金に差がある。
  • 客層によっては必ず快適とは限らないが、疲れを残したくない場面でグリーン車は有効。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 指定席特急券とグリーン料金はまとめて表示されるのが普通ですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする