スマホをロックしないのは問題か、最初の画面やアプリでの対処

この記事は約 9 分で読めますよ。

スマホは生活に欠かせませんが、使う上で重要なポイントの1つがロックです。
ロックをしていない場合、スマホを使う上でどのような不都合や危険性があるのでしょうか。



スマホをロックしない方が楽なんじゃないの?

今回の記事は私の実体験に基づいてはいますが、私が使っているのはAndroidなのでiPhoneについてはちょっとよく分かりません(今までiPhoneを持ったことがないので)
使っているのは2015年の5月頃とだいぶ前に購入した「Xperia Z1」なので、そろそろ機種変更の時期かなとも考えているところです(割とバッテリーの減りが深刻ですし)

さて、では本題に入りますが、私はスマホを利用するにあたって以下の3つにロックを設定しています。

  • スマホを再起動させた時のロック
  • 画面ロック(ホーム画面を出す時のロック)
  • 特定のアプリを立ち上げた時のロック

これでも万全ではない気はしているのですが、ロックなんか全く使っていないなんて知り合いもいるんですね。
ロックをしないと不都合があるかですが、当然ですけどセキュリティ面での不都合はありますよ。

スマホを落とす、あるいは盗まれるなんて事態は今のところは経験していませんが、いつ起こってもおかしくはないですよね。
そんな時にロックをしていなければ電話帳やLINEなどから個人情報がバレますし、スマホのおサイフケータイ機能で支払いをしているならその辺りを悪用される恐れもあります。

紛失した場合、各キャリアの方に電話やインターネットから手続きすればロックしてくれますが、ロックが間に合うとは限りませんから(落としたことや盗まれたことに気づくのが遅れればアウトです)
あと、恋人などにスマホを見られる恐れもあるので、浮気をしていてロックをかけないなんて不用心にもほどがありますよ。

そもそも浮気をするなとかそういう真っ当なツッコミがあることを期待しますが、真面目な話として誰かに見られるのってすごく嫌なんですよね。

「このスマホの中身を見れるのは私だけでいいのよ」みたいなヤンデレ的な要素は……ないですけど、愛着があるものって個人的にはあんまり触られたくないんです。
そもそも、勝手に中身を見ようとすること自体が問題ですが、仮にそんなことになってもすぐに諦めてもらえるようにロックは厳重にしているわけですね。

スマホの最初の画面ってどうロックするの?

具体的にどんなロックをかけているかですが、スマホを再起動させた時のロック、画面ロックは端末の設定からで、アプリのロックは専用のアプリを使っています。
キャッシュが溜まって動作が重たくなるから、スマホは定期的に電源を入れ直した方がいいと聞いたので、私は2日に1回は再起動させていますね。

この再起動の時のロックはPINコードによるもので、4桁の数字を入力してロックを解除する形です。
PINコードの話なんかしないので、私の周囲がどんな感じで扱っているのかは分かりませんが、私は推測されにくい4桁の数字を使っています。

キャッシュカードの暗証番号などとは別で、誕生日なんかの推測されやすい数字でもありません。
普段、最も頻繁に使っているロックが画面ロックで、こちらはパターンでロックしています。

他のAndroidスマホでも基本的には同じだと思いますが、まず「設定」の「ロック・セキュリティ」の項目に進み、その中の「セキュリティ解除方法」から設定できますよ。
最初は「タッチ・スワイプ」に設定されているのですが、本当にタッチするだけで解除できるのでセキュリティ的にはどうしようもないです(勝手に立ち上がるのを防げるくらいですね)

パターンロックは、9つの丸をどんな順番でなぞるかでロックをかけられるので、私の場合は8つを通過する形にしています(全てをなぞる必要はありません)
最も定番の「Z」の形だと見破られる可能性もあるので、なるべく分かりにくい形にするのがポイントです。

スポンサーリンク

スマホをロックするアプリもあるらしいけど?

これだけでも十分ではあると思うのですけど、私はさらに高速アプリロックPROという有料のアプリを使っています。

ロックをかけるアプリはどれもそうだとは思うのですが、この高速アプリロックPROはロックをかけるアプリを選べるんですね。
ここまでする必要性があるのかは、正直に言ってよく分からないのですが、私は以下のアプリにはロックをかけています。

  • ドコモメール
  • Gmail
  • LINE
  • Dropbox
  • Twitter
  • 千年戦争アイギス
  • スクールガールストライカーズ

こちらの電子書籍のシリアルコードの記事でも触れましたが、下2つは個人的にやっているゲームアプリですね。

グラブルとか他のゲームアプリもあるのですが、この2つは下手に操作されたら困るなってことで一応ロックしています(勝手にガチャ回されたり、キャラとかメモカとか処分とかされたら泣きますよ)
それ以外は主に個人情報に関係しているアプリで、やっぱり念のためにロックをした方がいいと思いました。

高速アプリロックPROでは上の段落でも出てきたパターンロックが使えますが、画面ロックのパターンとはまた別のパターンを設定しました。
あと、これはやり過ぎかもしれませんが、1ヶ月に1回くらいはそれぞれパターンを変えるようにしています。

だから、月初めくらいはパターンを変えたのを忘れていて「え?」ってなることが多いんですね。
やり過ぎって思われるかもしれませんが、スマホってそれくらい個人情報の塊なのですから、用心にこしたことはないのではないでしょうか。

本当に用心するならパターンではなくて、16文字くらいのパスワードでロックをかけるのがいいのですが、さすがに16文字の入力はきついので私はパターンにしています(LINEやメールをチェックするだけで16文字入力とか面倒ですからね)
パターンは背後から覗かれると終わりなので、ゴルゴ13並に背後に気をつける必要があるのは難点ですが。

ロックするしないに関わらず、覗き見ができないようにする保護フィルムは使って損はありませんよ。

保護フィルムを使っても限界はありますが、それでも念には念を入れたいところだと個人的には思っています。



まとめ

用心し過ぎと言われれば、ちょっと気まずそうに「そうかもしれません」と答えるしかありません。
それでも個人的には、色々なことができるスマホだからこそちょっと過剰なくらいに注意した方がいいんじゃないかなと思っているのです。

この記事のポイント
  • 紛失や盗難でスマホの個人情報などを悪用されないために、ロックは設定したい。
  • Androidは「設定」の「ロック・セキュリティ」から各種ロックを設定可能。
  • スマホをロックするためのアプリを使うのもおすすめ。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする