結婚式にお呼ばれした時のダイエット方法は、食事はどうするべきか

この記事は約 9 分で読めますよ。

6月のジューンブライド、それに秋辺りは結婚式が多いシーズンですね。
そのため、急に招待状を受け取って「こんなに太っていたら出られない」と焦る事態が起こりやすいわけです。



結婚式にお呼ばれしてもダイエットをすれば何とかなるよね?

結婚式は時期を問わずに多いので、6月や秋以外でも油断はできないのですが、太っているならなるべくダイエットをしたいところだと思います。
招待状をもらってから式の本番までどれだけの時間があるかにもよりますが、もし現時点で「どうしよう」と悩んでいるなら今すぐにでも行動して欲しいですね。

以前、こちらの記事などで(結婚式とは関係ないですが)ダイエットの経験を文章にしました。

1ヶ月ほど前に病院で体重を量った時には63kgでしたが、最も太っていた時期は80kgはありました。
割と早いペースでダイエットを成功させましたけど、それでも未だに顔とかお腹周りに肉は残っています(そう考えると、適正体重は58kgくらいだと思います)

ダイエットを成功させたとして、まず落ちていくのは内臓脂肪ですから、皮下脂肪は本当に落ちないんです。
さらに、皮下脂肪が落ちる順番もある程度は決まっていて、部分痩せとかまず無理ですから。

お腹周りの皮下脂肪が最も後回しにされる部位で、これは内臓を守るためとも言われていますね。
これは断食……というより絶食をしても基本的に変わらないので、正直に言わせてもらうなら顔とお腹周りの皮下脂肪については諦めた方がいいと思います。

それこそ、落ちにくい部位は年単位で時間をかけないと無理なので、無茶なダイエットをして体調を崩すくらいなら諦める方が何倍もましですよ。
それでも、ダイエットをすれば多少は全身の各部位が痩せていきますから、やるとやらないのでは大違いです(私の顔も肉が残っていますが、脂肪の全盛期と比べればだいぶましですから)

あと、お腹周りで落ちないのはあくまで皮下脂肪なので、内臓脂肪が溜まっているようなら割とサイズの引き締めは期待できますよ。

結婚式に向けたダイエットの方法って?

では具体的にどうするかですが、それこそ無数と言ってもいいほどダイエット方法は存在しますよね。
最近の有名どころは酵素ダイエット辺りかなとも思いますが、私がおすすめするのは以下の2つですね。

  • 運動
  • 食事制限

あまりのシンプルさに呆れられているかもしれませんが、ダイエットは運動と食事制限さえしておけば問題ありません。
むしろ、この2つのどちらかが欠けていると高確率で健康に悪影響が出たりリバウンドするので、基本の2つだけで十分ですよ。

まず運動ですが、これはそう難しいことをする必要はなくて、おすすめはウォーキングです。
私も基本的にはウォーキングしかしていないので、別に無理にジムに行く必要はありません。

これが、長期間をかけてのダイエットなら筋トレも勧めるのですが、その理由はこちらの正月太りの記事で軽く触れていますね。

痩せるためには基礎代謝1)何もしなくても勝手に消費される、体を維持するためのエネルギーのこと。を増やすのがポイントですけど、年齢を重ねると基礎代謝は徐々に減っていきますし、そう簡単には増やせません。
筋トレで基礎代謝は一気には増えず、短期的にはそんなに効果が期待できないので、あくまで好みでって感じですね(結婚式後もダイエットを続けるなら腕立て伏せやスクワットはしておいた方がいいです)

スポンサーリンク

ウォーキングも毎日できるならした方がいいですが、無理そうなら1日置きくらいでも大丈夫ですよ。
ただし、脂肪を燃焼させるためにウォーキングを始めるなら、30分くらいは歩いてくださいね(歩き方はとりあえず気にしなくてOKです)

ジムのランニングマシンやエアロバイク、水泳など有酸素運動ならどれでも大丈夫ですが、運動時間は長めに確保しましょう。
最初からきついトレーニングをしたら絶対に長続きしないので、最初はゆっくりマイペースでいけるものがおすすめです。

結婚式までのダイエットで食事の注意点は?

いくら運動をしても食事量が多ければ間違いなく痩せないので、食事制限は欠かせませんね。
むしろ、食べ過ぎが原因の場合は食べる量を減らすだけでも痩せていくものなので、減らしましょう。

ただ、食事制限とは書きましたけど、いわゆる食事制限ダイエットをするわけではありません。
3食のうちどれかを抜かすとか、特定のものだけしか食べないとかそういう偏ったダイエットはやらなくていいです。

そういうダイエットをやると上の段落で書いた基礎代謝が落ちるので、むしろ前より太りやすい体になります。
いくら結婚式への出席が控えていても、後々の健康に悪影響を与えることをやってはいけません。

具体的なやり方ですが、3食をキープして間食はできれば断ってしまうのがおすすめですね。
無理すると続かないかもしれませんので、週に1回くらいはおやつありでもいいですが、何かおやつを食べるなら必ず昼間にした方がいいですよ。

私が太った原因は寝る前によくお菓子類を食べていたことなので、夕食を食べ終わったら朝まで何も食べないくらいの気持ちでいきましょう(もちろん飲み物はOKですが、ジュースは避けた方が無難です)
以前にこちらの記事で白米のデメリットを書きましたけど、ダイエットのために白米を抜くのもおすすめですよ。

ガチな糖質制限では本当に糖質を完全に摂取しないなんてやり方もありますが、あれはダメです。
ただし、糖質が太る原因なのは確かなので、糖質の元でもあるお米はなるべく減らしてください。

特に、夕食で必ずお米を食べているようなら、そのお米をなくすだけでもだいぶ違いがあると思いますよ。
最近は健康食として麦だったり玄米も売られているので、そちらをメインにするのもいいですね。

私も完全に白米をやめているわけではないですけど、夕食では週に1回か2回程度しか食べていません。
私の場合、朝のパンや普通のジュースなどで糖質は摂取していますが、そう大きなリバウンドも起こしていないので、まず白米をカットするのはいいと思いますよ。

ずっと白米をカットするのは私たち日本人にとって厳しいかもしれませんが、短期間ならやってみる価値はあります。


まとめ

運動と食事を気にするだけでも、うまくいけば1ヶ月に3~4kgぐらいは平気で落ちるものですし、変なダイエットとかやる必要はありません。
顔に関しては残念ながら厳しいですが、結婚式までにある程度の体重を落とすのは十分に可能ですよ。

この記事のポイント
  • 顔、お腹周りの皮下脂肪は短期間で落とせないが、それでもダイエットは有効。
  • 基本は運動で、ウォーキングなど有酸素運動を隔日で1日30分くらいは続けたい。
  • 無理な食事制限は不要で、おやつや夕食の白米を抜くくらいでも十分に効果がある。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 何もしなくても勝手に消費される、体を維持するためのエネルギーのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする