傘を忘れるならどう対策すれば、盗難の多い日本で使えるやり方は

この記事は約 8 分で読めますよ。

雨の多い梅雨の時期は特にですが、傘を忘れてしまうことが増えると思います。
私も過去に、多くの傘を忘れてしまいましたが、どうすれば傘を忘れないようにできるのでしょうか。



傘を忘れることが多い場合ってどう対策すれば?

最近は忘れることはほぼなくなりましたが、一時期はすごい勢いで傘をなくしていたんですよね。
コンビニとかドラッグストアで売っているビニール傘の売上にかなり貢献していたわけですが、どうすれば忘れないか私なりの結論は出ました。

その結論とは、雨が降ると店頭に並べられる傘立てに傘を置いてはいけない、これですね。
傘を電車に忘れるというケースも多いらしいのですけど、私の場合は電車に忘れたことはありません。

電車に乗る場合には傘を手放して置いたりしないので、忘れようがないというわけですね。
それならどうして傘立てに置くと忘れてしまうのか、それは傘立てに目をやることを忘れてしまうからです。

私は割と不注意力に優れているというか、ちょっと考え事をしながら行動する悪癖があるんですよね。
お店に入る時には傘を閉じて傘立てに置くのですが、用事が終わって店を出た段階で雨がやんでいると、傘を使っていたという事実を忘れちゃうことが頻繁にありました。

さすがに、まだ雨が降っていて傘が必要な時には強制的に傘のことを思い出しますが、晴れていると傘立てを見ること自体を忘れちゃって、家に帰るまで思い出さないケースも何回かあった気がします。
傘の持つところ(柄の部分)を目立つようにして忘れないようにするやり方もありますが、私の場合は傘立て自体を見逃す恐れがあるので、これはあんまり効果がないんですよ。

だからこそ、お店なんかでは傘を手放さないように中に持って入るのが最も効果的だという結論に達しました。
傘を入れるビニールが店頭に用意されていない場合も、さっと開け閉めしたり揺らしたりすれば水の大半は落ちますが、気になるなら傘を入れる袋を自分で持っておくのがいいですね。

会社を訪問する場合なんかは傘を持って中に入るわけにはいかない場合もあるので、そういうケースは用意されている傘立てを使うしかありません。
ただ、こういう場面では仮に忘れても後で取りに行けるので、そう大きな問題にはならないはずです。

就職活動で会社を訪れる場合は盗まれる危険性もゼロではないので、会社訪問する場合はそもそも大きな傘を持っていくのではなく折りたたみ傘にしてしまっておくのが安全ですね。

傘の盗難対策も考えた方がいい?

基本は傘をどこかに置いたりせずに持っておくことで、これを勧めるのは盗難対策の意味合いもあるからです。
明らかに盗もうという意思があるなら大問題ですが、盗む気はないのに間違って持っていかれることもあるじゃないですか。

スポンサーリンク

私の場合、コンビニで2度ほどビニール傘を盗まれたことがあり、あとは小さな病院でも傘立てから間違って持っていかれたことがあります。
その病院は検査結果を聞きに行っただけで、もう行く予定もないところだったので病院が用意してくれた代わりの傘をもらってきました(行く予定があるなら返してもらうことも考えたと思いますが)

本当に間違えて持っていくのは仕方ない部分もありますが、お気に入りの傘だと仕方ないでは済みませんよね。
悪意があろうとなかろうと傘を持っていかれるのは非常に困るので、そういう盗難を防ぐ上でも傘立ては使わない方がいいと思っています。

傘って割とかさばる荷物なので、傘立てに置いた方が楽だなと感じる場面があるのは間違いありません。
それでも、傘立てに置いて忘れたり盗まれたりするくらいなら、自分で持っておく方が安全だと思いますよ。

日本って傘が盗難されることが多いよね?

傘を忘れるのは自分の責任なのですが、日本は傘が盗まれる確率が異様に高いのも問題だと思います。
こちらの記事によれば、傘が盗まれやすい点について心理学者の先生が見解を述べていますね。

「その証拠に、雨の日に、電車で傘の置忘れが多いでしょう? 思い入れのあるものなら、忘れませんよ。それに、もしうっかり忘れても、それが大切なものであれば、必ず駅に電話をし、返してもらいますよ。そうしないのは、『なくなっても、ま、いいか』という気持ちがあるからです。そういうものだとみんな分かっているから、盗むほうも気がとがめないのです」(内藤先生)

引用元:http://www.okwave.com/ja/culturezine/psychological_analyses/1184/1184/ja

この先生の言っていることが正しいかどうかは何とも言えませんが、傘はすごくありふれたもので、なくなってもそこまで大騒ぎするものじゃない、だからついつい手が伸びてしまう……ってことを言いたいんだと思います。
この説はそこまで間違っているとは思いませんが、個人的にはこちらの記事で紹介したような日本人のモラルの問題だと思うんですよね。

仮にありふれたもので、盗まれてもそんなに悪影響がなかったとしても、モラルがあるなら盗みませんよ。
こういう傘の盗難事件が平然と起こるってことは、やっぱりモラルなんて存在しないんじゃないでしょうか。

バレたら警察に捕まったり袋叩きにあうようなことはしないけど、簡単にバレなかったり迷惑度が低いことなら割と平気でやる、これが日本の現状だと思いますよ。

だからこそ、傘を手放して置いておいたら盗まれる可能性はかなり高いと考えて持ち歩くのがいいんですね。
確かに、ビニール傘ならそこまで困らないのも事実ですけど、無駄な支払いをする必要もありませんから。

特に、安いビニール傘ではなくお気に入りの傘があるなら、置き忘れたり盗まれたりしないようにしっかりと持っておくのがベストですよ。


まとめ

最後の方は書いていて自分でも憂鬱になってきましたが、ともかく置き忘れ対策としていいのは手放さないことですよ。
ずっと手元に置いておけば忘れることはまずないので、電車で傘を忘れる場合も参考にして欲しいと思います。

この記事のポイント
  • 傘立ては置き忘れる可能性が割と高いので、使わずに傘を持ち歩くのがいい。
  • 傘立てに置いておくと盗まれる可能性も割とあるので、盗難防止の意味合いもある。
  • 日本では傘は盗まれるものなので、自分で持っておくのが重要。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする